10
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

夏休み!青春18わっちツアーファイナル wacci 3rdワンマンライブ

201309041715.jpg


9月4日(水)  ※自重しません(訳:長いよ?)※

wacciの3rdワンマンライブ、“夏休み!青春18わっちツアーファイナル wacciワンマンライブ「君の夏はどこなの?ここでSHOW!」@渋谷クラブクアトロ”に、行ってきました

…タイトル長ぇなぉぃ(笑)

先日、Twitter上でwacciファンの人たちの暖かいツイートがどんどん広まっていった現象があって、それがきっかけでたくさんのワチ友さんとTwitter上で繋がることが出来て…。
ライブ前に、その中の数名の方と、お会いすることが出来ました
最初から最後まで1人だと思ってたので、本当に本当に、嬉しかった。ライブハウス自体、地元の決まったとこしか行ったことなくて、渋谷ってか東京一人歩きもほぼ初めてで、本当はすごく不安だったんだ(苦笑)

それから、入場になって、まずは物販でグッズ購入。
ワチ公タオル、ゲットしました、もちろん。思ったよりも肌触りの良いステキタオルでビックリですよ
そして「ウィークリーウィークデー」2枚目購入(笑)…だって、サイン入りポスター…欲しいじゃん…
いいの、自分ルールでね、2枚まではいいことにしてるから。1枚は布教用、1枚は自分用。
その時一緒に居た人は、「夏休み/誰ニモマケズ」すでに3枚持ってるとか言ってたなー…(遠い目)

それからホール内へ、比較的前の方へ立つことができました。
ステージ上には、wacci吹き出しのワチ公の大きな旗?幕?が中央に飾ってありました、周りはライトだらけで、シンプルだけど、なんかすごくスタイリッシュでかっこいいステージだった。
始まるまでの間、ステージをじっと見つめながら、「もうすぐ始まる」というドキドキと、「これでツアーが終わっちゃうんだ」というドキドキで、もうワケがわからなくなって泣きだす始末
まだ始まってもないのにね(苦笑)

それから、音楽が流れてメンバーが登場。拍手ではなく客席の手拍子で登場になりました(笑)
メンバーが1人ずつ出てそれぞれ楽器を構えて行って…最後に橋口さんが出てきた時が、私の涙のピークでした。
……ごめんなさい橋口さん好きすぎで


そして、ついにツアーファイナル、ワンマンライブがスタート。
本日のセットリスト
1.ここからはじめよう
2.おつかれさん
3.褒められたくて
4.会いにいくよ
5.君を見送る
6.ありがとう
7.ケラケラ
8.夏休み
9.まっぴら
10.Weakly Weekday
11.誰ニモマケズ
12.ドアあいてるよ
13.東京
en
1.君とシチューを食べよう
2.サヨナラ

…MCの位置は、記憶勝負です。後、レポの内容も完全記憶勝負なので、間違ってる所があったらごめんなさい

1曲目“ここからはじめよう”
記念すべき1曲目、きっとたくさん話し合って、やっぱりスタートはこれにしようってなったんだろーなぁと妄想(笑)まさにスタート!って感じの始まりでした。
そしてしょっぱなからけいじくんのギターテンションMAX
…実はうっかりはじめちゃんパートを歌ってしまいそうになる睦月さん。はじめちゃんハモリの曲、実は結構多いんだね。

2曲目:“おつかれさん”
って、2曲目にこれって思ったのは私だけやろか(笑)
何気に、この曲私、ライブで今日初めて聴いた気がします。「なんなんでしょーぉ!」を言うのは知ってたんですが、「おつかれさん」も言ってよかったのかな。いや、言ったんだけど(笑)
「なんなんでしょう」いつか言ってみたかったの、すごい嬉しかった。
そして橋口さんの「ちょー」が可愛かった、やたらめったらかわいかった

最初のMCのメインネタは、ツアータイトルについて。けいじくんのターンでした。
けいじくんが「○○はどこー?!」と言うたびに、客席で「ここでしょー!!」を言うという簡単なお仕事(笑)
全部で3回か4回かくらい、「ここでしょー!!」言いました。けいじくんがめっちゃ楽しそうで、私も言うのが楽しかった~

3曲目:“褒められたくて”
この曲もライブで初めて聴いたー!ってか、初めて聴く曲のがまだまだ多いから当たり前か。
私が最初に買ったCDがウィークリーウィークデーだったので、初めてCDで聴いた曲がコレでした。
曲に入る前のタイトルコールが、なんかね、かわいかったの。うまく言えないけどなんか言い方が可愛かったの

4曲目:“会いにいくよ”
この曲の最初のギターが好きーっ!!
そして、ラスサビ前の「君を諦めない」が、やっぱりかっこいい。橋口さんめちゃかっこいい。
最後の「会いにいくよー」も、優しくて大好きです

5曲目:“君を見送る”
いや、いいんだけどね。“会いにいくよ”歌った直後に“君を見送る”って、それをつなげて考えたら、なんかすごい並びだよなぁと思ったのは私だけか?いや、いいんだけどね?
私が最初に、「いいな」と思った、きっかけの曲でした。やっぱり歌詞がすごく好き。それから、最後の「ありがとう さよなら」の、「さよなら」の歌い方がもうドツボ過ぎてってまたピンポイントな事言ってますねスミマセン。

…で、せっかくバラードでしっとりしめたのに、その後のMCで、「みなさん、トイレは大丈夫ですか?」で自ら雰囲気をぶち壊す橋口さん(笑)
「wacciは生理現象も応援します」……応援されても困るがな。
しかも、結構長いことトイレについてアナウンスしてましたよね。もうおっかしくておっかしくて(笑)


で、ここから、ちょっとアレンジを変えて…と、楽器チェンジ。
けいじくんがエレキ⇒アコギへ、小野さんがベース⇒ウッドベースへ、はじめちゃんがキーボード⇒鍵盤ハーモニカに(笑)…ちなみに私はピアニカ(商品名)の方が馴染みがあったりしますが。
いや、ピアニカは、予想外でした、すっごく。あ、でも、黒のピアニカ、かっこよかったなぁ…
という楽器編成で、2曲披露。

6曲目:“ありがとう”
アレンジがめっちゃ変わっててビックリした。このツアーで、何度も聴いたこの曲なのに、初めて聴く曲みたいに新鮮な気分でした。
この曲のサビ、聴くたびに、それは私が言いたいことだと思ってしまいます。
「ありがとう ねぇ僕はどうしたら返せるかな? 抱えきれない程たくさんの嬉しかった贈り物」
本当にどうしたら返せるんですかね?少しでも返せてますかね?

7曲目:“ケラケラ”
ケラケラまた聴けたーーーーーーー!!!
私の中でこの曲って、橋口さんのアコギ弾き語りの方がイメージが強いんですが、語りかける感の強い泣かせてくれる弾き語りと違って、バンドVer.だと、なんかすごく幸せ感が上がります。なんだか、素直に笑顔になれるような演奏。
後半の「らーらーらーら♪」も、みんなで歌うの、嬉しかった。ホントに大合唱になって、嬉しかった


8曲目:“夏休み”
そして、いつもの楽器にまた戻ってからの、夏休みへ…。
この曲、ラストの方へ来るんだと勝手に思ってたから、ここで出てきたのにちょっとビックリ。
ホントに、なんかいろいろ予想を裏切ってくれるセトリで、おもしろいなぁ…。
夏休みに入る前の、橋口さんの語り。この夏の間、何度か聞いた、橋口さんのコトバ。私の夏は、本当にこの曲と、それから橋口さんのコトバとずっと共にあった夏でした。…って、語りだしたら止まらんなこれは(苦笑)
実はこの曲の時に、サプライズ企画を立てられた方が居て、「夏休みの時に蛍ライトをつけよう」っていうのに乗っかって、私もライトを購入して行ったんでした。Twitterで回ってきた時に、即食いつきましたとも(笑)
で、1番のサビに入った時にライトをつけたんですが、思ったよりも明るかったのにちょっとビビってしまって、少し手で覆ってる形で持ってしまいました(苦笑)
それでも、ステージからは蛍みたいに見えたのかな、どうだっただろう…。少しでも綺麗に見えてたら、いいよね

9曲目:“まっぴら”
バンドVer.でまっぴら初めて聴けたー!橋口さんギター弾かないので動く動く(笑)
ステージ右側行って「告白したら 笑われた~」って歌いながら客席に向かって「お願いします」の手を出したり。
ステージ左側では「おやすみの文字とZZZZ~」で、振り付きで歌ってたり。…客席でも「ZZZZ」の時に振りしてた人が居て、あ、あれかわいいなぁ~いいなぁ~って思ってしまった。今度私もやりたいっ!
…しかしあれだね、客席「まっぴら~」歌ってるんだけど、もとのキーが低いから、音量的に若干盛り上がりに欠けててちょっと笑えました。お客さん女の子が多いのに、なんか「まっぴら~」が野太く聞こえて…

10曲目:“Weakly Weekday”
いやもぅ、最高の全力の「悪ふざけ」でしょうこれ←褒めてます
曲始まる前に、女性の声で「二の腕ダンス、やせないんですけど~」っていうクレームの電話の音声から始まっての、「二の腕細くなりました」系の感動のお声の電話がありーの、…あと、何気に橋口さんが台詞喋ってる音声もありませんでした?最後の方に、ちょっと声作ってるヤツ…たぶん橋口さんだと思うんだけどなぁ…。
という音声の後、「効果には個人差がございます」のアナウンスで爆笑。
そこから曲がスタートしたもんだから、もうそりゃ客席も湧くよね。しょっぱなから全力で二の腕ダンスでした。今までで一番動けた!めっちゃくちゃ楽しかった
本日も、祝福のギターけいじくんがノリノリでした。てか、もうソロはほんっとよく動くよねけいじくん。なんどか黒子さん的にスタッフ出て来て、コード直したりしてたよね(笑)もうね、かっこいいしかわいいしで(笑)
そして、間奏の時に、後ろ向きでなんか踊ってる気な橋口さんがめっちゃくちゃかわいかった。なんか、後ろ向きでふりふりしてたらしい、私の所からはふりふりしてる部分は見えなかったけど、たぶんしてるのかな~って感じは感じとった(笑)
いやもぅ、後ろ向きで腰に手を当てて踊ってる時点でもうかわいいったらね。もうね、なんなのこのかわいい生き物は!!

11曲目:“誰ニモマケズ”
そのままの勢いで、今度は「走れ走れー!」の大合唱。
もう、演奏してるメンバーもめっちゃくちゃ楽しそうで、相変わらず小野さんの笑顔がもう全力で笑顔で(笑)
客席も「走れ走れー!」言いながら、腕をあげたりして、それが周りにも広まってったりして。
そして、最後のはじめちゃんの全力カウベルがやっぱりかわいかった

12曲目:“ドア開いてるよ”
誰ニモマケズで最高潮になった会場テンションを、ほんの少しだけクールダウンする“ドア開いてるよ”。でもこの曲も「シャララララ」の掛け合いがあって、また会場みんなで大合唱でした。
こうやって見てたら、結構掛け合いがある曲があったんだね。思ってたより多くてちょっとビックリしたよ。
「そうノックはいらない いつでもいい ドアは開いてるよ」のフレーズがなんか、本当にwacciっぽくて、すごくお気に入りです


そして、「次で最後の曲」のアナウンスがあって、会場から「えー」の声。私も言いました、てか、言えました(笑)
周りの目を極端に気にする自分が、あんなに素直に、笑ったり、「いえー!」って言ったり、「えー」って言ったり、出来ると思ってなかった。なんだろう、ホントにね、対話してるような気分だった。いやもちろん妄想なんだけど(苦笑)

13曲目:“東京”
wacciのみんなが、大切に大切にしてる曲。このツアーでも何度か聴いた曲。
だけどね、東京の地に居て聴く“東京”は、特別だった。なんだろう、「あぁ、私本当にここに来れたんだ」っていう、感慨深い感じって言うか、感動って言うか…なんか、胸が詰まる何かが合って…。
きっと泣きそうな顔して、聴いてたんじゃないかぁ、私…。
特に2番の歌詞が、心にやさしく突き刺さる。…って変な表現だけど、でもほんとにそんな感じ。


いや泣かなかったんだけどね。
wacciのライブって、私ライブ中はたぶん泣かないだろーなーってことがなんとなくわかった(笑)
あのwacciの5人が作る幸せな空間が、お客さんたちのあったかい空間が、そしてたまに雰囲気ぶち壊して笑いをかっさらってくれる橋口さんのMCが、私を泣かせてくれない。
あの空間では、『独り』じゃないから。たぶん泣けないくらいの幸せオーラで満ちてるんだと思うんだ。

曲の最後で、音がフェードアウトした後、メンバー全員がジャカジャカと音をかき鳴らして、その音がだんだん大きくなって大音量になってきて…。
あの最後の音には、きっとメンバーの全力でこのライブにかけた想いが、詰まってたんじゃないかな、って思った。これでラストだよって、全部出しきろうって、想いが。…いや私の妄想だけれども。


そしてwacciメンバー、退場。
…なんだけど、まぁもちろんアンコールがありますよね。
みんなでアンコールの手拍子して、ほどなくして、wacciの5人がステージに戻ってきてくれて。

それから、橋口さんから、報告がありました。「とあるCMソングに、決定いたしましたー!」
その瞬間会場が湧いたよね。私はというと、すかさず、「それ、全国区ですか?!」と突っ込みたくなった地方組です。ホントに叫んでみればよかったなぁ…。でも、あそこで発表するってことは、きっと全国区だと信じたい。全国区だよね!ね!!
まだ情報公開はできないから、「とあるCMソング」としか言えないそうです。情報公開できるのっていつなんだろうなぁ~。もーすごい楽しみだなぁ~

というワケで、その曲を歌うね、と橋口さん。
個人的に、曲に入る直前の橋口さんの「いくね?」がかわいくて、めっちゃくちゃドツボでして、「あぁぁぁああああああもぉぉぉーーーーーなんなのこのかわいい生き物ぉぉぉーーーーー!!」ってなってたんだけど…。たぶん私だけじゃないはずだ。

そして曲の歌いだし。
「君とシチューを食べよう♪」…………いや橋口さん、それ絶対シチューのCMですよね?!

というワケで14曲目:“君とシチューを食べよう”(笑)
はじめて聴いた曲でした。…が、むかーしのブログ記事に載ってたセトリに“君とごはんを食べよう”ってタイトルの曲が合って、おそらくそれじゃないのかな~と、推測してました。いや聴いたことはないんだけどね。
やっぱり、ごはん⇒シチューにマイナーチェンジされた物だったようです。
歌いだしから、もう曲中にあったか幸せオーラが溢れてて、すごくすごく、好きになりました
この時に1回聴いただけだから、正直ね、もうそんな詳細にメロディーは覚えてないんだ。だけどね、メロディーや歌詞の雰囲気と、なによりもその曲を聴いた時に、すごくあったかい恋しい気持ちになったことは覚えてる。
まだまだ暑い季節なんだけど、この曲聴いた時にね、冬の寒さとシチューのあったかさが、なんだかすごく恋しくなった。冬の雪が積もった地域のイメージが頭の中に膨らんできた。
やっぱり私は、橋口さんの紡ぎだすメロディーと歌詞が、大好きだ。

これが、CMで流れるんだね。テレビからたくさん、wacciの曲が、橋口さんの歌声が、流れるんだね。
って今文字打ってるだけで泣きそうだよーーーーーあーーーーーーーーもーーーーーーーーー!!
早く、聴きたいな。いろんな人に言ってまわりたいな。


そしてこれが正真正銘のラスト。15曲目:“サヨナラ”
これも、CDに入ってない曲で、初めて聴きました。
実は、サビの部分の歌詞だけは見たことがあったのね。それを読んだ時には、がっつり哀しい系のバラードかなって思ったんだけど。

…実際の曲は、超アップテンポのノリがいい曲でした

そうか、そういう感じだったのか。それで前のいつかのライブでも、セトリの最後にこれが来てたんだ。
客席のみんなで、サビの「グッバイさよなら」をまた大合唱。
橋口さんの「英語と日本語は混ざり合った複雑な言葉を、みなさんはうまく言えるでしょうか?!」的なアナウンスに笑いながら歌いました。言えるっつの(笑)
サビの「グッバイさよなら」に入った時に、前の数名の子が、手拍子から手振りに変えてたのを見て、「あ、なんかアレいいなぁ」って思って次のサビから便乗して手振り。…と思ったら、私以外にも手振りに変えた人が周りにたくさん居て。
……気づいたら、いつの間にかサビで周りみんなが手振りをしてて

なんだろう、わぁ~っと広まっていく感じが、すごくうれしかったし、たのしかった
会場の一体感が、ハンパなかった。ホントに楽しかった。ラストのサビのあの瞬間、本当にね、ステージと会場の境い目がわからなくなったんだよ。wacciのみんながブログで言ってた「みなさんが作り上げたステージ」ってたぶんこういうことなんだなぁ…って、思った。


そうして、今回のツアーの全曲が終了。
最後に、wacciのみんなが一列に並んで手をつないで、マイクを通さず地声で、「ありがとうございましたーー!!」の一礼。
……この時、橋口さんの悪ふざけが発動。隣のヨコヤンさんとつないだ手を、友達繋ぎからゆっくりと恋人繋ぎに変えて会場に笑いを起こしてました。
ヨコヤンさんがもうなんとも言えない微妙~な表情をして笑っていたのがまた面白かった

そしてついに、wacciのみんながステージから去り…。
ダブルアンコールあるのかなぁどうなのかなぁ…と思ってたのですが、やはりなかったようでした。
でも、ステージが終わった後、BGMで“誰ニモマケズ”が流れて来て、会場のみんながそのまま一曲終わるまで、歌と掛け合いと手拍子を、続けました。
私も手拍子しながら全部歌ってた、ごめん。いや、もう生歌じゃないし、別に歌っても怒られないかなぁと思って。

…ライブの後って、歌いたくなるやん?(笑)

そうしてその一曲も終わった後、「あぁ、本当に終わったんだなぁ…」と一瞬思って…
それから初めて、時計を見たら21時であった事に驚愕して(苦笑)←帰りのバスの時間にギリ
今回お会いしたワチ友さんに一言ごあいさつだけして、急いで会場を後にしたのでした

会場出るときに、ロビーに飾ってあった夏っぽい飾りとwacciメンバーのメッセージ、それからカレー部部長の活動記録(笑)だけは、ちゃっかり見てから帰りました。
入る時には、気づきもしなかったんだ。せっかくwacciやスタッフのみなさんが一生懸命考えて、飾り付けてくれた“おもてなし”だったのにね。
もう、緊張してドキドキして、視界がすごく狭くなって、前しか見えてなかった(笑)
でも、帰りに見られて、そこでもあったかい気持ちになれて、これはこれで、嬉しかったのです。



なんか、細かいことを忘れない内に…って、必死で思いつくまま書いたからえらいことになってるな。
だけど、時間がたってしまうと、人間ってどうしても忘れてしまうから。幸せだったこと、楽しかったことを出来るだけたくさんたくさん、書きとめておきたかったのです。

…そんなだからいつも、ブログ書くのに何時間もかかるんだよ私は(苦笑)


楽しかった、幸せだった。
長い時間、wacciのステージを観られたこと、その場に居られたこと。
wacciと、スタッフのみなさんと、会場のみんなと、作り上げたあの空間が本当にあったかかったこと。
小野さんの、楽しい曲を演奏してる時の最高の笑顔と、切ない曲を演奏してる時のなんとも言えない微妙な顔と(笑)
はじめちゃんの、キーボードメインの時にはいつもリズムに合わせて口が動いてる所とか、全力カウベルや、ピアニカがかわいかったり。
ヨコヤンさんは実は私の位置からは橋口さんの陰になって姿は見えなかった(苦笑)のだけど、ドラムの音だけは体中に響いてきました。ドラムソロがめっちゃくちゃかっこよかってその時ばかりは釘付けになりました。
けいじくんの、本当に気持ちよさそうに、ギターソロを弾いてる姿とか。あちこち動き回っちゃう所とか(笑)
橋口さんの、コトバ、歌声、表情。会場を笑わせてくれたり、ノセたりしてくれるMCとか。間奏でギターに集中すると、途端に険しい顔になっちゃう所とか(笑)いちいち振りがかわいかったりとか。

語りだすといくらでも出てくるのわかってるので、このへんでやめておこうね。
「ありがとう」「嬉しい」「幸せ」「楽しい」「あったかい」「好き」たくさんの気持ちと、たくさんの涙と、一生モノの幸せな時間を、本当に本当にありがとう。

wacciが、橋口さんが、大好きです。会えてよかった
スポンサーサイト

theme : LIVE、イベント
genre : 音楽

Secret

ぷろふぃーる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wacci愛

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ