11
1
2
3
5
6
7
9
10
11
12
15
16
17
18
19
23
24
25
26
27
28
29
30
   

wacci LIVE&TALK典会 @ 高知

※この記事は、ツアー終了後に投稿しております※

おちゃ

2016年6月19日(日)

wacciアフターイベント
「増刊号!LIVE & TALK典会」 @ 高知 X-pt.


本編と増刊号の間に、近くでちゃっかりお茶してきた。笑
ライブハウスのすぐ近くにね、抹茶とかほうじ茶とかのスイーツが食べれるお店があって、美味しそうだったのです。
ライブハウスの近くに商店街があるって、便利でいいなぁ

というわけで、腹ごなしもして、いざ増刊号へ~





まずは、タモリさんなはじめちゃんが登場。
出てきた瞬間につい「タモさーん」って言っちゃったよね。笑

タ「カツオのたたき食べた?」
会場「そーですね」
タ「え?この間に食べたの?w」
会場「そーですね」

いや、本編と増刊号の間には流石に食べれないから

というオープニングトークの後

タ「5回目の登場です、wacciのみなさんでーす」

で、wacciの他の四人が登場してきたわけだけど、出てきて一言目に

タ「来すぎじゃない?」

ごもっともである。笑
というわけで、今回もまたもやはしぐちさんが、アルバムの告知ポスターを持って出てきたわけですが、ポスターを受け取ったタモさん。

タ「すてといてくださーい」

はやっwwww

というやりとりをへて、まずは楽器を持ってスタンバイ。
はじめちゃん、キーボードに座って、ジャケットとサングラスを外した瞬間に

始「はしぐちー!タモさんいたぞー」
橋「むしろあなたが今までどこに居たのって話ですよ」

ごもっともwwww

スタンバイしたら、まずは一曲、『ありがとう』を。
やっぱり、アコースティックの時の、みんなでする手拍子が好きだなぁ。
曲とはしぐちさんの歌声と、一体感があって嬉しくなるのです


【セルフライナートークのコーナー】

続きましては、セルフライナートークのコーナー。
wacciメンバーがwacciの楽曲を1曲選んで、その曲について、作った時こうだったよねーとか、こんな風に出来たよねー、みたいなことを語ってくれるコーナーなのです。

今回の楽曲は『Weakly Weekday』

はしぐちさん曰く、なんかね、一週間がでるような曲をつくりたかったらしい。
そしたら「げつよーびはほにゃほにゃはにゃにゃー」みたいなやつね、って誰かが言いだして、けいじくんとはじめちゃんが続けて歌い出して

橋「もういいわ。水曜日もほにゃほにゃはにゃにゃだわ」

と、突っ込んでストップさせるはしぐちさん

ちなみに曲調はね、SMAPの“009”のアルバムみたいな雰囲気の曲作りたくて、おのさんがアレンジを考えたらしいです。
おのさんがギターも弾いてこんなんどう?ってやったんだって

小「へったくそだったけどね」

と、本人は言ってましたが、おのさん結構なんでも器用にこなすよね

後は“はなまるマーケット”にこの曲を使われてたって話で、「はなまるで聴いたことあるって人いる?」って会場に呼びかけられたんだけど、会場誰もおらず

橋「仕事してたら見れないもんね」
始「俺、見てたけどね」
橋「仕事しろし」

でた、はしぐちさんの「しろし」www

というわけで、『Weakly Weekday』の演奏へ。
アコースティックVer.は、久々かも
アコースティックだと間奏の所ではじめちゃんがソロをとるので、はじめちゃんソロ好きな私はこれはこれで嬉しかったり
そいえばさ、サビになると、はしぐちさんが踊り出してギター弾かなくなるから、サビになるとはしぐちさんが弾いてたのがけいじくんにうつるんだねぇ。
っていうのを、今更ながらに気づいて「ほー」ってなってた。←遅い


【ご当地ソングを作ろうのコーナー】

続きましては、ご当地ソングを作ろうのコーナー。
会場のお客さんに、地元にの良いとこを出してもらって、それを盛り込んでご当地ソングを作ってしまおうというコーナーなのです。
しかも、今回はそれを録音して、みんなで聴いてみようぜっていうことに。
今回、サビははしぐちさんがあらかじめ用意してきてて、Aメロ部分に、会場からでた良いとこを歌詞にして作っておりました。

はしぐちさんがね、

橋「今回は凱旋なので、作り込んできました」←小学校の時に一年間だけ高知に住んでた

と言ったくせに、Bメロもサビもパク…オマージュなはしぐちさん
そんなBメロとサビが、こちら

 土佐の高知のはりまや橋が ←高知の民謡?みたいのの1フレーズそのまま

 だいだいだいだいだいだいだいだいだいだいだいだいだーいすきよ
 大好き高知
 だいだいだいだいだいだいだいだいだいだいだいだいだーいすきよ
 ダーリンアイラブユー高知

英語でた
っていうか、サビがモロ広末○子wwww

ちなみに、会場の皆さんで上の部分全部歌いました。笑


Aメロ部分には、龍馬や海の名前や、そういう有名どころなものが色々出てたんだけどね。
はしぐちさんが「あと一つくらい何かない?」って言った時に、最後の最後で「アンパンマン」をぶっこんだのはごめんなさい私です
いや、でも、アンパンマンも高知の有名どころだからさ、ほら、ね

でも、組み合わせて作ってる時にはしぐちさんが「このアンパンマンだけが」とか言ってて、ちょっとだけごめんなさいってなりました。苦笑


間奏のところには、なんかけいじくんが語りを入れるのがお約束になったわけなのだけど、高知では、超チャラい坂本龍馬が登場しました。
しかもさ、今回の曲、民謡調なのに、自分の語りの時は「ヒップホップ調で」とか言い出すけいじくん
いやお前ヒップホップって…みたいな反応をするメンバーに

け「プロでしょ?(しれっと」

君がそれをいうのかwww
けいじくん、そのセリフは、ブーメランだよ。しかも、戻ってくるときの方が殺傷能力高いやつwww


というわけで出来上がった曲のタイトルはこちら

『ぷっちょはんぜよ~攘夷 to the LOVE~』

もう、タイトルからして意味がわからんwww
そして、間奏になった途端、チャラい。超チャラい。でも超面白い。
そして、会場もすげぇノリノリwww

続けてみんなで録音したのを聴いたら、お客さんの声かなりいいボリュームで入ってたよ。
超面白かったよwww


【ドラマチック川柳のコーナー】

このコーナーになると、司会進行がヨコヤンさんへバトンタッチ。

横「日常を ドラマチックに 五・七・五。ドラマチック川柳のお時間がやってまいりました」

やっぱり流暢www

ちなみにこのコーナーは、メンバー5人があらかじめ、テーマにそった川柳を作って来てて。
それを、名前を隠したまま披露し、会場の拍手の大きさで順位を決めよう、というものです。
最下位には、罰ゲームあり

今回のテーマは、『高知ドラマチック』
というわけで、メンバーの川柳はこちら。

「ネタじゃない 住んでた家が スシローに」(はしぐちさん)
「よさこいが 2人をつなぐ 土佐の夜」 (はじめちゃん)
「すきやきが ちっくと辛い きみがいる」 (おのさん)
「スシローで トッサの涙 サビのせい?」(ヨコヤンさん)
「よさこいで もどりそうな恋 多々期待」(けいじくん)

上の順番で披露されたんだけど、最初にスシローが出てきて「これ絶対はしぐちさんだ」とかなってたら、4句目でまさかのまたスシローネタで、会場困惑でした。笑

おのさんの川柳は、パッと見どこが高知?と思ったら、食べ物の“すき焼き”と、高知弁の“好きやき(好きだよ、の意)”がかかってて、おぉなるほど、ってなりました。
あと、“辛い(からい)”と“辛い(つらい)”、“黄身”と“君”がかかってて、「たくさんかかってるからポイントが高いんでしょ?」などとのたまうおのさん。
おのさん、川柳はそんなゲームじゃないから

でも、
「すき焼きが ちっくと辛(から)い 黄身がいる」
「“好きやき”が ちっくと辛(つら)い 君がいる」
の二つの句、どっちも意味が通じてるのは、真面目にすごいとは思いました。

けいじくんの句も、何気に“戻り鰹”と“(カツオの)タタキ”がかかってました。
なんかみんな、川柳のちょっと上達してる。笑

そんな今回の順位は1位から順に
はじめちゃん、おのさん、ヨコヤンさん、けいじくん、はしぐちさん。
というわけで、今回のビリははしぐちさんでした。
…横浜でもはしぐちさんだったなぁ

今回の罰ゲームは、超にが~いお茶、センブリ茶でした。
飲む時にはしぐちさんが「掛け声お願い」とか言ったら、すかさずはじめちゃんが

始「いつものでいい?」

いつものがあるのかよwww

で、何を言い出すのかと思ったら

始「ぽいぽいぽいぽぽいぽいぽぴー

はじめちゃん、チャラいwwww

というわけで、会場全体でぽいぽい言いながら、はしぐちさんはそれを受けながら、一杯ちゃんと飲みきっておりました。
てか、罰ゲームがガチ過ぎて


ラストは、アコースティックVer.で『大丈夫』の演奏を。
座ってまったりと、上半身だけで大丈夫体操もしつつ。
演奏しつつも、「大丈夫」の時に胸の前でちいさく丸をしてるはしぐちさんが可愛かったです
『大丈夫』のアコースティック、けいじくんのギター好きだなぁ。

演奏終了後には、メンバーと会場のみんなで写真撮影をして、増刊号は終了。
退場の時にも、けいじくんに向かって「りょーまー!」言うたったwww


というわけで、増刊号終了~。
終了後は、サイン会だったのですが、私は、電車の時間にあまり余裕がなかったため、最初の方へ

ヨコヤンさんとこでね、「実は今日高松一泊です。もう倉敷まで帰れないので」って話をしたらビックリされました。
実は、大阪より高知の方が行きづらいという事実。笑

けいじくんとは、「龍馬チャラい」以外にいう事が出てこなかった。
「うぇーい」って言いながら謎の握手の仕方をしてくれました

はしぐちさんには、「アンパンマンぶっこんでごめんね」の謝罪。
「いやいや、アンパンマンがなかったら、普通に良い曲で終わってたから」みたいに言ってくれたんだけど、はたしてそれは良かったのか。苦笑
はしぐちさんにね、「前の、wacci荘の時も言ってくれたよね」って言われて、あー、覚えてくれてるんだなぁって、嬉しくなりました。
wacci荘のCM曲作るやつで、「南向き」を言ったんだよね、たしか。

それから、はじめちゃんとおのさんの所では、「岡山行くよー」って言われて、「うん」としか言えなかった睦月さん←岡山の本編行けない
でも、「増刊号は相方さん連れて行きます」の宣言だけはしてきました。
後ね、おのさんには、ハッピーバースデーのお手紙を。
「めずらしいでしょ?」って言ったら「うん」って言われた。笑←いつもはしぐちさんにばかり何かしら渡してるから
ちゃんと、握手の時に「お誕生日おめでとうございます」って、直接言えました。

と言うわけで、帰りがけにあった人たちに「また来週ー」の挨拶をして帰路に。笑
この、誰がどこに住んでるかわかんなる感が、ツアーだなぁって気がします

というわけで、初の高知ワンマンは、増刊号で本気で腹が痛くなるほど笑いました。
…主にけいじくんのせいですからね。あー、おもしろかったwwww


スポンサーサイト

theme : LIVE、イベント
genre : 音楽

Secret

ぷろふぃーる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wacci愛

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ