FC2ブログ
   
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
25
26
27
28
29
30
   

渡部裕也さんワンマン @ 倉敷 Palo Alto

わたべぇさん

2018年12月15日(土)

渡部裕也ワンマン
「渡部 with 裕也 add9 in Palo Alto』 @ 倉敷 Cafe&Bar Palo Alto


渡部さんが倉敷来てくれるので、観に行ってきました。
行けるかどうかギリギリまでわかんなくて返事が出来てなかったんだけど、渡部さんからも当日告知メールが来るとか言うアレで、遅wwってなりましたよね

で、だ。
スタートの時間に間に合うように、まいまいさんと一緒に車で行ったんだけどね。
なんとまぁ、パーキングことごとく空いてなくて。
かなーり離れたところまで行ったけど空いてなくて。
結局一時間以上パーキング難民した挙句、駅前のそこそこでかい所で30分ほど空き待ちをしてやっととめた、という状況でした

結局、藤井義満 add9の演奏にはまったく間に合わず
いや、少し時間が遅くなると、こんなにも空いてないものなんだとは思わなかった。
今度から時間遅い時は電車にしよ。。。

と言うわけで、本日の観たよ日記




セットリスト
1.同窓会
2.はじまり
3.笑いの素
4.僕が幸せになる理由
5.夕暮れにゆれる
6.僕がいなくなったら、君が泣き止んだら
7.“ありがとう”の花束を
8.点と線
9.scene
10.Father
11.お日様とお月様(SGBの曲)
12.ラブソング
13.プロポーズ
14.手紙
15.On Your Mark
16.メロディーすらないけれど
17.小さな歌
en. たいせつ

渡部さんのステージは、ギリ最初から間に合いました。
最初に、藤井さんのステージの話してたんだけどね。
「もう、潰しに来てますよね」って、一つ紹介するごとに言っててワロタよねww

今日の渡部さんのステージは、1年を振り返りながらの曲紹介。
1月は、実家が九州にお引越ししちゃったから、今年で最後になるかもしれない、今治に行ってきた話。
同窓会に行ったらしいのだけど、その時のことを歌にしたっていう『同窓会』
エピソード聞いてから曲聴くと、今までとちょっと聴こえ方変わるよねー。

しかし渡部さん、記念日忘れすぎ

そいえば、『夕暮れにゆれる』久々に聴いたなぁ。
この曲を、こんなに説明してくれたのは初めてかもしんない。
周波数云々の話はちょこっと聴いたことあったけど、それがこういう例えだったのかっていうのは初聴きやった気がするなぁ。


『僕がいなくなったら、君が泣き止んだら』は、曲紹介時にタイトルちゃんと言ってなくて、「雨男の歌」とか言うもんだから、某おねーさんが「タイトルなんだっけ?」ってモヤッてましたよ、渡部さん。笑

『“ありがとう”の花束を』も、久々に聴いた。
渡部さんが、「自分のワンマンのアンコールの最後に必ず歌ってた曲」って言ってるの聴きながら、過去に一度だけ行った、名古屋の渡部さんのワンマンの最後を思い出したなぁ。
めっちゃ泣きながら聴いてたよ、あの時。
ちなみにこの曲が、お母さんの曲だったのは初めて知りました。
今日は、曲のこと、たくさん話してくれたなぁ。
この曲、昔から、優しくて大好きです、私


後半には、今年できた新しい曲たちを続けて歌ってくれました。
「渡部裕也に、第何章って区切りがあるとしたら、この曲たちから間違いなく第3章やと思います」
って話してた渡部さんの言葉は、わかりやすくて、すっと入ってきました。

と言うか、渡部さんの話は、全体的にすごくわかりやすいなぁって思うのです。
言葉選びが、うまいんやろうなぁ。

アンコールは『たいせつ』
渡部さん第2章のはじまりの曲ですね。
私の中でも渡部さんとの出会いの曲なので、やっぱりこの曲は特別。
今回も聴けて良かった


渡部さん、倉敷まで歌いに来てくれてありがとうございました。
たくさん聴けて嬉しかったー

スポンサーサイト



theme : LIVE、イベント
genre : 音楽

Secret

かてごり

最新記事

最新コメント

検索フォーム

めぇるふぉーむ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

ぷろふぃーる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wacci愛

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ