FC2ブログ
   
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

wacci 配信ライブツアー #4 @ 東京

wacci

2020年8月19日(水)

wacci Streaming Live Tour 2020
#4 YELL編 @ 東京 LIQUIDROOM


配信ツアー、wacci荘編を間に挟んでの、ツアー4本目。
今回は『YELL編』ってことで、応援ソングを集めたセトリでした。
事前公開のセットリスト見て既に最高かと思ったよね
めちゃめちゃ久々に『晴れるから』が入ってたの嬉しかった晴れの国の民

ツアーも今回から後半戦になるんだけど、ライブ開始前のアナウンスがネタが増えてたー!
こないだのwacci荘編の洋子ママの発言が、取り入れられててワロタww
いやね、盛れてるの客観的判断、難しいのよ。
客観的判断が出来るくらいなら、ドハマリ現在進行形じゃないわけですよ。という開き直り

「急な腹痛」が、このあっつい時期ならではな感じの取り入れ方で良いと思います。笑

という訳で、私のwacciライブ参戦141本目。
ライブスタート!




セットリスト
1,坂道
2.ヒーロー
3.晴れるから
4.ワンセット
5.wallflower
6.それに笑えば
7.大丈夫
8.僕らの日々
9.今日の君へ
10.リスタート
11.群青

もう登場の時点から、ステージのライティングが綺麗。
セピアっぽい色味で楽器が映ってる感じがカッコイイ。
みんなが登場した後の、はしぐちくんの最後のお辞儀がやっぱ好き
てか、準備してる所からカッコイイ。
そして、ライブ始まったら、みんなよーーーうごく。笑
さすがエール編って感じの動きっぷりでした


と言うわけで、『坂道』からスタート。
青系のよく動くライティングがカッコイイ!
そして最初の全員での「うぉうぉ」もカッコイイ!!

配信だからこそよく見えたけど、ヤンさんのハイハットさばきが一貫してかっこよいわ、この曲。
そしてはしぐちくんはエール編ならではのエレキからのスタート。
てか、この曲始まり、47ツアーのライブ思い出すなぁ…。

ハモリがよく聞こえたのも嬉しかった-
「ぃえいぃえい」の直後のおのさんの良いお顔も素敵~。
あとね、Aメロ裏のはじめちゃんのフレーズ良い仕事してるなぁ~って思いました。

はしぐちくんの「ここからだ」好き、かっこよい。
ヘッドホンだと、おのさんの低音ボイスよく聞こえるのもいいなぁ。
間奏で下向いてギター弾いてるはしぐちくんの姿も何気に好きです。
でもって、ブリッジのとこの歌詞がやっぱり好き!

なんか初っぱなから好きしか言ってないけど、「ぃえぃいえぃいえぃーや」って言うはしぐちくんの癖も好き
てか、あの速度でハイハット叩きながらよく歌えるな、ヤンさん。
最後の5人の声、とても良きでした~

続く2曲目もっととばしてくぜ!な『ヒーロー』
今度は、赤系のライティングに早変わり。
そしてテンポアップでみんなも更によく動く。
特に、けいじくんがめっちゃ本領発揮な感じで動く。笑
配信だと、カメラがメンバーを色々映してくれるのも嬉しい。

Bメロのオクターブ上でけいじくんが入ってくる感じも良き~。
そいえば、「君の前じゃ」のはじめちゃんの声が、はしぐちくんに寄せてるかんじがあるなぁ、とちょっと感じました。
ハモリと声を変えてるように感じたのね。そういう細かいとこも色々考えられてるんだろうなぁ(あるいはセンスか?)
もちろんサビのハモリも好きだー!

2番終わりの、「ヒーロー!」って台詞っぽく持ってくる所かっこよかったなぁ。
そいえば、「待ち続けてくれる・・」のとこ、声かわってた?エフェクト?
最後の「ヒーロー」で指指してくるはしぐちくんズルい。えぇ。ズルい。
あとね、アウトロのヤンさんとはじめちゃんかっこよきでした~。

はじめちゃん


3曲目は『晴れるから』
てか、はしぐちくんタイトルコールで、

橋「あ晴れるからぁー!」

って、その「あ」いる?笑
照明は、今度はキラキラのライティングで、なんか可愛い感じ

Aメロのおのさんのベースラインいいなぁ。
サビのニコニコのおのさん可愛いし、めっちゃノリノリで楽しそうなけいじくん可愛いし。
みんな良いお顔

あー、現場でパパパンの手拍子したいー!!
カメラに向かって「パンパンパパパン」口パクしてるはじめちゃん可愛い。
パンパンパパパンの後の、で入りを間違えるはしぐちくん。
その後、「パンパンパパはいっ」って口で言って照れ隠しっぽいの可愛かった
「Tomorrow is Sunny Day」で、最後にけいじくんがオクターブ上で入ってくるの良きね。
それからそれから、転調前の「明日は晴れるから」の時の、みんなの音好きー。
晴れの国の民はこの曲好きなので、また聴けて嬉しかった!

おのさん


というわけで、MCのターン。
改めましてのこんばんわっちで、

橋「すごい聞こえましたよ」
橋「日本中がちょっとね」
け「揺れた?笑」

揺れはしない
ツアー中断の話してたときに、「コロナウィルスの影響もありまして、まぁそれがほとんどなんですけど」って言い方したのが、本音出たな、って感じで至極共感。その通りだとも。

け「どうもありがとう、すべてのカメラに向けてありがとう」

って、あっちこっちのカメラに手を振ってるけいじくん可愛かった。


それから、今回のエール編について。
ずっと活動していく中で、応援歌、いわゆる聴いてくれる人に元気をあげられるようなそんな歌をたくさん作ってきたこと。
wacciというバンドの1この軸なんじゃないかな、と思えるくらい一生懸命そういう曲を作って歌ってきたこと。

力強く背中を押す歌があれば、隣でよしいこうぜって言える歌があったり、面と向かって、お互いの悩みをお互いが共有出来るようなそういう歌もあったりして、セットリスト上から下まですごくいい形で出来たなぁと。
みなさんそれぞれに日常の中でいろんなもの抱えてると思いますが、どっか当てはまる所があるんじゃないかなぁと思うんで。
明日からも日々を頑張れるようなそんなライブをしたいと思いますので、最後までよろしくお願いします。って。

要約しようと頑張ったけどどれもイイ言葉過ぎてほとんど要約できなんだ←


それから、エール編をやる上でこの歌はかかせないと思った曲、と、『ワンセット』
はじめちゃんのイントロ入りのとこの音好き~。
はしぐちくん、この曲はハンドマイクで歌うんだけど、ハンドマイクの時に片手ぷらぷらさせちゃう癖な。笑

あとね、「歩いて行こう」で手を差し伸べてくれるの好き。
「布団被ったままの…」時のはしぐちくんのカメラ目線とか、「いくよ」の声とか、「その向こう側の」の時の指差しとか、頑張れの時のこぶしとかも、好きだわ。
「どんな人の…」のおのさんの声も堪能、おのさんの声が入るからイイ感じなのです、重さがあって。
そしてはしぐちくんがずっとイイお顔。
締めの合図、さりげなく腕を振る感じとか、こなれ感出てきたよね

はしぐちくん

5曲目『wallflower』これも久々だなぁ。
緑系のライティング、曲の雰囲気にぴったりでした。

Aメロ裏のけいじくんのエレキ良き。
そしてヤンさんの、ボレロのようなドラムがとても好き。かなり好き。
そいえば、ヤンさんのサビハモリ良くきこえるのめずらしいかもって思った。なんか貴重。

2番のサビに向かって一気に盛り上がる音もかっこよくて好き。
「笑わなくちゃと…」とこの裏のはじめちゃんのピアノ良きーー。
「春色の風の中で」の他の音が止んだ中で、チャイムの音が入る感じとか、ドッドッドッドッって四つ打ちが入るのとかも良き!

そして曲終わり、はじめちゃんの音からみんなの音が入っていって、次の曲に続く感じが、こうきたかーーー!ってやられた感。
ちなみに、おのさんの入りの時のフレーズかっこよかった。

と言うわけで、続いて『空に笑えば』
青いライトに浮かび上がるはしぐちくんの図も綺麗やったー。

サビの裏で、シンバルの中央付近を叩いてるヤンさんの音好き。
Aメロ途中に入るハモリも好き。
「思い出になってく僕らの夏」の裏のはじめちゃんのピアノとか、最後のとこのピアノも良き~。


それから、『大丈夫』
ヤンさんが頭の上でスティックでカウントしながら、「大丈夫」はちゃんと○してくれるの好きよ
なんか、ライブのスタートから、結構飛ばしてる感があって、この曲の雰囲気でほっと一息ついた感じ。落ち着くね、この曲
てか、この曲のハモリ、なんか難しい。よくとれるなー…。
そいえば、途中の「世界は涙じゃ」のとこ、結構エコーかかってるなぁって気がしました。
そして、はしぐちくんの「大丈夫」ポーズからの笑顔可愛いかよってなったよね。

ヤンさん


と言うわけで、MC。
『大丈夫』が出来てから、wacciって応援歌的なのもひとつ柱だよねってなっていった気がするって話してて。
今日のセットリスト、大丈夫より前の曲をリスタートと誰ニモマケズしかないらしい。
そう言われてみれば、確かにそうかも…。

橋「大丈夫は僕らを導いてくれた1曲でもあったなぁと」
け「大切な一曲です」
橋「ということで」
け「はい、ちょっとごめんなさい。すごいいい話してくれたんですけど、ちょっと1回ズボン直してきていいすか?」
橋「あ、大変なことになってる?」
け「もう今にも落ちそうで落ちそうで」
橋「落ちそうで。…もう落とすってのはどうですか?」
け「どうですかねぇ(どこかに向かって」
橋「逆にエール編でみんなに頑張ってって言ってもらうっていうね」
け「落とさないでって?笑」
橋「うん」
け「いや、ちょっと…ちょっと、行ってきます」

ちょwwwけいじくんwww

橋「今日あの人さぁ、ずっと上の衣装で迷っててさぁ」
小「ずーーーっと迷ってたよね」
橋「何度も何度も上半身の服着替えてさぁ」
小「3パターンくらい変えてましたねぇ」
橋「そうだよ。結局ズボンが落ちそうって、どゆことー?」
小「笑」
始「ね、上問題なかったね」

いや、もぅ、けいじくん可愛いかよwww

と言うわけで、仕切り直し。

橋「みなさん楽しんでますか?」
始「はい、しばらくお待ちください」

毎回、コメント時差発言をするはじめちゃん。笑


それから、こないだ19歳のプレイリストのインタビューしてもらった話。
(の、途中でけいじ君戻ってくる)

はしぐちくん、このインタビューで、今まで音楽活動を通しで出会った色んな人から連絡が来たらしくて。
続けるって、そういうとこの良さはあるなぁって思った、って。
ちなみに、けやき坂46のこいけみなみさんが、上京前にwacciのライブを観てるんだって。

け「うちのライブを観て、けやき坂46に」
橋「違う違う、うちのライブを観て、「よし、けやき坂46になろう」ってならない」

それから、はしぐちくんが前のバンドでよみうりランドでライブした時にライブを観たっていう当時中学生の子が、別カノ聴いてあのときのひとだってなって手紙くれた話とか。
てか、その子記憶力すごいな、何気に。

ずっと続けてると巡り巡って再び会えるってパターンあるなぁって、それってすごい素敵な事だし、振り返ったときにその時の気持ちを共有出来る人たちがいるっていうのは、背中を押されるなって思ったんですよね。
wacciをいろんな場所で、いろんなタイミングでみつけて応援してくれてるみんなと一緒に歩いてるんだなっていうのをね、改めて感じたんですけどね。

って、なんかえぇ感じに話をまとめた後、唐突にヤンさんへ話を振るはしぐちくん。。

橋「似たようなの書いてたよね」
ヤ「すごい近いタイミングで大学時代を振り返るっていう記事を卒業した大学の理工学部のホームページに載せたいんでって話を、在籍していた研究室の教授からいただいて、私も書かせて頂いて」
橋「なんか、とうじの人から連絡くるでしょ?」
や「……(目が泳ぐ)来なかったんすねー…」
橋「あ、ちょっとアレかなー」
小「おいおい、かわいそうだろ」
橋「俺の人望がちょっと厚くて」
小「いやらしいなぁ」
け「友達はヨコヤンの方が絶対多いはずなのに」
橋「ヨコヤンやっぱりアレなんじゃないの、浅く広くなんじゃないの?」
ヤ「いや、俺結構地元の人都下もそうなんだけど、僕こんなんじゃなかったんすよ、見た目が」
橋「確かにおれとおのくんが出会った頃からも大分かわったからね」
小「違うよね」
ヤ「多分結構わかってないと思う」
け「あ、なるほど。リンクしてないんだ」
ヤ「リンクしてないというか知らないって人は結構いるんじゃないかな」
橋「なるほどね」
け「それ何言ってまわってほうがいんじゃない?記事をラインで送ったりしてさ、コレ俺、って」
ヤ「ラインとかも知らないんでね、昔の友達とかね。すみません、僕、人望がないって事でね」

だれかフォローしたげてwww

橋「なんか、19歳のプレイリストとかそういうのきっかけだけど、こうやって自粛期間というか、ずーっと活動してたのが、僕らの活動としては止まってないんだけど、ちょっと少なくなるタイミングをもらうと、振り返るってことがちょっと多くなって。
それもそんなに振り返り続けるのも良くないんだけど、なんか振り返ったときにそういう気持ちになれるくらい歩いて来てるって言うのは、すごく心強いなって思ったんですよね。
なんで、これからもね、俺たちは…」
4人「(なんか笑い出す)」
橋「いや俺言ったんすよ、リハーサルでね、この台詞を言ってから次の曲いくって言うのをいってしまったんでね」
け「俺はね、その台詞の方が、よっしゃやるぞ!ってなるよ」
橋「あ、ほんと?」
け「テンション上がるよ」
橋「じゃぁちょっといくわ」
始「ちゃんとやろうね、じゃぁ」

橋「だから、あの…(笑)いや、これ冗談じゃなくよ?ちょっと言い方はそれっぽく聞こえるかもしれないけど、その奥にある気持ちはホントだから。

だからね、こういう風に今までやってきて、なんだかんだいろいろあったけどちゃんと歩いてきたんだなっていう風に思えて嬉しかったし、支えてくれたみんなにはホント感謝です。
なんで、…別に解散しないですよ?解散しないですけど、これから先もそういう風に色々あると思うけど、そういう風に思えるような道を歩いていこうと思ってます。

俺たち、これからも前向いて、歩いて行くから。
これからもよろしくな」

というはしぐちくんのキメで曲入り


8曲目『僕らの日々』
生っぽい色のライティングがコロコロ動くのテンション上がる!
ヤンさんのBメロのドラム好き-。
けいじくんソロ前のヤンさんのどんどんドンって3回鳴らすの良き。
けいじくんの振り切った動きもかっこよかったし、ソロとか気持ちよさそうに弾いてて良きでした~。
膝をついても・・のとこもめっちゃギター余韻残してたなぁ。
「今を誇れ」のエコーの雰囲気も素敵やし、ラスト5人とも全力感がカッコイイ!ってなりました。

続いて、『誰ニモマケズ』
ヤンさんのドラムの入りからのけいじくんのエレキでがらっと雰囲気変わるねぇ。
ハンドマイクのはしぐちくん、カメラにむかっていっぱいアピールしてくれた。おぉ、様になってんじゃん。(何目線?)
「足がもつれて」で、はしぐちくんとけいじくんがバタバタしてるの可愛いかよ。
でもって、「走れ走れー!」久々歌ったよ

そしてホールに降りてくるはしぐちくん。
ストレートで玉なげる動きしたり、「当たって砕けた・・」でカメラに手をかけてアピールしたり。
後ろではステージ上のおのさんとけいじくんがぴょんぴょんしてるし。
ホールうろうろしてるはしぐちくん、楽しそうだし。
一筋の希望、で、手を上から斜め下に下ろす動き可愛いし。
見るとこ多すぎる可愛いカッコイイ大渋滞

「気持ちだけは」でシャツつかむはしぐちくん好物です、ごちそうさまです

ラスト、「気にしないーーーーーーーっや」っで、ヤンさんの方向くはしぐちくん。
からの、一気に次の『今日の君へ』へ。

はじめが立った

#はじめが立った

ヤンさん、頭の上で全力スティックカウント。
「褒めてあげて」で手を差し伸べられたり、「頑張ったね」で両手ガッツポーズしてたり、「こぶしをあげろー!」って叫んでたり、いちいちはしぐちくんがかっこいい。

てか、いや、熱い、かっこいい。すごい男臭い感じ、たまらんー!
スタンドマイクに手をかけて歌うはしぐちくんもたまらん。
けいじくんも「がんばったね」で指差ししてくれたり。
おのさんが、途中ではじめちゃんの弾いてるのを見に行ってたり。
カメラへ向かって、膝着いてめっちゃ熱唱のはしぐちくんかっこよきー!
転がしに足かけてカメラに熱唱のはしぐちくんかっこうおlきー!

橋「頑張れよ明日からーーー!!」

の全力のエール、ありがとうはしぐちくん。

そして、最後の拳あげて叫ぶとこで

け「おいっおいっおいっあーーーー!」

ってテンション上がって高音で叫んじゃうけいじくんもかっこよかった~。


『リスタート』では、曲前にはしぐちくんが、

橋「もうこんな状況もどんとこいです、コロナなんでどんとこいですよ。何度くじけても絶対に立ち上がってみせます。みんなもそうであるように。…リスタート!」

って言ってたんかっこよかったなぁ。

けいじくんのモーションかっこよきー!
手拍子してるはじめちゃんめっちゃ楽しそう。
そして、続・男臭さ!
「最後の」の時のはしぐちくんの表情めっちゃかっこよかった!
歌詞とんだときの「ダメだわかんね」すら男くさくてかっこよかったんだから、なんかズルい!笑

ギター掲げてるはしぐちくんも良きやし、ドラムもシンバルめっちゃあらぶってる感じも良きでしたの~。

けいじくん

でもって、MC。
はぁはぁいってるメンバー(特にけいじくん)も良き。伝わってくる全力感。
ちなみにこの後のはしぐちくんの言葉がね。
どれも覚えてたくて、やっぱり要約できなくて、ほぼ全文載せます。


「なんかいつも、応援歌を作る…応援歌っていうか、人を励ます…人を励ませるような人間じゃないので、だけどやっぱり、『大丈夫』で伝わったときがすごい嬉しくて
なんかすごく、背伸びをちょっとして、いつも作ってきたような気がします。
背伸びをして、その出てきた言葉、たとえそれが使い古された言葉でも、端から見たらストレートすぎてなんのひねりもない言葉に聞こえるかもしれないようなことでも、ちょっと背伸びをして、その言葉のもつ力を信じて、全力で綺麗事を歌ってきたような気がします。
出す度、こういう曲って言うのは僕はすごい不安で、やっぱりちょっと背伸びしてるからでしょうね。不安なんですけど、ソレを出したときに、みんなが自分の日々の中で、こういう時に聴いて励まされましたとか、こういう時に明日も頑張ろうと思えましたとか、そういうリアクションをひとつひとつもらう度に、逆に僕らがエールをもらって、再びその言葉を信じて歌えるっていう、なんかそういうサイクルを、ずっと繰り返してきたような気がします。
だから、こうやっておこがましくも、みんなに元気をあげられるようなっていってやってるけど、ホントは僕らが元気をもらっているような、そんな感じのエール編の曲達です。

そうやって背伸びした曲達に、奇しくもというか、このタイミングはこう励まされることが多くて、自分自身も。
それで、みんなも苦しい中で聴いてくれてるって言うのもまたエールになるし
そうやって背伸びし続けて曲を書いてたら、ほんとにそこに気持ちが届くようになっていく感じがすごく嬉しいし、…伝わってるかな?ちょっとわかんないけど…。
なんか、なんとも言えない喜びを、何にもかえがたい喜びをそこには感じます。
だからwacciらしさが必ずしも僕という人間らしさでは全然ないんですけど。
でもwacciらしさを通じて、僕自身も成長できてるような気がするんで、それは聴いてくれて、今日ライブを観てくれて、エール編だって言ってチケットを買ってくれて、ちゃんと受け止めてくれる人たちのおかげで、僕も背伸びしてたら背がのびたような感じです。」

け「俺はその背伸びっていうのがさ。つま先でふんばってさ、かかとをずっとあげつづけてるわけじゃん?」
橋「うん」
け「それがちゃんとがんばりになって、聴いてる人だったりメンバーだったりとか、ちゃんと響いてると思うよ」
橋「うん、そうだね」
け「その、かかとをあげた分だけ」

「これから先も、後で振り返ったときに、ちゃんと届いてたなって思えるような歌を、これからも書いていきたいと思います。」


はしぐちくんの、心の内にちょっと触れられたような気がすることばたちも。
そんなはしぐちくんにかけたけいじくんの言葉も。
どっちも愛おしいなぁ、って、思ったよ


そんなエール編の最後の曲は、『群青』

橋「最後にもう一曲、そんな僕らでも迷いなくちゃんと踏みしめて明日からも頑張っていけるような、決意のような、でもエールのような、そんな曲を最後にお送りしたいと思います」

はしぐちくんのギターとはじめちゃんのピアノとヤンさんのドラムで始める曲の入り好き。
そして最初のはしぐちくんのフレーズをけいじくんがバトンタッチして弾き続けるのとか、今まで気づいてなかったけど、さりげなくカッコイイなぁ。
青いライティングも綺麗。
「はばたいてみせてよ」でライトが奥から手前に広がっていく演出良きでした。

でもって、この曲は、やっぱりずしんとくるなぁ。音的にも気持ち的にもね。

間奏とか、ヤンさんのバスドラ?と、おのさんのベースの、低音がしっかり響く感じが良き。
「何度もやり直せる」のとこのはじめちゃんのメロも好き。

なんかもぅ、かっこいい、この人たち。しか出てこない

はしぐちくん

最後は、メンバー一人ずつ映してくれての、バイバイタイム。
今回のライブ、最初から最後までホントに熱かった~。
寄り添ってくれたり、泣いてもいいよって受け止めてくれたり、手を引っ張ってってくれたり、背中を押してくれたり、全力で気合い入れてもらったり、しました。
たくさん、たくさん力と楽しい時間をもらいました。

いつもありがとう

エール編
スポンサーサイト



theme : LIVE、イベント
genre : 音楽

Secret

かてごり

最新記事

最新コメント

検索フォーム

めぇるふぉーむ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

ぷろふぃーる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wacci愛

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ