11
1
2
3
5
6
7
9
10
11
12
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

土曜に童謡でどうよ? @ 岡山 the ORiON

おりおんー

2017年10月28日(土)

ORiON 12周年月間
土曜に童謡でどうよ! 藤田洋平ライブ @ 岡山 the ORiON


本日は、“なべねこさん”でオリオンでライブでした
前回のオリオンライブぶりの、藤田洋平さんとNaOKOさんと、今回もおんなじ三組での、再会ライブ。
会場に入った時から「久しぶりやねー」のご挨拶と、おしゃべりと、和やかな雰囲気で。
ライブ前から、なんかすごくまったりしてしまいました。
こういう感覚って、“再会ライブ”ならではかもしれないですね

今日は朝からあいにくの雨模様。
お足元の悪い中、お越し下さった皆さん、ありがとうございました




【1組目:なべねこさん】

セットリスト
1.朝が来るまで(鎌田純子さん カバー)
2.くろねこさん
3.あめふりくまのこ(童謡)
4.君とシチューを食べよう(wacciカバー)
5.シークレットダンス(鎌田純子さん カバー)
6.翼をください(…童謡?)

今日のライブ、タイトルに「童謡でどうよ?」とある通りですね、今回は出演者全員が“童謡”を1曲以上演奏するっていう、お達しがあったんですよね。
これに向けて、さて何をしようか、と、ギターのまいまいさんと、童謡を色々検索して聴いたり、色々としてたわけですよ。
そしたら、とある曲の動画をまいまいさんがいたく気に入ってしまったようで。

それから毎日、その動画見てるし、鼻歌で歌いだすし

こうなるとまいまいさんは、もうその曲一択になっちゃうわけですよ
(そういえば、なべねこさんのユニット名が決まった時も、こんな感じだったよね)

というわけで、決まったのが『あめふりくまのこ』でした。
私、実は幼児教育学科を出てるものでですね。
短大の時にはこんな感じの歌ばかり演奏してたので、なんだかすごく懐かしい気持ちになりました。
意外と知ってる人が多くて、一緒に口ずさんで頂けて、嬉しかったです

後は、久しぶりにグロッケン(鉄琴)も復活。
グロッケンの高く澄んだ音が大好きなので、叩いてる本人が一番楽しんでたり

最後の『翼をください』でも、一緒に口ずさんでくださって、ありがとうございました。
“みんなで歌う”って言うのが、すごく好きなので、一緒に曲を楽しんでもらえたのは、個人的には嬉しかったのです

今日はライブ前から和やかな雰囲気で。
いつも始まるまですっごい緊張してるんですけど、緊張しながらも落ち着いて、楽しく演奏させていただきました。
あとね、見てくださってる方のお顔がみなさんすごく優しかったのも、落ち着いて出来た理由のひとつです。
みなさんのおかげで、楽しく演奏させていただきました。
ありがとうございました


【2組目:NaOKO さん】

ピアノ弾き語りのなおこさん。
前回と何か印象が変わったような…と思ったら、どうやらメイクをかえられてたようで。
やっぱり、アレですね、女性はメイクひとつで、ガラッと雰囲気が変わりますね。
今回の赤いお洋服も、素敵でした、おねぇさま

今回、なおこさんは童謡を3曲されてたんですけどね。
1曲目の『旅愁』を演奏し始めた瞬間、隣で座って見てた洋平さんがガタッて反応してました。
お好きな曲だそうで、というか、むしろなおこさんも「洋平くん絶対好きでしょ」と思ってチョイスされてたんだとか。さすがですね。笑
私もこの曲好きー。日本の昔の曲は、聴いてて落ち着きますね

あとは、『七つの子』も演奏されてたんだけどね。
演奏する前になおこさんが、「本当はカラスって、七つも子を生まないらしんですよね。作詞者の野田雨情さん自身が子どもと離れ離れになってしまったらしく、この曲は、野田雨情さんが子どもを思って書かれた詞なんじゃないかと、解釈してるんです」みたいなことを言われててね。
そういう視点でこの曲を聴いてたら、めっちゃくちゃ切なかったです。
見方一つで、詞ってこんなに変わってくるものなんだなぁ…。


後半は、なおこさんのオリジナル曲を3曲。

新曲の『この雨にうたれて』だったかなぁ?

前に、なんで音楽やってるの?って聞かれたことがあって、それに対してなんでだろうって考えてた時に、自分は泣くのがすごく下手で泣けないんですよね。
そういえば、私の歌には「泣く」って言葉がたくさん出てるなぁって思って。
だから、泣くかわりに歌ってるんじゃないかって思ったんです。

って、そんなことを言われてて。
…私は逆に泣かない日がないくらいすぐに泣くので、泣けないって人も居るんだなぁ、ってビックリ。
そんな話の後に聴いたこの曲は、あぁたしかに「泣きたい気分」を歌った曲だなぁ、ってすごく思いました。

それから、『悪魔でもラブソング』だったかなぁ?
「あなたのそばに天使が居るのなら、悪魔になるしかないじゃない」みたいな歌詞がね、なんかこぅ、素直に慣れない女性の心情って感じがして、可愛かったなぁ
この曲、ピアノの雰囲気も好きだなぁ。なんかね、かっこいいのです。

あと、最後に演奏されてた『愛すること』という曲が、好きなので、今回も聴けて嬉しかったです。
「愛することは…」という言葉がたくさん繰り返されてて。
でも、それが全部、確かにそうかもしれないなぁ、って思えるようなことで。
そやって聞いてると、愛って本当にいろんな形があるものだなぁ、って気がするのです。


【3組目:藤田洋平 さん】

ギター弾き語りの洋平さん。
本日のメインアクトなので、少しロングステージで、たくさん曲が聴けました。
なんだろう、今日聴いててね、前の時よりも、歌い方が柔らかくなったと言うか、なんかそんな気がしたのです。
1曲の中でフレットの端から端まで使うようなギターの指さばきは変わらずで、いつ見てもあの指さばきはすごいなぁって思うのです

洋平さんの歌われてた童謡の中では、『蛍の光』が印象的で。
歌詞がね、私たちがよく知ってる歌詞じゃないやつでね。
歌い始めた時に「歌詞ちがう!」ってビックリしました
友情の歌、別れの歌、再会を願う歌、そんな感じのする歌詞だったなぁ。
これって、元々の原曲の歌詞に忠実な歌詞なのかな?
自分が知ってる歌詞よりも、今日洋平さんが歌った歌詞の方が好きだなぁ、私

オリジナルでは、『ウィスキーをくれ』が、聴くたびに好き度が上がってきております。
最初聴いた時には、繰り返し出てくる「ウィスキーをくれ」ってフレーズがすごく印象に残るんだけど、聴く回数が増えるたびに、それ以外の言葉の意味がだんだん自分の中に入ってくる感じ。
ただの飲んべえかとおもってたら、よくよく話してみたらなんかこいつすげぇイイヤツかも。みたいな感覚に近い気がしてます

後ね、新曲らしき『まぼろし』って曲がね、歌もギターもすんごいかっこよかったのです。
サビの最後の「まぼろし」って歌うとことか、アウトロのギターとか、特にかっこよい。
静かに演奏する洋平さんも好きなのですが、こういう激しいのもたまにあるのがまた良いのです。
洋平さん、この曲また聴きたいです!

あ、あとねあとね。
洋平さんの歌う『ダニーボーイ』も、私好きなのです。
曲の雰囲気と、洋平さんの歌声が、すごくピッタリ合ってて、あの雰囲気がすごく好き。
英語の歌詞はよくわからないけど、目を閉じてまったり聴いていたくなるような、そんな感じです


ライブ終了後は、近くの居酒屋“おかん”の料理をオリオンに持ち込んでの、打ち上げかねた晩ご飯タイム。
ここの焼き飯が、洋平さんとまいまいさんと私のお気に入りなもので。
今回も全員、焼き飯一択でした

むしろ、オーダー聞いてる私が、「焼き飯と、後は何?」って聞いてたからね。笑

そして何故か、コウテイペンギンのDVDをみんなで観賞してたり。
まいまいさんがコウペンちゃんのTシャツ着てたのがきっかけで、なんかなおこさんがコウテイペンギンにやたら詳しくて。
(なんか、そういう名前のユニットを組まれてたっぽいのかな?)
それがきっかけで、のりさんがDVDあるよーって、つけてくれたの。
しかし、観てたら、コウテイペンギンの子育てがあまりに壮絶すぎてビビった

人間とは比べ物にならないくらいの命がけの愛と子育てだなぁ…。

そんな感じで、ライブの話よりもペンギンの話をしてた打ち上げ晩ご飯。笑
でも、ライブ終わりのまったりも、晩ご飯も、たのしぅございました。
今回、先に失礼する形になってごめんなさい
未成年は無事、家まで送り届けてまいりました。笑

今回も皆さんのおかげで、楽しい夜でした。
見に来てくださった皆さんも、洋平さんも、なおこさんも、のりさんも、ありがとうございました


ちなみに、私の今回の一番のビックリは、洋平さんと私が実は同い年だったことです。

…マジカ

スポンサーサイト

theme : LIVE、イベント
genre : 音楽

Secret

ぷろふぃーる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wacci愛

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ