08
1
2
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

The Time Traverars ステージ @ 総社 宮脇書店

今日のライブ

2015年10月24日(土)

The Time Traverarsとは。
ライブハウスに現れるという“音楽の神様”を探しに、遠い未来から時空を超えてやってきた2人組のユニットなのです。
ショウタくんと、植田くん。トレードマークはサングラス。
…中川翔太さんと植田章敬さんにとってもよく似ていますが、別人だそうですよ。笑


そのThe Time Traverarsが、宮脇書店 総社店に現る、って情報を入手してね。
それで、どのへんなのか調べたら、東総社駅って所から、徒歩18分とか書いてあってね。
それなら、行けるんじゃね?と思って、朝っぱらの皮膚科終わってその足で、電車に乗るため倉敷駅にむかったのね。

東総社が、吉備線乗り換えだとわかってなかった馬鹿がここにいます←
しかも、それに駅の改札通ってからきづくっていうね。
そして乗り換え検索したら、乗り換えの待ち時間的に、東総社まで行ったら間に合わないよねって事が判明。

入る前に気づいたら、いっそ自転車で総社まで行ったのに


仕方ないので、総社駅から歩きました。私の足で早歩きで片道30分弱。
さすがに、ちょっと遠かった
無事、会場の宮脇書店にたどり着いてよかった。笑





会場に着いたら、もう11:15で、演奏してる風じゃなかったのね。
んで、ショウタくんとこにそそっと行ってご挨拶して「一回目間に合いませんでした」って言ったら、「実は一回目まだ始まってないんですよ」って。
どうも、最初だから音響の設定か何かで時間がかかっちゃってたみたいで、これからだったそうです。わーい、やったぁ


というワケで、テントの中にあった イスに座って、まったり1回目〜。

【1ステージ目】

テーマ『物語』
⒈恋するメロ
⒉ラブリー(小沢健二カバー)
⒊アンソロジー

今回、ミニライブで3回ステージなんだどね、その3回を、それぞれ違うテーマでセットリストを組んだらしいのです。
1回目は、“古本”から連想しての『物語』で、選曲したらしい。

あ、ちなみに、曲タイトルは耳で聴いただけなので、すべて正式な表記は不明でございます、あしからず。


1曲目『恋するメロ』は、ダブルアコギでした。
同じとこ弾いてるとこが結構あったっぽいけど、この2人ホント息ぴったりだよね
途中、お互いが顔見合わせてるのとか見て、ほっこりしてました

『恋するメロ』植田くん歌い出しだったのだけど、なんかまた珍しいとか思ってしまった。
The Time Traverarsはショウタくん歌い出しのイメージが強いのは何でだろう。笑


2曲目『ラブリー』は、植田くんだけアコギで、ショウタくんがタンバリンになってました。
そして、そのまま客席の方を歩き回ってお客さんをノセにいくショウタくん。タンバリンに合わせて手拍子手拍子
カバー曲だったのだけど、原曲は知りませんでした。てか、植田くんもショウタくんも、小沢健二さんって世代じゃないよね。

…あ、お2人は未来から来たので世代も何もなかったですね、すみません。笑


3曲目『アンソロジー』では、ショウタくんがアコギで、植田くんがエレキに持ち替えてました。
アコギでイントロ弾きながらショウタくんが喋ってたんけどね、そっからふわっと植田くんのエレキが入った瞬間の音の広がりっぷりが、なんかええなぁって思ったのです。
植田くんのエレキかっこいいなぁ

でもって、この曲好きだから聴けて嬉しかった。
「アンソロジー」「アンソロジー」って掛け合いのところの雰囲気がすごく好きです。綺麗だよね。
あと、最後のハモりも綺麗
Aメロらへんの雰囲気も好きです。てか、全体的にこの曲好きです


というワケで、終わった後、タイトラの物販ブースがあったので、そこに寄ってお2人はとお話してもらったり。
物販にミニミニけん玉があったので、ショウタくんに「これでも出来る?」とたきつけたら、「出来るでしょ」ってけん玉披露してくれたよ。
明らかに本体に比べて玉が大きかったんだけど、それでも、ちゃんと剣先にさくっとさせちゃうあたりがさすがですよね

後ね、お隣のブースがカレーを売ってたので、お昼ご飯にカレーを食べました。

横丁カレー

横丁カレー。
サービスでさやつきの黒豆をくれたので、それもカレーに入れて食べちゃった。豆も美味しかったです。へへ
てか、今日は古本やらライブやらカレーやらって最初から告知に書いてあったので、カレー食べる気満々だったよね。笑

宮脇書店の中も、ふらふら。何気にここは初めて来ました。
ヒロシゲマエっていうのも店舗名?ブース名なのかな?宮脇書店とヒロシゲマエが、ひとつの建物で繋がってるわけか。
ヒロシゲマエの方には、少し雑貨めいたものが置いてあって、見てて楽しかった。雑貨とかステーショナリーとか、大好きです

というわけで、ふらふらしてから、今度は2回目〜。


【2ステージ目】

テーマ『ごはん』…だったかな?
⒈タイムトラベラー
⒉焼いた魚の晩ごはん(カバー)
⒊電撃のラブソニック


1曲目『タイムトラベラー』の、「ダンス ダンス ダンス」のとこの、3回目の「ダンス」の歌い方がツボです←またピンポイントなことを言い出した。

今度は、3曲とも植田くんがエレキだったかな?どーだったかな?
いや、あの、とあるショウタくんのインパクトに色々持って行かれて記憶が

あとね、2曲目の『焼いた魚の晩ごはん』って曲は、神奈川のかもめ児童合唱団だっけ?なんか、そういう合唱用の曲らしいです。
最初、ショウタくんがMCで曲の紹介してたんだけどね、なんだか少ししどろもどろで、植田くんに、今日どうしたの?みたいに突っ込まれておりました。笑
そして、その後植田くんがそつなく曲紹介をこなすの図。面白かった

この曲が、子ども目線の歌詞でね、てか、タイトルからして子ども目線だよね「焼いた魚」って言い方がさ。
「お母さんも昔子どもだったの?」「私が生まれた日はどんなだったの?」って感じの、子どもがお母さんに問いかけてるような歌詞がね、すごく素敵で、じんわりしたの

植田くんの音がふんわりしてて、ショウタくんがアコギでイントロのメロディー部分弾いてたのが、なんかえぇなぁって思ったのです。
てか、こういう優しいの、2人とも似合う。また歌って欲しいな、この曲


で、問題の3曲目。笑
まず、ここで「そろそろ踊りますか」をやるとおもってませんでした←
というわけで『電撃のラブソニック』
まずは、ショウタくんのお手本から、だったんだけど…もう、ショウタくんの腰のひねりっぷりが完璧すぎてwwwww

ちなみに、手の振りだけだけど、ちゃんとやりましたよ。てか、実は何気にこの振り好き。やるのに若干の勇気を要するけど

そして、そのままショウタくんがマイク持って、ステージ前の広い所に出てAメロ歌ってたんけど、歌いながら、しっかり踊ってたよね。
てか、私、ここんとこのショウタくんのダンス好きやわ、「もう少し」とかあの辺の振り、めっちゃ楽しい


そしてそして、2番まで終わっての間奏の所で、おもむろにけん玉を取り出し、リズムに合わせて“もしかめ”やりながら前に歩いてくるショウタくん。

そして、そのまま曲中にまさかのショウタくん、けん玉で大技披露のお時間に。今?ここで?

あの大技…は、“つるし飛行機”かな?←調べた
なんか、ネットで技検索したら “とてつもない技”の項目に載ってたんだけど。笑

で、それが中々成功せずに、「もう一回 もう一回」ってみんなの手拍子&応援を受けて何度かチャレンジしたんだけど、それでもなかなか決まらなくて。
その度になんとも言えない表情をするショウタくんが、ごめんちょっと面白かったです

でも、多分根っからの負けず嫌いっぽいショウタくん、ちゃんと最後は成功させました。
いやもぅ、それだけですげぇよ、マジで。
けん玉5段、頑張った


とまぁ、そんな事があったものだから、2回目の印象、ほとんどショウタくんに持って行かれましたよね。
いやーもー、おもしろかった。笑った〜

ちなみに、終わった後でショウタくんに、あの技の成功率聞いてみたら、「五分五分くらいなんだけどね」って言われてました。
今日、ほんとビックリするくらい決まらなくて、本人も焦ってたみたいである。笑


といった所で、レッスンがあるので、3回目は見られず、お二人にご挨拶して、会場を後に。
セットリスト、ほぼ同じかな〜って思ってたから、まったく違うやつが聴けて嬉しかったのです。
オリジナルも4曲聴けたよ〜。好きな歌も聴けたよ〜

へへ、楽しかったです。
その後、また総社駅まで歩くのはちょっと大変だったけど、観に行けてよかったぁ〜
スポンサーサイト

theme : LIVE、イベント
genre : 音楽

Secret

ぷろふぃーる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wacci愛

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ