10
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

HISAYAくん企画ライブ @ 中庄 ふぉるて

ふぉるて

3016年8月13日(土)

HISAYA企画 「どんなもんじゃいOKAYAMA」 @ 中庄 ふぉるて

渡部さんに会いに行ってきたーーー!!
場所は、初めての“ふぉるて”
吉永拓未さんのお店って情報以外何も知らなかったので、めっちゃドキドキでした。笑

中庄駅から歩いて行ったんだけど、歩きだとやっぱりちょっと距離があった。歩ける距離だけどね
着いて階段上がったら、渡部さんとばったりして、即「長袖あっつ!!」ってつっこまれました。
…いや、だって、日焼けするじゃん、ねぇ

その後、HISAYAくんが、「お手洗いめっちゃ暑い」って言いながら出てきて、思わず「それなんの修行ですか」ってつっこんでしまった、ツッコミ属性のきよさんです。

中に入ったら、コンクリ打ちっぱなしの室内に、折り紙の輪っかや、マステっぽいフラッグやらが飾り付けしてあって、会場内はさながらお誕生日会でした
なんか、少し前に誰かのバースデーライブがあって、その飾り付けそのままにしてたみたいだね。

というわけで、本日の観たよ日記~







【1組目:宮竹ようこ ちゃん】

わかる範囲でセットリスト(表記不明、間違ってるかも)
1.ぐうたら娘
2.(タイトル不明)
3.煙草
4.知らない
5.手をたたけ

アコギ弾き語りのお嬢さんでした。めっちゃ可愛かった←おっさんか
「最初に自己紹介ソングを」と、歌い出したのが「ぐうたらするのが好きなの~」みたいな歌で、自己紹介はそれでいいのかwwwwってつっこみたくなったよね。

でも、可愛い曲だったなぁ。
「好きな場所はどこと聞かれたら迷わずこう答えるでしょう ベッドの中って」
みたいな歌詞があって、「ベッドの中って」の歌い方が非常にツボでした。

MCは、なんだか初々しい感じだったなぁ。
普段、路上ライブしてることが多いのかなぁ。
ちょっと天然っぽい雰囲気もかすかに…、それがまたほっこりしたわけですが。笑

2曲目だったか、1番と2番の間で、ギターを上に向けてネックの辺を見てたから、どうしたのかな??って思ってたら、どうやらピックが飛んで行ってたらしい。
「1番の終わった後にピックをとって弾くんだったんですけど、見たらピックがなくって、歌いながらすごい探してました。笑」とか言ってたよ。
マイクスタンドの足元に転がってました


3曲目の『煙草』と、4曲目の『知らない』が、個人的には好きな雰囲気でした。
ファルセットのような声質のお嬢さんだったから、少し切ない歌が良く似合うなぁ。
『煙草』の歌詞は、なんかわかるわかるってなった。

『知らない』は、歌い回しから歌詞から、グッときたのです。
「知らない 知らない 知らない
 あの子の前のあなたの顔なんて」
だったかなぁ?
1番の歌詞がそんなで、2番では、「知らない 知りたくない」って言い回しがかわったり。
なんか、そういうちょっとしたコトバの違いに時間の経過とか気持ちとかが見えたのです。
ラストもね「あなたを忘れる方法を知らない」みたいな終わり方で、一貫して出てくる“知らない”ってコトバに、いろんな気持ちがこもってるなぁって。
この曲すごいなぁって思ったのです。


ラストは、『手をたたけ』ってアップテンポの曲で楽しく締め!
「途中、皆さんに手の叩き方を変えて欲しいところがあるんです」って、最初、それをコトバで説明して、出演陣から「ん????」ってはてなマーク投げられるようこちゃん。笑
その後、練習もちょこっとしたんだけど、ちゃんと歌ってくれたらすぐわかったよね

そしてそのまま、ギターを弾きながら「毎日、小さなことでもいいから、幸せを見つけていけたらいいなぁって」みたいなほっこりするコトバを言った後に、
「聴いてください」のあとギターの音を一瞬ピタッととめて

よ「手をたたけ!」

ってタイトルコールして曲に入った、一連の動きが、とてもかっこよかったです。
あれやね、タイトルコールの瞬間だけ音とめるのがミソやね。
最後の曲も、なんか等身大の女の子って感じで、ほっこりした。
し、手をたたくのも楽しかった


【2組目:吉永拓未 さん】

セットリスト(表記不明、どっか間違ってるかも)
1.美しい世界
2.伝えたい言葉
3.水曜日の朝(カバー)
4.あなたへ
5.フレンドシップ

拓未さんは、何気に二度目ましてです。
いつもは、音源を流しながらキーボードを弾きながら歌ってたりなのですが、今日はキーボード弾き語りオンリーの拓未さんでした。
「今日、みんな弾き語りだから」ってことで、自分も弾き語りオンリーにしてみたらしいよ。

ちなみに、いつも1曲目はノリのいい曲のイントロ流しながら「どうもー!吉永拓未でーす!」みたいに登場してるから、今日なんかテンションが上がんないのよ、みたいなこと言って、MCで噛んだりなんたりしたのの言い訳してたけど

…はじめましてだった時のMCも、たぶんこんな感じだったよ?

いや、拓未さんの喋り、面白いので好きですけどね。そのままでいてください

個人的には

拓「吉永のお城へようこそ」

が、1番ツボでした。


あとはねー、渡部さんのことをね、実は広島で路上でお会いしてて一方的に知ったんですが、みたいな話ししてて。
「今日会った時に、広島でお会いしてるんですけど、覚えてます?って聞いたら、“広島ー…って、どこでしたっけ?”…ふざけろ。(笑)、と」
みたいな話してて、その返し、さすが渡部さんやわwwwwってなりましたよね。
「そっからか、と思って。広島は、岡山の隣ですよー」
うんまぁ、渡部さん愛媛出身の人やけん、広島知らんわけがないよね。笑


とか、最後の曲で「最後はみんなで言葉を出し合おうと思います」みたいなこと言って

渡「言葉出し合うって、アレですか、ディスカッションですか?口論ですか?」

て、渡部さんからツッコミの名を借りたボケが飛んできたよね。笑
それを受けて、何故か突然、リオのシンクロのプールの水が緑になった話をする拓未さん。
一通り、一連のニュースの内容喋った後で

拓「皆さんもそういうことありません?」

今の話題で、その振り方?!

拓「皆さんにひいてるんで、この話題やめましょう」

の発言も、2回くらい聞いたよね。笑


待って、拓未さんのステージの感想、MCのことしか書いてないwww

てか、曲はアレなんですもの、一貫して、甘いんですもの。
そもそもの歌声が甘いし、今日は最後の曲以外はゆったりしたのが多かったから余計にかも。

あ、でも今日はキーボード弾いてる手がばっちり見えたので、結構ても見てました。
鍵盤をすべるように動く手がかっこよかったのです。
あとね、『水曜日の朝』のカバー、やっぱり好きだなぁ。
ラストの「僕は受け止めて愛したい」の、「愛したい」の歌い方とか、非常にツボ

最後の曲では、拓未さんもアップテンポな曲で楽しく締め!
お客さんみんなで「きっと きっと きっと」を歌ったよー。楽しかった!


続いては、3組目の福永さん。
…だったんだけど、このタイミングで、ドリンク交換に行くお客さんがたくさん出てきてね。
(拓未さんの出番が終わって、カウンターとPA業務に落ち着けるようになったからかも?)

準備出来たけど、お客さんがまだ戻ってこなくて、キーボードの前に座ってポツーンってなる福永さんの図

そったら、HISAYAくんが乱入してきてカホンにまたがって、「福永さん、『夏色』歌いましょう!笑」って。
で、歌い出したと思ったら、なんかすっげぇ、くっら(暗い)wwwww
まって、マイナーコードに変えたわけじゃないのに、メジャーコードでなんであんなに暗く歌えるのかわかんない待ってwwww

H「福永さん、『さくら(独唱)』歌いましょう」
福「さーくら…さーくら…今まいあがーる…刹那にちりーゆーくー季節ガン無視~
H「福永さん『純恋歌』歌いましょう!」
福「なんでそんな僕っぽくない曲ばっかり持ってくんの?」

という茶番を繰り返していたら、楽しそうでうずうずしたのか、今度は渡部さんが突如乱入。

渡「えー、というわけでですね」

はい、漫談はじまりましたーwww
福永さんが「そもそも湘南の風に吹き飛ばされそうでしょ、僕」って言って、失礼ながら本当に吹き飛ばされそうって思ってしまったり。笑
ここの最寄駅は?中庄からみんな歩いてくるんです?みたいな話の後に、

渡「だーれーもーがぁーーー

と、ハマショーを歌い出した渡部さんを、福永さんが欠片も気づかずスルーしたりとか。笑
でも、ハマショーと中庄をかけてるのはわかったんだけど

渡「ハマショーの誰もがーと、誰もが中庄駅から来たのをかけてたんですけど」

って言われて、さすがに誰もがまでかかってるとは気づきませんでした。
渡部さん、高度すぎます


という、突如として始まったドリンク交換タイムの茶番を経て、めでたく福永さんのステージへ。笑


【3組目:福永隼之介 さん】

セットリスト(一部表記不明、わかる範囲でー)
1.イナイイナイバー
2.おそうしき
3.マザーサンタ
4.のこしもの
5.(タイトル不明)
6.こたつとおかん
7.頑張れとは言わない

キーボード弾き語りの男の子。はじめましてでした。

福「一度、(照明を)すっごい暗くしてもらっていいですか?」

で、会場全体の照明がうんと暗くなって、会場全体が白と黒の世界になったような印象に。
キーボードをポロポロっと弾いて、いざ始めようと一旦音を出すのをやめたら、

……会場内のBGM、まだ鳴ってるwww

っていう事態に。何この人よくわかんないけど、なんか持ってる。おいしい

再度再度、仕切り直して、福永さんのステージへ。
1曲目、『イナイイナイバー』ってタイトルコールを聴いて、かわいいタイトルだなぁって思ってたら

私、ダメだったの
それが妻の残した言葉
ダメだったか
それが僕の残した言葉

あまりにタイトルと結びつかない始まりで。
淡白に、あえて感情を込めずに歌い出したような声に、ビックリした。
え?なになに?何事?って思ってたら、
「安産祈願のお参りに行った。元気な子供が生まれますようにと
 祈って買った御守りを壁に投げつけた。」
と、続いた歌で、意味を理解した。

これ、絶対私、あかんやつや←泣く的な意味で

って思って、でも、うっかり最前列端っこの椅子に座っちゃったもんだから、いきなり泣き出すのもさすがに気恥ずかしくて。
すっごいすっごい堪えてたよ。

淡白に歌い出した始めたのに、段々と投げつけるように全力で歌う声とか姿が、また感情揺さぶられて、もうなんか本当にこの人の実体験じゃないのかって思うくらいの、歌声だったなぁ。(違うだろうけど)

で、続いての『おそうしき』って曲。
「なんだか今日は騒がしいな」みたいな感じに始まった曲。
途中まで誰目線なのかわからずに聴いてたんだけど、「白い服を着たじーちゃん」という言葉で、

あ、コレ、“死”や“葬式”が何かも分からないような、幼い子ども目線の歌だ

と、気づいた瞬間に、1曲目から堪えてたのが、一気に決壊して、涙ボロボロ出てきたよね。
もう、ね、なんだろう、この人の目線。もう本当にあかんやつ。

「夏なので冬の曲歌います」で始まった次の『マザーサンタ』も、アップテンポで少し楽しい雰囲気の曲調なのに、歌詞がせつねぇし。
なんかもう、どれもこれも、どれもこれも本当に目線がなんなの。すごい反則。

あ、誤解のないように言っておきますが、めちゃめちゃ最大級に褒めてます


その場の雰囲気で「今日は曲をたくさんしたいな」って、いろんな曲を少しショートバージョンで多めにお届けしてくれてたんだけど、そういうショートバージョンとかもすぐ出来ちゃうのね。
途中、鍵盤の上を、高い方から手をすべらせて来たかと思ったら、その後にわざと右手を「痛い痛い」みたいにプラプラする小ネタに思わずくすっとしちゃったり。
MCでのトークはなんかゆるくって、すごく細身の方だったんだけど、「見るからに体弱そうでしょ、僕」とか自分でいじって笑い取っちゃってたり。笑
そいえば、どこかで「岡山来ましたー」に、渡部さんが「いらっしゃーい」って言ってて、あなたが言う??ってなったよね。笑

6曲目の『こたつとおかん』は、AメロBメロの所が、おかんが言った言葉ばっかりで出来てて。
「心配する通り越して呆れるわ」とか、「もういいから、入ってご飯食べなさい」とか、「寒かったでしょ、食べたらすぐお風呂入りなさい」とかね、そんな感じの。
他に何もつけたさなくて、おかんの言葉だけで進んでいく歌詞が、すごくあったかくて。
サビで“僕”の気持ちを歌った所で、また泣いたよね。
あー、わかる、わかる。おかーさんって、こんな感じだよねぇ、って。

最後の『頑張れとは言わない』って曲もね。
「頑張れとは言わない 僕が頑張るから」
「僕の瞳に君が映って、君の瞳に僕が映るくらいでいい」
みたいに歌うコトバが、あー、これがこの人なりの応援歌なんだなぁって思って。
この曲でなんか、人柄わかった気がしました

MCで、「何かを残したい」とか、「明日死んでもいいくらいで歌う」とかね、言ってたんだけどね。
うん、確かに残りましたとも。
てか、アレだけ全力でぶつけられたら、残らないわけがないよ。ってくらい、私にとっては衝撃的なステージでした。


【4組目:渡部裕也 さん】

セットリスト
1.美里
2.scene
3.トラウマダイアリー
4.ラブソング
5.プロポーズ
6.たいせつ

アコギ弾き語りの渡部さん。
久々に渡部さんのライブ~。岡山また来てくれてありがとうございます

渡「怖い話をします」

と、いきなりトークから始まったのですが…。
怖い話の内容は、若干プライバシーに関わりそうなので、割愛。笑

1曲目の『美里』から、歌声がすごく優しくって。
あ、渡部さんの歌声だなぁ〜って、なんかホッとした

『scene』では、

渡「僕ら15人、グランドで最後の挨拶をした」
会場「ありがとうございましたー!」
渡「って言う所がありますので。今のは練習です、本番いきますよー」

みたいなやりとりを、久々に見たなぁ。
でもって、本番の時には、何気に「僕らみんなで最後の挨拶をした」に歌詞をしれっと変えちゃうあたりが、にくいよね、渡部さん


3曲目は、はじめて聴く曲だった。
5歳年下の弟がいるんだけど、その子に負けてられないよなぁと思って書いた歌って言ってたなぁ。

すごく、自分に向けての歌って言うか、自分を叱咤激励する歌の姿をした、聴く人への応援歌って言うか。
サビの歌詞、ちゃんとは覚えてないんだけど。

大好きで仕方ないんだろう
まだやれるんだろ
がんばれよ、俺

って言うような、雰囲気のコトバだったんだけど…ダメだ、思い出せないからちゃんと伝えられない。
コトバ選びが、もう本当に好きだったのに、何故ちゃんと覚えてないのか、私。
(答:この後にアホほど笑った時間があったからです←笑いすぎると記憶とんじゃう)

うん、でも、なんか、すごいグッときた。
この曲、渡部さんって人を知ってると、よりグッとくる気がするのです。


『ラブソング』も、『プロポーズ』も、歌声がうんと優しかった
『ラブソング』の「愛してるってやつの正体を」のとこだったかなぁ?メロディーと一緒に上がるギターがかっこよかったのです。
「時間はどう?出かけるんでしょ?」って歌うよりも、本当に会話をしてるように話すように歌う渡部さんの歌い方と表情が、本当に好きだなぁ

『プロポーズ』では、歌い出してAメロのとこでいきなり
「誓いのキスをする時に、新婦のベールをあげるじゃないですか、アレは、もう2人の間になにも障害はないですよって意味をあらわしてるんですよ」と、喋り出す渡部さん。

渡「その日、新郎がもうガッチガチに緊張してて、花嫁のベールを上げて無事誓いのキスできたんですけど、その後、またベールを元に戻しちゃったんですね」

みたいな話し出して、笑ったよね。
で、「あははって笑う~」から曲に戻るっていうね。
なんだなんだ、今までとネタが変わってるぞwww

2番は2番で、

渡「僕だって持ってますよ、ほら クチ“ビル”
会場「………。」
渡「…クチ“ビル”
会場「……(じわじわ)」
渡「…もう一回言いましょうか? クチ“ビル”

うん、渡部さんに根負けしましたよねwww
知ってても笑ってしまうわwww


最後の『たいせつ』ぼ前には、少し真面目なお話を…

自分にも大切な人が居て、自分を大切に思ってくれる人も居て。
みなさんにも、それぞれ大切な人が居て、また誰かから大切にも思われてるわけですよ。
つまり、今ここは大切な人だらけの空間ってことですよ。

みたいなコトを言っててね。
この言い回しが、すごく渡部さんっぽいなぁって。
ともすれば詭弁とも言われそうな理屈だけど、でも、なるほどそうかって納得しちゃうような、そういう話し方をするのが、本当に上手な人だなぁって。
「大切な人だらけの空間」って、ステキなコトバだなぁ

それから、

「ミュージシャンは、何か残そうとして、いろんなことを考えてるんです」
「渡部裕也を、残したいんです」
「この5・6分の間だけ、全力で聴く体制をとってみてください」

って言う、コトバを発してからの、最後の曲、『たいせつ』

最初のギターの1音が、すごく大きい音で鳴って、ちょっとビックリした
6弦を思いっきり弾いたその音が、「こっちを見ろ!!」って言ってるみたいだなぁ、と思ったのです。

ライブでも、何度か聴いた『たいせつ』だけど、今日のこの曲は、今まで聴いた中で一番熱かったかもなぁ。
いつものようにうんと優しい歌声の所と、ぐっと力強く歌う所と、すごく幅のある歌い方だと思ったのです。

相変わらず、ギターもめちゃめちゃかっこよくて、歌声優しくって。
歌ってる時に、目が細くなっちゃう笑顔とかね。
あー、やっぱこの人好きだなぁって、思った時間だったなぁ


【トリ:HISAYA くん】

セットリスト(教えてもらった~)
1.僕は友達
2.おはようおやすみ
3.天才定理
4.バラッド オブ 歌うたい(ナタデココ復活ライブ)
5.きおく
en.Happy Song

アコギ弾き語りのHISAYAくん。
路上では、たまたま倉敷駅で見かけたり、渡部さんと一緒に路上してたのを観たり、何度か見たことはあったのだけど、ライブで観たのははじめてでした。
HISAYAくんのステージも、楽しみにしてたん

あぐらかいて座ってギターの音出しをしてたんだけどね。
OKですって、まさかの1曲目はそのまま座ってオフマイクでした。
ギターは、ちゃんとスピーカー通してるのに、声だけ生声。
それでも、全然聴こえちゃうんだよなぁ。
路上の時にも思ったけど、HISAYAくん、声量すごいあるよねぇ。

1曲目の『僕は友達』って曲のね

「世界の果てまで僕といってくれないか
 友達のまま、このままの関係でいいから」

みたいな歌詞が、ちょっと切なくて、すごく好みでした。
歌声も、好きな感じだったなぁ。


2曲目からはスタンディング。
スタンディングになった途端に、めっちゃパワフルだった
マイクに鼻がぶつかっちゃうくらい近づけてて、それでもってまた結構動くものだから、勢いに負けて回るマイクスタンド。笑
で、マイクが回っちゃうから体もまた動かさないいかんくなるわけで。

ごめん、その動きが可愛くて、ちょっと笑ってしまった

『天才定理』では、めっちゃぴょんぴょん跳ねてたなぁ。
あせだく、全力、って感じやった。

H「HISAYAのライブは高低差すごいですよ」

高低差ってwww
でも、確かに、路上しか知らなかったから、この勢いにはすごくビックリしました。


でもって、ここでまさかの出来事。
なんかね、何処かしらで前に、渡部さんとHISAYAくんで、即席ユニットみたいなことをしてたらしく、“ナタデココ”って名前つけてたらしいんだけどね。
それの、一夜限りの復活ライブが!ここで!!笑

てかもぅ、出てきてすぐに「みんな、一夜限りの復活ライブに来てくれてありがとう」的な、もうどこの大御所ですか感。笑

曲紹介も

渡「聴いてください、『バラッド オブ 歌うたい』」

歌うたいのバラッドじゃねーかwwwっていう感じでね。
もうね、渡部さん絶好調ですねwww


ちなみに、渡部さんがアコギ弾いてて、HISAYAくんと渡部さんで交互に歌ってたんだけどね。
途中で渡部さんが、フレーズの歌い終わりに「ひーくん」とか言い出して。
で、ひーくんも、フレーズの歌い終わりに「ゆーちゃん」とか言ってバトンタッチし出して。

もう何その呼び方可愛いなこんちくしょうめ

しかも、後半になったら、渡部さんがすげぇ中途半端な所でバトンタッチし出すのね。
うん、やるとは思ってたけど。
それにビックリしつつ慌てて対応するひーくん。

逆に、ひーくん調子よく歌い出したらすっごい音伸ばしたりしちゃって、それで「タイミングどこやねーん!」みたいになってるゆーちゃん。笑

かと思ったら、なんかやたらピタッと揃っちゃうところもあったりして。
息ぴったりなんだか、合わないんだか、なんだかよくわかんないね。笑


それから、またHISAYAくんのステージに戻って。
最後の曲は『きおく』という曲でした。

曲前だったかなぁ、出演者1人1人とのことをお話してて。
「拓未さんとは、おててつないでコンビニに行ったり、一緒に○○をしたり」みたいに話してた後に、

拓「おててつないでのとこだけ訂正してもらっていい?」
H「おててはつないでないです。歩幅あわせていきました。」

って言う、拓未さんのツッコミが入ったりして。笑

渡部さん家にも一度泊まったことがあるらしく
「別の部屋でしたけどね。今度は、同じ部屋で寝ましょう。」
みたいなこと言ってて、この子、わかっててわざとそういう言い方してんなwwってなりました。

「最後にHISAYA」って、自分のことも、他の人のように話してて。

H「こいつとは、最近はうまくやってますよ」

って、言い方してたのが、なんか印象に残ったなぁ。


ラストの『きおく』という曲は、ぐっと内側に心を込めたような歌声で。
最後の、胸にぐっと握った手を当てて、「きおく」と歌ってる姿が、なんか、イイなぁって、思ったのです


それから、アンコールは、HISAYAくんの『Happy Song』を。
渡部さんがカホンで参加して、演奏しながらどんどん出演者をステージに呼び出して。笑
最終的に、全員での即興セッションみたくなっちゃった。

福永さんと拓未さんが、2人で1つのキーボード弾いてて、拓未さんがメロディーラインを拾ってたりもしてたよ。
福永さんは、入ってきて「キー何?」って最初にキーだけHISAYAくんに確認したと思ったら、その後普通にコード弾きしてたっぽい。…何故それだけで出来るんだ

お客さんも最後だけはスタンディングで。
コール&レスポンスで「パーッパッパー」って感じのも思いっきり歌ったの楽しかった!
途中、「男子のみいってみようか」ってHISAYAくんが言い出した時に、「いやいや、お客さんで男子は、パパさんだけだよ?!」ってビックリしたんだけど、いざ「男子のみ!」ってなったら、5人中HISAYAくん除く3人の男子が、全力で歌っておりました。
そうだった、ココに男子いっぱい居た


と言うわけで、めちゃめちゃ賑やかにライブ終了ー!!
ほとんど座って観てたライブだったのに、心地よい疲れが。…えぇ、主に笑い疲れです。笑

終わった後、勇気出して福永さんとこに話しかけに行って、CDも買ってきたー。
緊張してたのであんまりお話は出来なかったけど、良かったです、の気持ちはちょっとでも伝わったかなぁ

渡部さんとも、ちょこっとお話しして、缶バッチゲットしてきました。
改めて、岡山まで来てくれてありがとうなのです
…あ。噂のトランクも見てきました。笑

出演者、みなさんが色んな方面に濃いいライブで、めっちゃ楽しい時間でした。
いやもぅ、ホント濃かった。お腹いっぱい

スポンサーサイト

theme : LIVE、イベント
genre : 音楽

Secret

ぷろふぃーる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wacci愛

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ