07
3
4
6
8
9
11
12
13
14
15
20
21
22
23
24
26
27
28
29
30
31
   

緒方恵美さん『HALF MOON 2015』 @ 大阪

おがたさん

2015年8月9日(日)

緒方恵美アコースティックライブツアー『HALF MOON 2015』 @ 大阪 心斎橋SOMA

緒方恵美さんに“会いに”行くのは、一体いつぶりだろう?
もう、10年以上前の事だと思うなぁ。当時の私は…高校生だったか、短大生だったか…。

緒方さんを知ったのは中学校の時。“幽☆遊☆白書”が、大ブームだった最中である。
声優を知ったきっかけも、アニメに興味を持ったのも、自分のおこずかいでCDを買ったのも、サポーターズクラブに入ったのも、ライブ遠征もツアー(旅行)参加も、全部全部、緒方さんさんが“はじめて”でした
私の“はじめて”奪いすぎですよ、緒方さん?

今回、このイベントを見つけたのは、実は、たまたま、だった。
別のライブで、日曜は大阪に行こう、と決めてから後、ご本人のTwitterの呟きで知ったのでした。
しかも、その別のライブの目当ての時間は夜で、緒方さんのイベントは昼。
(別のライブは、昼過ぎから始まりはするのですが、観たい方の出演時間が夜だったのです)

コレは、逃してはいけない、気がする…!

というワケで、木曜日に決断し、前日にチケット発券して行ったのでした。





朝、昨日からの引き続き 名古屋のお宿でお目覚めです。
チェックアウトのギリギリまで、メイクしてるわち友さんを横目にノーメイクで時間を持て余す睦月(男性ポジション)

宿を出るとき、宿のおじちゃんおばちゃんと少しお喋りしたんですが、「20歳くらい?」と言われて、非常にまんざらでもないよね、だった睦月です。
すみません、今日も元気に年齢詐欺です

名古屋駅で、関東へ行くわち友さんと「お互い良い1日にしようね~」とお別れし、一路大阪へ。
会場付近に行ったら、たくさん人が並んでいるところがあって、「あ、あれだわ」と、即把握(笑)
並んでる間も、なんだかいつもとちょっと様子が違うのもあり、なんだかそわそわしてました。
なんだろう、この、昔の恋人にでも会いに行くようなそわそわ感

1人で参加だったのだけど、ドリンクの引き換えに並んだ時かな?近くにいた方とちょこっとお話して、そのまま近くで一緒に観てました。
お互いほとんど何も聞かずだけど、こうやって近くにいた知らない人ともなんとなくお話が出来る空気って、あったかくてありがたいね。

会場内はスタンディングで、300人近く入られてたみたい。
直前で決めたため、ステージはほとんど見えず、主に生音を聴きに行ったような感じだったけど…それでも、確かにそこに緒方さんが居ることを感じられて、嬉しかった

時々、人の隙間から、顔だけ見えたりもしたんだよ。(髪の毛が)金色で、かつライティングされてるから、緒方さんの顔がまるで満月のようにはっきり浮かんでたよ。わかりやすい(笑)

今回のイベントは、前半は、一人二役のナレーションドラマの合間に曲を歌うスタイルで、後半は通常のライブスタイルでした。

最初、『HALF MOON』のイントロが流れだしただけで、なんだかすごく懐かしくなって、既に泣きそうな気持ちになってたり(笑)

“HALF MOON”は、緒方さんがご自分のアルバムを出すよりも前に、何かの企画のひとつとして発売されたミニアルバムのタイトル。
当時中学生の私が、自分のおこずかいで買ったCDでした。
このミニアルバムがね、曲の合間合間に一人二役のドラマが入ってて、アルバム通してストーリーが進んでいく形の物だったのです。

前半は、このミニアルバムの曲が多めで、でも、合間の登場人物、ストーリーは、今回のオリジナルの物でした。登場人物は、満月さんと、新月くん。←どちらもあだ名呼び
でも、でもね、私にとってはやっぱり、かつて大好きだった、“さくらいみなつ”と“彼”の、その後のように感じられて。

満月さんの手紙から始まったストーリーに、懐かしい彼女の声に、なんだか涙がぶわっって出てきて…しょっぱなっから泣くとは…いや、思ってたけど、やっぱりヤラレたなぁ
そして何年たっても、良い意味で、“変わらない”
何年たっても、その時のままの登場人物たちが、ステージの上でよみがえるのです。
…演ってる人間は、確実に年を刻んでいるはずなのに、それでも変わらないって言うのは、一体どういう仕組みになっているのだろう、緒方さんの声は(笑)

ストーリーを進めながら、そのストーリーに鮮やかに沿って曲が始まって。
『HALF MOON』『満月のメッセージ』『三日月の栞』『HIKIGANEをひけ!』『ENDLESS LOVE』懐かしい曲がたくさん聴けて、胸がいっぱいになったよ。
私にとっては、どの曲も、大切な大切な曲なんだもの

“HALF MOON”以外のアルバムからも、結構前のアルバムに入ってた曲もたくさん歌ってて、それも嬉しかったな。好きな曲、たくさんたくさん聴けたよ。

あぁ、やっぱり私、この人の声、好きだなぁって


そして後半は、通常のライブのターン。
MCになったとたん、やっと喋れる、といわんばかりにペラペラと喋りだす緒方さん。
うわーうわーうわー、やっぱり変わってねぇこの人www←良い意味で

というわけで後半は、思う存分喋りながら、新旧いろんな曲を歌ってくれました。
実は新しい方のアルバム2枚は持ってなくって、曲も知らない状態だったんだけど、会場のレスポンスに乗っかって普通に馴染んできちゃいました。
新しく、好きな曲も出来た

今日はアコースティックスタイルのライブだったけど、カッコイイヤツも歌ってくれたよ。『ジェラシーの痕跡』とか、懐かしかったなぁ。
洋楽のデュエットのカバーも一曲歌っててんけどね、それを、まず、Aメロ~サビまでを、直球で砂を吐くような和訳して聞かせてくれて、「意味を知ってから聴くと、ちょっと面白いでしょ?」なんて言ってたよ、緒方さん(笑)

でも、manzoさんとのデュエット、すごくステキだったなぁ

後半の頃にね、緒方さんが、あまり過去を振り返らないって話をしててね。
でも、昔の友人たちと見る丘の景色は、ただ昔を懐かしむだけじゃなくて、その人たちと、ここから先を景色を一緒に見るためなんだ、って感じのこと言っててね。

緒「ちょっとだけ休んでから、それからまた進んでいきましょう。ちょっとだけね(笑」

っていう緒方さんのコトバが、すごく、緒方さんらしいなぁ。って、思った。

なんだか、私にとっては、今日のこの時間が、あの丘の上からみた景色だったのかなって。
懐かしくて、あったかくて、でも、この時間があったから、またこの先にも進んで行けるような。

そんな、時間でした


アンコール終わって、時計見たら結構な時間になってて。
会場はまだ二度目のアンコールをしてたけど、客席照明がついてBGMがなり出したので、私はそのまま、会場を出たのですが…
どうやら、あまりに鳴り止まないアンコールに、急遽予定のなかったダブルアンコールをしたようでした。
(物販でCD買ってたら、中から緒方さんの声が聞こえてきた)

私の中で、客席の照明が点いたら会場からの終わりの合図、と、その段階で諦めるのがお約束になってたので、今日の熱気は、なんだか新鮮でした。


久しぶりの、本当に久しぶりの、緒方恵美さん。
会いに行けて良かった。あの人が変わってなくて良かった。
私にたくさんの世界を見せてくれた人。
ありがとうございます、やっぱり貴女が、ずっとずっと大好きです


と、なんだか感傷にひたりつつも、足は既に次の会場へと向かっているわけで。
飲み込まれたまま、まだ少しぼんやりとしている頭を切り替えて、いざ京橋へと向かったのでした。

かってきたー
スポンサーサイト

theme : LIVE、イベント
genre : 音楽

Secret

ぷろふぃーる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wacci愛

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ