FC2ブログ
   
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

PMS MUSIC LIVE 2019 @ 児島 ジーンズホール

発表会

2019年11月23日(土・祝)

Yamaha Music Lesson
『MUSIC LIVE 2019』 @ 児島 ジーンズホール


今年も参加してきました、ヤマハの発表会!
私は、今はゴスペルレッスンしか行ってないのですが、ボーカル曲にも今年も参加させてもらえました。
と言うわけで、今年は、倉敷の部でボーカル曲2曲と、岡山の部でゴスペル3曲

ゴスペルは、倉敷クラスと岡山クラス合同での発表で、今年は岡山の部のトップバッターでの出番でした。
ボーカル曲は、今年は洋楽2曲。
当日プログラムもらったら、1曲目がプログラム2番でビックリだった。笑

と言うわけで、今日の観たよ演ったよ日記




朝、9時頃から電車へ揺られて電車でGO
今年は相方さんがお仕事で観に来てもらえないので、初めて電車で行きました。
まぁ、行きの電車は最後の歌詞詰め込みタイムでしたよね

あと、会場でゴスペルメンバーとおしゃべりしながら開場待ちしてたら、アンフィニメンバーのカズさんが来てビックリ!
どうやら、知り合いが出るので元々観に来る予定だったようで、そこに私の「出るよ」告知があったもんだから向こうもビックリしてたようで。笑
おかげで、観てもらえて嬉しかった~


さて。まずは観たよの日記。

今年は、倉敷の部は全部観たー
自分の出番前のは、音だけしか聴けなかったりもしたけど、でも音は聴いてたの。
お友だちのステージ、1つ2つ出番前で観られなかったのが残念。
彼女の歌うOzzy Osbourneも観たかったなぁ。
でも、ハチの方は観れたので、それだけでも良かった。
今年も見事だったー、振りも衣装も可愛かったし、歌はかっこよかった~

イッコさんがミスチル(低め)歌ってたのも、かっこよかったし、ジュディマリのは安定の可愛い高音でした。
イッコさんが歌うと、ジュディマリの曲だけどアイドルっぽい雰囲気になるのもまた良しですな

あと、小さい人たちの、おそろいの赤いリボンの『パプリカ』超可愛すぎて、思わず「かわいー!」って言ったら、ステージまで聞こえていたという私の声。
(かなり後ろの方の席に座ってたんだけどなー)
女の子は、魔女宅のキキみたいな赤いリボンで、男の子は蝶ネクタイ。
大きなアコースティックギターを抱えてる様も、座ったらドラムに隠れてしまって見えなくなっちゃう様も、もう演奏も何もかも超癒やされた。

みんな天使や…

某おねーさんのあいみょんは袖で聴いてました。
風邪気味だったらしいけど、いや全然声出てますやん。さすがですやん

某おにーさんのミスチルは、声がよー合ってましたなぁ。
雰囲気が爽やかさんになってて、歌声も爽やかさんでした。

某おにーさんのハイトーンボイスX Japanも、圧巻。
いや、もう、圧巻。
しかも、あのトーンが、全然苦しそうじゃなくて、すごいさらっと出してるように見えるのよね、端から見てて。
彼の高音のポテンシャル底知れない

生徒演奏の最後は、ゴスペル仲間の2人の初ボーカル曲参戦。
内1名は、発表会自体が初参加だったのかしら?
スピッツの優しい雰囲気のお歌を歌ってるお二人、可愛かったなぁ
ラララのハモりもバッチシ綺麗でした。
めちゃめちゃ緊張してる様子で向かってたけど、ステージ上で歌ってる2人は、いざ始まってしまえばとても楽しそうでした。


そして、倉敷の部の最後の講師演奏。
たっくん先生が歌うと、サザンでも甘い歌声になるマジック。笑
えぇ、十数年前に私が一聴き惚れした歌声です。相変わらずのえぇ声

あと、普段ドラムのK庭先生とギターのK信先生が今回はパーカッション担当でタンバリン持ってました。
あと、コーラスもしてた。
あの2人が一番楽しそうだった。笑
特にK庭先生は、結局のところ何やっててもノリノリで楽しそうなんだな、と。笑
いーわぁ、大好き、あの先生

ところで、K信先生、今日結局ギター一度も弾いていないのでは…?

あ、塚さん先生は安定の高出現率、今年もお疲れ様でした
ベースの生徒さん、やっぱ少ないのかなー。
ベースかっこいいのになぁ。


続いて、演ったよ日記。

プログラム2番目の出番。
Chicagoの『25 Or 6 To 4』という曲でした。邦題は『長い夜』らしい。
今回は、ゴスペル仲間の一人が一緒にボーカルで参加で、2人ボーカルでした。
一応、私がリードで彼女がコーラス、という立ち位置にはなるのですが、まぁコーラスも結構本気歌声だよね、この曲。笑
発表会始まってすぐだったので、バタバタっと出番
もうヤマハの発表会ではそんな緊張しなくなった私は、今回もそれはそれは楽しくがっつり声出してまいりました。
ボーカル曲を誰かと一緒に歌ったの、すごく久しぶりだったのだけど、めちゃんこ楽しかった。
一緒に歌うのに、お互いに視線合わせたりしたのんとか、めちゃんこ楽しかった
いーなぁ、誰かと歌うの好きだなぁ。
一緒してくれてありがとうー

でもって、バンドメンバーさんも、皆さんめちゃんこうまくて。
ドラムは安定のK庭先生だったので楽しかったのはもちろんなのですが。
ベースもギターも、キーボードのお嬢さんも、みんなそれぞれにかっこよくてですね。
特にギターの男の子が、あのなっがいソロを、物の見事に完コピでリハの時からビビったよね。
でも、おかげさまで、曲の入りがとてもわかりやすかった。神
あと、個人的にはキーボードのお嬢さんとステージ上で一回意思疎通が出来た気がしたのが嬉しかったのと、お嬢さんがとても可愛かったです


それから、プログラム16番目の出番。
Ozzy Osbourneの『Crazy Train』
こっちのが後から「コレもやってくれん?」と言われて増えた方の曲やったのですが、「とりあえず聴いてみます」ってYou Tubeで観てみたら、曲がとてもかっこよくて。
特にメロディーラインがとても好みで、やってみたくなったのです

元曲のライブ動画観てたら、上半身裸のおにーさんがステージ上を右に左にしながらめっちゃ客あおってたたんだけど、さすがにソレはまね出来ないながらも、初めて客席に拍手をあおる、という芸当にチャレンジ
歌よりそっちに緊張した。笑
あと、最後も「サンキュー!」って言うつもりだったのに、言いそびれたことが若干の心残りだー。
でも、とても気持ちよく歌ってきました。

やっぱロック歌うのは気持ちーー!!←ロック聴かないけど歌うのは好きというやつ

ドラムは男の子2人のダブルドラムだったのだけど、2人ともとってもかっこよかったよー。
最後の交互に叩くヤツ、ドラムバトルみたいで見てる分にも楽しかった。
たいへんよく叩けました、なのです


そんな今年のボーカル曲の反省点は、暗譜できなかったこと。
ギリギリまで頑張ってはみたけど、時間足りんかったー。
取りかかるのが遅かったなぁ、と、反省。
バンドの皆さんがきっちりかっこよく仕上げてこられてるから、一応フロントマンの自分が歌詞ガン見で歌うわけにはいかぬ、と毎年頑張ってはいるのですが…

それまでまったく聴いたことのなかった洋楽の歌詞はなかなか覚えられん…

いいわけですね。はい。
来年はちゃんと暗譜出来るように頑張ります


と言うわけで、倉敷の部、しゅーりょー。

岡山の部のスタートまでに一時間くらいあったので、今年はゴスペル仲間に混ぜてもらってみんなでコーヒーブレイク。
お昼食べてなかったので、サンドイッチ?パニーニ?みたいな感じのなんかチキンとかサンドしたヤツを食べつつのおしゃべりタイムでした。
しかも、その後、1階にあったたこ焼きと大判焼きのお店でも、みんなで何かしら食べた。笑
私はたこ焼きシェアして食べたの。みんなでわいわい食べるの美味しかった

ちなみに、結局帰りに大判焼きも買って帰って食べました。笑


さて、腹ごなしも終わって、いざ岡山の部ー!
ゴスペルは、岡山の部のトップバッターでした。
今年の曲はこちら

1.World in Union
2.Joy to the World
3.Sepember

最初の1曲が、テナーとベース、同じメロディーラインを歌うところから始まるんだけどね。
今年、たっくん先生も含め男性3人に私1人だもんで、テナーベースどちらも同じラインを歌うもんだからモニターの自分の声が歌い出しでわからなくなって。
唇がピクピクし出して、いかん、コレはパニックを起こすヤツだ、とちょっと焦ってた私です、実は

なんだけど、右見たら、アルトパートのゴスペル仲間2人が、めっちゃ楽しそうに力一杯歌ってるのが見えて。
それ見たら、ふっと落ち着きまして、そっからもうめちゃんこ楽しく歌えました。
落ち着いたら、ちゃんと自分の声もわかって、なんてことなかった。笑

2人ともマジでありがとう

今回の曲は1曲目からパワフルではあるんだけど、曲が進むにつれて、どんどんテンションアップしていくような感じで。
(1曲目はパワフルではあるけど、厳かな感じがあるの)
曲に比例して、歌ってる方のテンションもだんだん上がってってですね、そりゃぁもぅ楽しかった。

ゴスペルあるあるやなぁと思うんだけど、今年もさ、本番がみんな一番良かったんじゃない?って感じ


歌い終わった後も、ずっとなんだか楽しくて。
後で客席でカズさんと合流したときに、「きよさんはゴスペル歌ってる時が一番楽しそうですね」って言われて、言われてみたら確かにそうだなぁ、と改めて思って。

ゴスペルは、諸説あるけど一番よく言われてるのは、「ゴッド・スペル(神様の言葉)」「福音」って意味合いで。
神様の言葉をリズミカルな音楽に乗せて、みんなで主を称え、喜び歌う。
そういうジャンルだから、何よりも「みんなで楽しむ」という色が強い音楽やなぁと思うのです。
レッスンでやってるゴスペルは、神様を称えるような曲ばかりじゃなくて、有名な洋楽をゴスペル風なアレンジで歌ったりすることの方が最近は多いけど。
それでもやっぱり、ゴスペルって音楽の根底にある「みんなで楽しむ」は一緒で。
上手下手とか関係なく、どんな歌声も「個性」として、ただめいっぱい声を出して歌う。
まぁ、だからこそゴスペルは大人数が居ないとなかなか成り立ちにくいのかな~と思うのですが、その個性と個性のぶつかり合いが大きな大きな一つの音になる感じが、私はとても好きなのです

なんて言いながら、ゴスペルなんて全然勉強したことなくて、そんな聴きもしてなくて、知識もほとんどないんだけど

元々自分がゴスペル始めたそもそものきっかけも、たまたま旅先でやってたゴスペルコンサートを通りがかりに聴いて、すっごくワクワクして、「いいな、一緒に歌ってみたいな」って思ったのが最初。
ゴスペルを「歌うこと」が私は好きなのです。
だから、こうやって実際に自分で歌ってることがとっても楽しいし、歌うとテンション上がるし元気になれるし。
歌うことで、歌の力や一緒に歌ってるみんなの力が、ポジティブな何かになって自分の中に取り込まれて行くような、そんな気がするのです

今日、実際に、発表会終わった後、なんだかとても色んなことをやる気になったもん

3曲入魂で目一杯歌って、目一杯楽しんできて。
今年もたくさん『生命力』をもらって帰ってきた気がします。
改めて、やっぱりゴスペル大好き

長くなりました。笑
いや、なんか今年は本当にソレをいろんなことで強く実感したので、書いてみました。


ちなみに、岡山の部は、『少女A』まで見て、いい時間になってきたのでそこで会場を後に。
ゆーこ先生の司会進行も見れたので、満足です。
ゆーこ先生のキャラも好き


改めて、今年も発表会お疲れ様でした。
先生はじめ、スタッフの方々や、ステージ設営の方や、朝から晩まで長丁場お疲れ様です。
おかげさまで、毎年色々やらせてもらえて感謝感謝です

今年も、楽しく出来ました


そんなこんなの帰り道、道すがらにあったブチックしまむら(笑)にうっかり吸い込まれて、うっかり3着ほど買ってしまったきよさんでした。笑
スポンサーサイト



theme : LIVE、イベント
genre : 音楽

Secret

ぷろふぃーる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wacci愛

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ