11
1
2
3
5
6
7
9
10
11
12
15
16
17
18
19
23
24
25
26
27
28
29
30
   

湯けむり温泉たまご肌ツアー @ 京都 明日

素敵な雰囲気

2016年9月25日(日)

えみケン &アキヨシの!
『湯けむり温泉たまご肌ツアー
~詩菜とくるみと組んずほぐれつ北陸海の幸編~』ファイナル
@ 京都 フォークソングカフェ明日(メイビー)


シンガーソングライターの山田明義さん、オルガニストの花田えみさん、ギタリストの加藤ケンタさん、の、三人組でのツアーなのです。
前に高松ラフハウスでもやったことがあるんだけど、その時には私は行けなくって
今回、“湯けむり温泉たまご肌ツアー”を観るのは初、でした。

“明日”と書いて、“メイビー”と読むのか!
という事に気付いたのは、現地に着いてからでした。
その発想はなかった。笑

ちなみに、会場付近までは迷わず辿りついたのですが、会場付近で「…道がない」ってなって、数分迷子になった私たち。
通り過ぎて戻ってみたら、パーキングだと思ってた駐車場エリアに、お店の入り口がありました。
その発想はなかった。(二回目)

ちなみに、まいまいさんは事前に行くって言ってたんですが、実は私はこっそり行ってたり。(予約も、HNの方でしてた)
ちょっとでもビックリして頂けただろうか。←ビックリさせるの好き

というわけで、本日の観たよ日記~



メイビー 本日はこちら

会場は、なんとなく昔懐かしい飲み屋さんみたいな雰囲気が漂うお店。
手前側がテーブル席のスペースで、奥側に小上がりの座敷スペースがあったんだけど、座敷スペースにちゃぶ台っぽいテーブルがあってね。そのちゃぶ台エリアに座らせてもらいました。
くつろぎすぎて、うっかり足癖の悪さが出そうだった。危ない危ない

演奏スペースは、そのちゃぶ台エリアの奥のスペースでね。
まいまいさんとか、加藤さんのすぐ目の前で、なんなら演奏中にエレキのネック当たるんじゃね?って言いたくなるくらいの距離感でした。
演奏者がめっちゃ近いー。よく見えるー。楽しい

開場からスタートまで一時間ほどあったので、普通に枝豆とか冷奴とか頼んでビール飲んでるまいまい氏。
完全に飲み屋のソレである。(でも多分間違ってない)
かく言う私も、えみさんからの「麻婆豆腐おいしいよ」の一言にがっつり食いついて、麻婆豆腐、食べました。
おいしかった←麻婆好き


そんな状況で思いっきりくつろいだ状態から、いざ、ライブスタート。

セットリスト(は、えみさんが上げてたのを拝借させていただきました~。カッコ内は曲作った人)

<一部>
1.湯けむり温泉たまご肌ブルース~short ver.~
2.Kitty(花田えみさん)
3.わすれもの(加藤ケンタさん)
4.さがしもの(山田明義さん)
5.夜更けにぼんやりできた唄(花田えみさん)
6.人生と箸~君とのMy Life~(山田明義さん)

<二部>
7.candle(花田えみさん)
8.神様(山田明義さん)
9.ナイトクライ(加藤ケンタさん)
10.君に創意工夫(加藤ケンタさん)
11.イカサマリーディング(山田明義さん)
12.どこの誰だか知らない人(山田明義さん)
13.Let It Shine(花田えみさん)
14.つぶやき(山田明義さん)
en.湯けむり温泉たまご肌ブルース~北陸編~


しょっぱな、湯けむり温泉たまご肌ツアーのテーマソングからスタート。

山「湯けむり!」
客「湯けむり!」
山「おんせーん!」
客「おんせーん!」
山「たまご肌っ!」
客「たまご肌っ!」
全員「「ツアーーー!」」

の、コール&レスポンス、楽しかったです
特に、「ツアーーー!!」のとこでテンション上がる、コレ

そこから早速トークに入ったりする、えぇ感じのユルさ。笑
そして、しょっぱなからトークでいじられまくる、加藤プロ、こと、加藤ケンタさん。

私、加藤さんお見かけするの何気に初めてだったんですけどね。
OK、彼の立ち位置、把握(開始5分)

ちなみに、「加藤プロ」の呼び方は、このツアー内?で、共演だったミュージシャンの方?が、紹介で、「今日はプロのギタリストがいらっしゃってますのでね」みたいなことを言ったらしいのが事の発端だとか。
「いや、あなたもプロのギタリストでしょw」
みたいなツッコミを、加藤プロがしておりました。笑

加「これ(プロ呼び)はいつまで続くんですか?」
山「最後までですよ?」

…本当に最後まで「加藤プロ」で通してました。笑

えみさんの曲の『Kitty』というタイトルは、実はお酒の名前らしい。ということを今日知りました。
でも、前にお子さんが多い所で演奏した時に、お酒の名前でキョトンとされたので、

花「ハロー・キティーは知ってるかなぁ~?」
花「そこのおにーちゃん(加藤プロ)が、キティーの真似してくれるからね~」

みたいな無茶振りした話とかしてました。
加藤プロは、指でヒゲを表現するようなポーズを、ギターもひかずにずっとやってたそうな。
どこまでもいじられる加藤プロ


三曲目『わすれもの』は、そんな加藤プロの作った曲でした。
ボーカルも加藤プロだったんだけどね、演奏中にまいまいさんが「なめらかに歌う人だね」と言った表現が、非常にしっくりきました。
なめらかで、やわらかい声で歌う方でした。

ちなみに四曲目の『さがしもの』は、ヤーマダさんの曲だったんだけど、なんだか続きのような並びでの演奏でした。
字面で見ても、なんかすごいセット感

『夜更けにぼんやり出来た唄』は、えみさんの曲。
このタイトルが、なんだか可愛いなぁ、って思いました。

「あと一曲歌って、一旦休憩挟みたいと思います」のアナウンスで、一部のラストに歌った曲は、『人生と箸~君とのMy Life~』

今日、私はコレが聴きたいが為に、京都まで来たのです(力説)

開始前に「どのバージョンでいく?」と、ヤーマダさん。
今回は、何バージョンって言ったか忘れたけど、静かめなバージョンでの演奏になりました。

えみさんのオルガンからイントロスタートでね、この最初の音から実はもう泣きたくなってたよね。
加藤プロの間奏部分でのギターの音でも泣きそうなったし。
なにより、この曲、ヤーマダさんの歌詞や歌声や歌い方ががめっちゃ好きです。

一番、ヤーマダさんとえみさんのハーモニーで、後半3人で歌い出したとこ、ぐわーってキタ。
えみさんとヤーマダさんのハーモニーだけでも結構キタのに、3人で歌いだすのとかホント反則。(褒め言葉)

そんな状態だったわけですが、前にも他のお客さん居るし、視界に入るから、泣きそうなのぐっとぐっと堪えてたんだよね。
堪えてたけど…、やっぱり一番最後のところでダメだった。
一番最後のトコで堪えられんくなって、曲が終わった直後にさらに号泣の波がくるのです、この曲

終わった後、まいまいさんの服の袖に思っきし顔つけてじっとしてたら、どうやらえみさんが「どうしたのこの子」みたいになってたらしく。
まいまいさんが「この曲すごい好きみたいで」って、フォローしてくれてたよ。
ありがとう。えぇ、そうなんです。大好きなんです。
後でちょっと落ち着いた頃に、通りしなのえみさんが、「大丈夫?」ってあたぽんしてくれたよ←嬉しかった


というわけで、休憩タイム~。
他のお客さんと出演者さんと、ちゃぶ台囲んでちょこちょこお話にも混ぜてもらったり。
今日の予約特典の、ストラップorクリップの作り方について話してるのを聞いたり。
プラ板、懐かしいなぁ。私も小学校の時にはやった。
最近、密かにブームきてるよね、プラ板。…時間があったらまたやってみたいなぁ


で。またまたゆるーっと、第二部スタート。
二部の最初は、えみさんが鍵盤ハーモニカでの『candle』でした。
天国へのぼるおじいちゃんの事を考えて作った曲、やったかなぁ。
この曲のメインのメロディーラインがとても好きです。

てか、鍵盤ハーモニカでね、マイクなしで、アンプに繋いだギターに音負けないって、結構な肺活量が必要な気がする。
オルガンも素敵だけど、私、えみさんの鍵盤ハーモニカ大好きだなぁ


『ナイトクライ』と『君に創意工夫』は、加藤プロがボーカルのターン。
「暗いのからいく?」「どっちも暗いけどね」「暗いのしかないけどね」みたいな会話してて、ワロタ。
暗いのしかないんかいwww

で、結局、より暗い方からスタート、って話になって。
『ナイトクライ』の曲前に

山「ロフト付きの狭い部屋で、作った曲を…」
加「待って。8割…9割方合ってるけど、その情報いる?」

9割方あってるんかいwww
ちなみに、その後のヤーマダさんの反論は、「どんな環境で出来た曲かを知ることで、聴いてる人がより入り込みやすくなるというね」みたいな感じでした。
その場の流れで言った感ある割に、すごく納得するコトバ。笑


『君に創意工夫』は、歌詞が暗かったのかどうかは置いといて、勢いがあって、音がすごくかっこよかったのです。
最後、締めかと思ったら、ヤーマダさんと加藤プロが顔を見合わせて、バッと歌い出したとことか、かっこよかったなぁ

そこから勢い続きでの『イカサマリーディング』も、かっこよかった!!


『どこの誰だか知らない人』は、曲中の「サバの塩焼き」の所を、「へしこの塩焼き」って替え歌しといて、

山「へしこの塩焼きって、それ相当塩っ辛いなぁ」
花「美味しかった!(フォロー)」

ってやりとりをしてたり。笑

2番のなくし物が、まさかの加藤プロだったり。

あのね、加藤プロがね、このツアーのちょうど中日で空きだった一日に、他のお仕事が入ってしまったらしく、一人中日に東京に戻ってたらしいのね?
東京行きの日の朝6時に、ヤーマダさんが駅まで送ったとか。

で、歌詞の中で、「まずいぞアレがないろかなりヤバイ」「昨日の朝6時から、ないー」とか歌ってて。
朝6時から、で、なくし物って加藤プロかいwwwってなったよね。

で、吉報が届いたー、の続きで

山「その加藤くん、うちの加藤くんです」

うちの加藤くんてwww

「おまわりさんに頭下げて」のとこも、この部分は歌詞そのままやのに、なくし物が加藤プロと思って聴いてたら意味が違って聞こえてしまってワロタよね

あとねあとね、「人、人、人、人ーーー!」の時の、ヤーマダさんの歌い方好きだなぁ

で。その後もさらに歌詞変えは続き。笑
「プリンターが動いてくれません」のとこで、えみさんちのプリンターがガチで動かないとう話題に突入。

山「あなた過去ログ読みました?」
花「見たけど分からなかった」
山「誰かリンク貼ってくーださーいー

そうきたか。笑


『Let It Shine』では、一瞬、加藤ひばる先生がご降臨されたり。
私、この“加藤ひばる先生”が何者か知らないまま、ちょいちょい話題に登場するのを聞いてたんだけど…。
要は、アレか。
加藤プロの別名義での活動か。

おっと、加藤ケンタさんは、あくまで先生の付き人(という設定)でしたね。失礼いたしました。笑

しかし、声も歌い方も変えて歌うて、加藤プロ芸達者かwww


セットリストのラストの曲は、『つぶやき』
この曲の、ヤーマダさんの歌声も好きだなぁ。
どうも、ゆったり系の歌声が特に好みのようです


ちなみに、曲の合間には結構長めのMCがちょこちょこ。
MCってか、もうおしゃべりに近いような。笑

主に、今回のツアーのお土産話が多かったんだけどね。
加賀?のお土産物やのご主人に、えみさんが店にいる間中話しかけられてたってネタとか。笑
文字通り、店にいた間中話しかけられてたそうな。どんだけ気に入られとんねん。笑

しかもそのご主人、隣に輪島塗りの立派な博物館みたいの建ててるのに、履いてる履物がセロテープでとめてあるとかで。
「本当の金持ちって、あーいう人なんだろうね」みたいなまとめをされとりました。
確かに、日用品を大切に使えば、お金って貯まるかもしんねぇなぁ。って、ちょっと納得してしまった。笑


加藤プロが一日別行動だった話もしててね。
「一日空くと、なんかちょっと違うよね。」とか言ってたんだけど、その中でヤーマダさんが

山「えみちゃんの対応をしないといけない」

って言ってたのがちょっと面白かったです。
唐突に「見てー夕日ー」みたいなこと言うえみさんのテンションに、ヤーマダさんはついていけないらしい


というわけで、最後はアンコールで、『湯けむり温泉たまご肌ブルース~北陸編~』と銘打って、今回のツアーでのことを歌詞に盛り込んで、コール&レスポンスも賑やかに締め!でした。

途中の歌詞で、「石川鶏皮…」とか言い出して、そこから「エロカワブサカワカトカワ」と続き、で、加藤プロが可愛いポーズ。

…………可愛いポーズ…?

うん。そういうことにしておこう。

なんかね、ダジャレみたいにポンポン出てくる歌詞が楽しかった。
後半ではコール&レスポンスも早くなったり。
ラストではまた唐突に振られる加藤ひばる先生が居たり。笑

えみさんと加藤プロのソロ、かっこよかったなぁ。
てか、加藤プロ、演奏中表情豊かすぎでしょ


というわけで、ライブ終了ー!!
19時スタートだから、余裕あるかなぁと思ってたら、終わってみたら21時15分頃。
22時前の電車で私は帰路につくため、あまりゆっくりお話は出来ずに、その場を後にすることに。

あ。まいまいさんは、このままヤーマダさんに拉致って頂くことになっております。笑

まいまいさんにバイバイして、お店を出たところでヤーマダさんとえみさんがいらっしゃったので、お二人にも無事ご挨拶出来た、よかった
ヤーマダさんに「ブログ楽しみにしてるわ」って言われたんですけど…読むのめんどくさくないですか…?←そう思うならもう少し要点をまとめろ

楽しかったです、をお伝えして、まいまいさんのことをよろしくお願いして。笑
帰るときに、ヤーマダさんに「左行って左な」って2・3回駅までの道を教えられたんですが、アレですか、もしかして私、方向音痴っぽいですか?

意外と一人でどこでも行けるのですよ。こう見えてわりかし遠征上級者です
(でも、構って頂けるのは非常に嬉しかったり)


帰り道では、京阪電車の車両があまりに綺麗なのにビックリしたり。
さっきまで賑やかだった場所から、あまり余韻にひたれずに一人先に帰ったさみしさがちょっとあったり。
…さみしくなったから、早速iPadさんに今日のコトをポチポチ打ちまくってたよ。
そのためだけに、少々重いiPadを持ってきたのだ、私は。笑

でも、ほんっと楽しかったなぁ。
たっぷり二時間強、ワンマンでたくさん聴けたの嬉しかったし、何より、聴きたくて仕方なかった曲が聴けたのがホント幸せでした。
また京都まで、行けるかどうかはわかんないけど、またこうやってじっくりゆっくり観られる機会が出来たら良いなぁ。

ヤーマダさん、えみさん、加藤プロ、楽しい時間をありがとうございました

スポンサーサイト

theme : LIVE、イベント
genre : 音楽

Secret

ぷろふぃーる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wacci愛

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ