10
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

前田和亮さんワンマン @ 高松 RUFFHOUSE

本日のイベント

2016年10月1日(日)

前田和亮
「こたえあわせ」高松公演 @ 高松 RUFFHOUSE


前田さんのRUFFHOUSEでのワンマンライブー!!
行ってきましたよ。
休日出勤日だったので、仕事終わって会社の最寄り駅から高松直行しましたよ

ちなみに、乗換案内の最短ルートだと、RUFFHOUSEに着くのは20時を過ぎる予定だったんだけど、出発時間同じなのに最短ルートより早く着いた私。
(乗り換えの時間をダッシュor早歩きで縮めたらしい)

どうも、自らの足で最短時間を上回る女は、今日も健在です


会場に着いたら、ちょうどフロントアクトのAKANEさんのステージが終わって、前田さんが始めるまでの転換時間でした。
やっぱり、仕事だとどうしても20時着になってしまうなぁ。
本当はAKANEさんの演奏もちょっとでも聴きたかったんですが、残念

そして会場内を見渡せば、知ってる顔の方が多いという事実wwww
前に、同じくRUFFHOUSEの前田さんワンマンで初めましてした方たちや、岡山勢や。てか、岡山勢、多っ!!www
なんか、到着した瞬間に、ホッとしたわ~


というわけで、前田さんのステージ、スタート



本日のセットリスト

<本編>
1.心の雨に小さな傘を
2.PHOTOGRAPH
3.You
4.君が好きみたいだ
5.幸せのレシピ
6.Ginger Ginger
7.大嫌い、大好き
8.Baton
9.僕をここに残して
10.ココロヴェール
11.僕の夢見た僕へ
12.旅人になりたい

<アンコール>
13.前田和亮メドレー
   (Shall we dance?~キンモクセイ~Junction~Lady)
14.じゃあ、またね

<打ち上げ(アンプラグド)>
15.結婚の歌(仮)
16.Worry,Worry
17.コンパス
18.網代木の道
19.キンモクセイ
20.満員電車で


前は、RUFFHOUSEでのワンマンは二部制だったんだけど、今日は一部制(つまりぶっ通し)でした。
始まる前に前田さんが、

前「(ステージ向かって)右側の席の方は、ステージを通らないとお手洗いに行けないので、もし行きたくなったら挙手をしてください。…あるいは、私通れると思ったら、この前(ステージ前のカウンターテーブルの下らへんの隙間)を通ってくれてもいいです」

とか言ってて、その発想はなかったwwwって早速笑ったり

前「AKANEちゃんから、ウキウキするようなライブを、と指令がくだってますので、ウキウキする曲を多めにやりたいと思います」

みたいなことを言ってたり。フロントアクトのステージで、どんな話があったんだろうなぁ。笑


1曲目、『心の雨に小さな傘を』
前田さんが「やまなーーーぃ雨なんてなーい」って歌い出した瞬間、あー、前田さんの歌やーと思ってすでにウキウキしました。
あの歌い出し、すごく好き

でね、歌ってるときに、ちょっとした合間に前田さん、ふっ…と、楽しそうに笑うのよね。
その笑顔見つけると、こっちまでなんか笑顔が伝染してしまう。すごく嬉しくなる

そこから『PHOTOGRAPH』
「照れてないで見せて」の歌い方とか、ラスサビの「心の通りにシャッターを切れ」たのたたみかける感じとか、好きだなぁ。

2曲歌い終わってだったかな?前田さんが

前「いいですねー、ウキウキしますねぇ」

って
今日、何回か「ウキウキしますねぇ」ってたよね。今日のキーワードやったなぁ、これ。笑

続いてMCで、「AKANEちゃん平成生まれなんですよね」って話してて、「平成かぁー…」と、前田さん。
その沈黙の気持ちはなんとなくわかる。笑

その後、客席に向かって

前「今日はお客さんも皆さん平成生まれの方ですよね」

みたいなことを言い出して、わかってて言うかこのぉ、って思ったよね


3曲目は『You』
「今じゃ笑って話せるよ」の辺の歌い方とかとてもツボだったりします。←ピンポイント
あとねー、ギターも、ここ好きーってポイントがあったハズなんだけど、どこだったか思い出せないー←実は音記憶が苦手

それから、曲終わりにまた少しおしゃべり。
もうそろそろ秋がきますねー。っていうか、もう秋ですね。みたいな話してて。
衣装をそろそろ長袖に変えようかって話を前田さんがしてたんだけど、ふと客席みたら、半袖どころかノースリーブの子までいる始末。笑

うん、でも私も半袖だった。し、暑かった。笑

というわけで、秋を感じる曲を。
「好きだと言えないちょっと意気地なしの男の歌」みたいな言い方もしてたかな、4曲目は『君が好きみたいだ』でした。

今日の『君が好きみたいだ』、なんか、すごく、グッときた。
歌いだしからね、なんだか手紙を読んでるみたいだ、って思ったのよね。

それから、「僕が望む未来はどっち? 君が望む未来はどっちなんだろう?」のところの、「どっち?」の言い方がめちゃくちゃ好みの声で、そこで声フェチ的にも心をギュッとつかまれたよね←
サビの「君が好き…みたいだ」の言い方、息の吐き方、っていうか、なんかもう…なんかもう、ギュッとなった、グッときた、としか説明できんのだけど。

とにかく、今まで聞いた『君が好きみたいだ』の中で、今日の『君が好きみたいだ』が、一番好きだと思ったのです


5曲目は、今度はほんわかソングの『幸せのレシピ』
「ねぇ、お皿をとって って君に声かけて」の「とって」の言い方がとてもツボですっていうピンポイント。
あとね、「いつもありがとう」の後に、「今日は来てくれてホントありがとう」って毎回歌ってくれる前田さんなんだけどね。
今日、その部分歌った後、マイクから下がりつつ、最後に「サンキュー」って言ってる気な口の動きしてたのが、なんかかわいかっこよかったです←さりげないサンキューとか好き


それから、6曲目『GINGER GINGER』
タイトルコールの段階でテンション上がった、『GINGER GINGER』好きの私←
なんかねぇ、今日は結構かっこいい感じの『GINGER GINGER』だったなぁ、歌い方というか、そんな感じ。
ちなみに、「ねぇマスター 同じものをまたちょうだい?」のへんの息を含んだ歌い方が好きな私です。
あと、やっぱこの曲はギターがかっこいい。ベース音がボンボン響いてるようなところが特に好き


7曲目は、『大嫌い、大好き』
やっぱりこの曲、好きだなぁ。って聴くたびに思う。
てか、すごく全力の最後の告白だよねぇ、この曲って。
サビの歌いあげる感じとか、「幸せって囁く日が来るでしょう」の消えかけくらいの「幸せ」の言い方がすごく好きだったり。
「大嫌いで、大好き」のところ、「だーーいきらいで、だぁいすき」って歌ってて、あれ、前と少し伸ばすとこ違うなぁって思ったり。


『Baton』の、前か後ろからあたりで、結婚式で歌ってほしいって声を頂いて今度歌ってくる話をしててね。
「何歌いましょう?」って話したら「母が斉藤和義の『ウェディングソング』が好きなんです」と言われたそうで

………んん??

ってなった話とかしてたよ。笑
それは僕で良かったんですか?って、そりゃシンガーソングライターにライブお願いしててそんなこと言われたらそうなるよねぇ。笑
あ、でも前田さんの「斉藤和義に負けない歌を歌ってきたいと思います」の発言、かっこよかったですよ


9曲目『僕をここに残して』は、サビの疾走感好きだなぁ。
サビ手前の部分のメロディーラインも好き。
この曲だったかなぁ、思いっきり声を出してうんと伸ばしてたのん、かっこよかったぁ

てか、これとその次の『ココロヴェール』は、かっこいいゾーンだったなぁ。
どっちもねぇ、ギターが特にかっこよいなぁと思ったのです。

『ココロヴェール』初めてちゃんと歌詞を噛み締めた。
かなり耳が痛くなるコトバだった。今の自分が、まさにこんな感じかもしれないって。
なんかね、私、ちゃんと前に進まんといかんやん、って。なんかそんな気にさせられたというか。
「先入観のものさしで勝手にあきらめるな」って、なんか、ホントだ私あきらめてるかも、って
これはかなり、今の自分にグサッときた←


それから、MCで、“SSW”っていう大阪のイベントの話しててね。
「もしもあの大きなステージに立てたなら、歌いたい曲がある」と歌ってくれたのは、『僕が夢見た僕へ』でした。

なんか、グッと心の内に込めたものがあるような、そんな歌い方だった。
最後の方、前田さんが感情込めすぎて泣いてるようにも聴こえたの。いや、泣いてないんだけど。
でも、泣いてしまいそうなくらいの、強い感情が歌の中にこもってたんじゃないかなぁ、って思ってしまう歌だった。
いろんなものが、たくさんたくさん、こもってた一曲だったなぁって、そんな気がしました。


でもって、「一応次の曲でラストです」って言われたときにね。
客席から「えーーー」って声があがったら

前「お、すごいですねぇ、打ち合わせしてたんですか?」

みたいな事言う前田さん。笑
しかもそれに続いて

前「ライブにはアンコールという物がございますからね。」
前「更にはRUFFHOUSEには、打ち上げという物がありますからね。」

って、自分で言うんかーいwwww

なんかね、ワンマンだけじゃなくて、対バンでも自分がトリだった時とかにも、たまに「一応次で最後の曲です」って言うことあるんだけど、あれ結構勇気いるんですよー、って話をしてました。
たしかに、対バンだと、アンコールかからんかったらどうしようって思ってしまうよなぁ。


というわけで、一応最後の曲は、ウキウキする感じで『旅人になりたい』
てか、なんか今日テンポ早かった気がする。手拍子が若干追いつかん
でもめっちゃ楽しそうだったし、楽しかった!


そして、アンコール。
を、したらしたで

前「どこかで練習してたんですか?」

みたいなことをまた言う前田さん。笑


で、アンコール1曲目、歌いだしたと思ったら、いきなり『Shall we dance?』で。
「それ、今の前田さんで聴きたかったやつーーーー!!!!」ってめっちゃビックリしたよね。
あのね、曲自体は結構前の曲なのよね。それを、今の前田さんの歌声で聴いたら、CDよりももっと色っぽくなるんじゃないかなぁって思ってたの。
「君も一杯どうだい?」のへんとか、とても好き。
あと、歌い終わりの唇が艶っぽいとか思ってしまったのと、なんか、歌以上にギターが色っぽかった
ギターの音が色っぽいってなんやねんって思うんだけど、だってそう思ったんだもん。

て、曲に浸ってたら、イントロでなんか聞き覚えのあるフレーズが聴こえてきて。
あれ、このフレーズ『キンモクセイ』にもあったなぁ、アレンジ?とか思ってたら

「キンモクセイの香る~」って前田さんが歌い出して、?!?!?!ってなったよね。
え、これはもしや、まさかのメドレー?!

こんなパターンはまったく想像してなかったから、かなりビックリして、もう口ポカーンってなってました。
で、『キンモクセイ』のサビ終わりの所のギターの音がいつもと違って、「あ、曲が変わる!」って。
あの曲が変わる瞬間とか、すげぇ鳥肌ものだった!そう来たのかっ!って

そこから、『Junction』は、きっちり「ブレイクダウーン」の所のギター入れてきたよね、だと思いました。笑
あの部分のギター、やっぱかっこいいなぁ。音がすごく多いよね。

で、最後が『Lady』で更にビックリ
この曲、ギターが難しいらしくてライブでほとんどやったことないとか言ってたから、生音でゆるーくは聴いたことあったんだけど、ちゃんとアンプを通したライブで聴いたのは初めてでした。
軽快なリズムのギターもだけど、この曲、前田さんの歌い方が可愛くて好きだったりします。
やっぱりこの曲も好きだなぁ。


そして最後の最後は『じゃあ、またね』だったんだけど、これもなんかテンポ早かった気がする。手拍子がwww
楽しかったけど!笑
聴きながら、口パクで歌ってたんだけど「ラフハウスでまた会えるよー」って替え歌してたところもちゃんと口パクでそろってて、ニヤリとしたきよさん。
そりゃ、絶対そう歌うと思ってたよね


終わったあとは、打ち上げー!!

打ち上げ入る前に、今日のセットリストの、私の“こたえあわせ”も
セットリストをメモってた人たちに、自分が覚えたやつを合ってるか確認してもらいました。
1曲がなかなか思い出せなったんだけど、そのタイミングでBGMから『どうやって君を笑わせようか考えよう』が流れてきて、『幸せのレシピ』だ!と思いだした私。
どうも、この2曲は同じようなテイストとして認識されているらしい、私の中で。笑


RUFFHOUSE打ち上げでお馴染みの、今城焼き(たこの代わりにキムチの入ったたこやきみたいなヤツなのです)を食べつつ、飲みつつ、前田さんが生音(アンプラグド)で歌うのを聴きつつ。
テイストは、完全に女子会でした

前田さんも、ビール飲みつつ、早々に歌いだしてくれまして。
最初の曲は、最近出来立てほやほやでまだタイトルも決まってない『結婚の歌(仮)』
ツイキャスではぼんやり一度聴いたことがあったけど、ちゃんと聴いたのは初めて。
てか、ちゃんと聴いたら、なんか歌詞せつねぇ。特に猫のくだり。そうか、新しい彼には懐いちゃったのか。苦笑
あとね、「紛れもない僕だから」のとこのメロディーライン好きやなぁってなった。


2曲目は、リクエストで『Worry,Worry』
生音の『Worry,Worry』めちゃくちゃ優しかった
なんか、本当に隣にいてくれるような距離感の歌声だなぁって。…いや、今日はほんとにすぐ隣くらいにいたわけだけど。笑
なんか、この曲、生音の方が破壊力増す気がする。好き度が上がる


3曲目は、これまた最近できた曲らしい、京都の宇治を歌った一曲『網代木の道』
これも、少し和風な雰囲気の音と歌い方で、こういう曲の前田さんもステキだなぁって。
風景が浮かんでくるような歌詞もステキやったん。
あとね、歌声でね、サビだったかなぁ、「あなたは今何思う」の、「何」のとこで、音がくるりとなるような歌い方がめっちゃツボでした。
あとね、「思う」を、「おもおーーーぅ」って感じで歌う歌い方も、日本的で雰囲気に合ってて良いなぁって思ったのです


4曲目の『キンモクセイ』は、終電の都合で途中で帰らないといけないお友だちのリクエスト。
てか、「あと5分くらい」と言ったお友だちに、最後リクエストなんですか?ってさらっとリクエストを聴いてた前田さんがさりげなくかっこよかったぞ。
『キンモクセイ』の生音バージョンは、「できる? ねぇ…」の歌声の破壊力が半端なかったです。
囁くような声ずるいなぁ、ホントずるいなぁ…。←声フェチこじらせ中


でもって、そろそろお時間かな、って頃合いでの最後の曲は、リクエストで『満員電車で』になりました。
「しばらく歌ってないから、どんなんだったっけ?」と、前田さん。
「とりあえず思い出します」って最初ちょこちょこっとギター弾いて小さく歌って確認してたんだけど、ほどなくして「いけると思います」って。
で、ホントにサラリと出来ちゃったあたり、さすがすぎる
生音で『満員電車で』、どんな雰囲気になるんだろうと思ったけど、やっぱりかっこよかったなぁ。
てか、この曲もギターかっこよくて、主にギターを弾いてる指に目が行ってしまった。
今日、ライブ本編中はほとんどギターの辺は見えなかったので、打ち上げの時、ここぞとばかりに指をガン見してしまった。笑

ところで「次の駅はくーる」っておっかけ歌いたくなったのは、私だけではなかったよね?ね?


ちなみに、打ち上げ中は、BGMも前田さんの曲だったんだけどね。
お客さんたちがそろって口ずさんじゃうものだから、時々歌声喫茶のような状況にもなってたよね。笑
あ、もちろん私も含みます←めっちゃ口ずさんでた

あとは、何の話があったかなぁ。
そだそだ、ライブ中のMCで、前田さんが、LINEの、RUFFHOUSEの今城さんスタンプを持ってる話してて。
でもあれって、今城さんのことを知ってる人にしか送りづらいじゃないですかーって言ってたの聞いてたら、知ってる人に送ってみたくなって、ついついスタンプ買っちゃったよね。笑
で、某氏に送った反応を、今城さんにその場でお伝えしてみたら、

今「ありがとう、ってスタンプ送っといて。笑」

って言われたので、本当にありがとうスタンプを、「by 今城さん」と追記して送っておきました

……たぶん、その内、そのスタンプ怖いから止めて、って言われそう


あとね、みんなで記念写真っぽい写真も撮ってもらったんだけどね。
何度か撮ってるものだから、ついつい顔とかポーズとか変えんといけんような気になって、ネタに走ったら変顔ばっかりになって笑われました。
…ついつい芸人魂が。(いや、そんなもん持ち合わせてはないけど)


あ。あとね、そのに。
私別に大食いキャラじゃないです(せめてもの弁解)

今城焼きがおいしいのがいけないんだい!!


そんなこんなで、本日は23:30頃、打ち上げ終了となりました。
終わったあと、RUFFHOUSEを出てすぐのあたりでついついそのままお友だちとおしゃべりモード。
まだ日も変わってないような時間じゃ、まだまだテンションがおさまらず。笑

ライブでのこととか、好きな曲やら他のミュージシャンのことやら、主に音楽の話をいろいろ、喋ってきました。
余韻に浸りつつのおしゃべりも、楽しかった。ご一緒してくれてありがとうでした


というわけで、今日は久しぶりに前田和亮さんを堪能してきました。
やっぱりこの人の歌、好きやわ~ってなりながら、笑ってほっこりして、ギュっとつかまれて、自分を見返すきっかけまでもらった、幸せな時間でした

前田さんも、RUFFHOUSEも、お会いした皆さんも、ありがとうございました

今城焼きなめの前田さん

最後に、今城焼き越しの前田さんをペタリ
スポンサーサイト

theme : LIVE、イベント
genre : 音楽

Secret

ぷろふぃーる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wacci愛

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ