05
1
2
3
5
16
17
19
31
   

福井樹くんステージ @ 高松

今日の

2015年11月8日(日)

『第24回 皆楽祭』 福井樹 with 永町一樹 LIVE @ 香川高専高松キャンパス

前日が前田さんでね、高松に宿をとってたわけですよ。
そんでね、最近高松来てもトンボ帰りだったから、たまには高松ふらふらしたいな〜と思って翌日はノープランだったわけです。

そしたら、某お友だちのリツイートで、その方が応援してるね、香川のシンガーソングライター 福井樹くんが、香川高専の学園祭でライブするっていう情報が入ってきてね。

…あれ?これ、イケるんじゃね?

思って、今日は福井樹くんに、はじめましてしに行くことにしたのでした。
お友だちのリツイートとかで、前々からよく名前を見かけてたから、気にはなってたんだよね。
今回、グッドタイミングで良かったです




というわけで、朝のんびりとホテルを後にして、そのまま学園祭へ。
でっかい荷物を高松駅のコインロッカーに預けられて良かった。身軽になった←レッスンから直で高松行ったから、めっちゃテキストが入ってて重い

てか、高松駅のから、無料シャトルバス出てるってすごいよね。おかげで、楽〜に、会場までたどり着けました。


相変わらずの心配性で早めに到着したので、おばちゃん一人で…とか言いつつ、しっかり学園祭を満喫してた睦月さん。

科学の不思議

サイエンスフェスタ、とかって、体育館で、科学の不思議体験みたいなブースがたくさんあることがあって、楽しかったよ
ロボコンに出てくるようなロボットの輪投げ対決とか、目の錯覚を使ったものとか、一人でキャッキャしてた。科学の不思議とか、大好き


あとは、到着した時に、野外ステージでは合唱部が発表をしててね。
男性比率が異常に高かったことにビックリしました。そうか、ここは男の子の方が多いんだね。
男性が多めの合唱なんてあまり見ないから、なんか新鮮だったなぁ。


というわけで、お昼頃に、お目当の福井樹くんのステージ。
今日は、サポートでね、永町一樹さんって方が、キーボード弾いてました。本職は、作曲や編曲をする人みたいです。

セットリストは、本人様のツイートから拝借。
1.魔法
2.食卓
3.ふたりごと(RADWIMPS cover)
4.さよなら方程式
5.うそつき。


一曲目の『魔法』の、「このまちーでー」ってサビのフレーズがすっごい耳に残りやすかった。
サビの疾走感、好き。あれはついつい口ずさみたくなるやつですね。

あとね、「一年前に戻れたら 君とやり直したいなぁ」のフレーズと、この部分の歌い方が好みでした。


途中、RADWIMPSの『ふたりごと』のカバーを、これだけはサポートなしの弾き語りで一曲しててね。
歌い出しの所で、あまりに似合いすぎてて、ざわってなったよね。私が←
しかも、RADの中でかなり好きな方の曲ですよ。嬉しかったなぁ
ところどころ自己流にアレンジしてたんだけどね、それもまた雰囲気あって良かったん


四曲目の『さよなら方程式』はね、途中、ラスサビ前かな?伴奏が静かになって、声だけがよく聴こえてた時の歌声が好みだったなぁ。
てか、彼は、声だけでじゅうぶん聴かせられる人だなぁ。

ラストの『うそつき。』はね、ギターのイントロが好みだった。
それから、「僕はずっと僕に嘘を吐いていたい この命が永遠だってこと」ってとこのコトバと歌い方に、なんかぎゅっとなりました。
「不安でしょ?僕も同じだよ」ってコトバも、なんかいいなぁ。

歌声の、一番最後の一音。
ファルセットでまっすぐのびた声がね、決してか細いとかいうわけじゃないのに、綺麗に空に溶けていくような声で、その最後の一音に、今日一心を掴まれました。
すごく、すごく綺麗だと思ったのです


ちなみに、MCでは、「盛り上がっていきましょー、こういうのは最初が肝心なの」みたいな樹くんの呼びかけに、横のお店やさんの学生さんたちがめちゃめちゃノリノリんなってたよ。あー、若さっていいなぁ(おばちゃん発言)


というわけでステージ終わった後、お片づけしてる樹くんに、頑張って声かけにいった睦月さん←お友だちに、声かけてやってー、って言われてたので頑張ってみた
人見知り発動して若干キョドッてたけど、おばちゃん頑張りました。笑


それから、学園祭を後にして、またシャトルバスで瓦町へ下車。
新しく出来てたお店をふらっと見て。
それから、昨日前田さんがオススメしてくれた“うどん棒”で、遅めのお昼ご飯、おいしかった〜

北浜Alleyも、ずっと行ってみたかったの、初めて行きました。いいね、あーいうレトロ感ある雰囲気、大好きです


としてる間に、樹くんが、夕方から高松駅でストリートライブします、って情報がやってきて、その後の私の予定が決まりました。笑

高松駅行ったら、uniTONEがストリートしてて、途中までは3曲交代でやる流れになったらしいです。
uniTONE、名前は地元のライブ情報でよく観てたけど、実物初めて見たよ。どうやら、メンバーの内のお二人だけでやってたみたいで、しかも今日ギター弾きながら歌ってたのは、ドラムの人らしい。芸達者か!笑

あー、でも、曲調好きな感じだったな、また地元のどこかしらでバンド観る機会があると良いな


というわけで、福井樹くん、ストリートライブ。
途中で帰らなきゃかなーと思ってたけど、結局最後まで居た私がいます←16時頃〜18時半まで。
暑くも寒くもなく、ずっと居ても全然平気な気温だったよ。樹くんに至っては、昼に引き続き、半袖でしたよ。笑


RADWIMPSのやスピッツのや、カバーもちょこちょこ織り交ぜながら、オリジナルもたくさん聴けました。
『さよなら方程式』昼に聴いたときはそこまで印象になかったんだけど、ストリートの弾き語りで何度か聴いてたら、歌詞がちゃんと入ってきて、なんか好きな曲になりました。

「それ じゃあ またね」ってコトバが、なんかいいなぁ


あと、曲中に適当にメロディーに乗せて喋ったりとか、よくやってた。
時には歌詞を変えて歌ったりね。即興に慣れてらっしゃる。笑
でも、ただ喋るよりも、聞いてる方は楽しいね、これ

そうそう、前にTwitterの30秒動画で聴いて気になってた『シャッターチャンス』も聴けました。
やっぱこの曲、サビのコトバとメロディーラインが好きだなぁ。


というか、樹くんは、声に表情をつけるのがホントにうまいなぁ、と。
“声が笑ってる”って思った所でがたくさんあって…あ、この場合の“笑ってる”は、“笑顔”とか“幸せそうな”とか、そういう意味の“笑ってる”ですよ?笑
「〜から」とかってコトバの“ら”の発音とか、ってまたピンポイントなこと言いだしましたけどね、なんか、要所要所に、あ、笑ってるな、って思うところがたくさんあったのです。

声に表情があるって、うらやましいなぁ。


途中から、たくさんの人が止まって聴いてたよ。
小さなお客さんもいたな。男の子がね、ずっと樹くんの歌を聴いてて、パパが抱っこして行こうとしたら、ヤダヤダってして離れないの。笑
結局、パパに抱っこしてもらって、そのまま、ずーっと長い間聴いてたよ。
時々手拍子の真似っこして。ぐずりもせず、お喋りもせず、ずっと聴いてたみたい。
よっぽど、樹くんの音が気に入ったんだろうなぁ。可愛かったなぁ

それからね、ずっと前から樹くんを応援しているらしいお嬢さんが途中から来てね、一緒に並んで聴いてた。
目を合わせてにこってしてくれてね、可愛らしいお嬢さんで、萌え萌えしてたのはここだけの秘密です←公言してます


終わり頃には、もう外は真っ暗だったのだけど、駅近くの建物のイルミネーションが綺麗でね、樹くんが「あれキレーじゃないですか?僕、イルミネーション好きなんですよ〜」って、なんなら曲中にまで言い出して、面白かったです。

どんだけ好きなんだwww

でも、確かに、すごく綺麗だったなぁ。私もイルミネーション大好きです


最後は、ギターの弦が二本切れて、それで「そろそろ止めようか」ってなりました。
それがなかったらいつまで歌ってたんだろうなぁ、彼は。やめ時があって良かったね。笑

というワケで、終わったタイミングで間に合ったマリンライナーに乗って岡山へ。
今回は高松たくさんふらふら出来て楽しかったなぁ。バイバイ、またね〜


…と、この時点で、「私、今日、福井樹くんの歌、すっごいたくさん聴いたなぁ〜」とか思ってたのにね。
なんとまぁ、その日の夜に、樹くんがツイキャスもしちゃったもんだから、そのツイキャスまで聴いたっていう、晩まで樹くん尽くしな一日になりました。←オチ

私、今日誰よりも樹くんの歌声を聴いたかもしれない。笑

福井樹くん入門だったはずが、 気付いたらすっごい濃いい一日になりました。
でも、楽しい一日でした。いっぱい歌聴いたなぁ〜




スポンサーサイト

theme : LIVE、イベント
genre : 音楽

Secret

ぷろふぃーる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wacci愛

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ