11
1
2
3
5
6
7
9
10
11
12
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

wacciあこそわツアー2017-前半戦- @ 京都(夜)

※この記事は、ツアー前半戦終了後に投稿しております。
(前半と後半で内容が違うため、区切りとしました)
ツアーがすべて終わるまで内容を知りたくない方は、全行程終了後に改めてお越しくださいm(_ _)m


wacci京都

2017年6月4日(日)

wacci ワンマンツアー
「あっち、こっち、そっち、わっちツアー 2017
  ~感情百景~」 @ 京都 紫明会館


お昼に引き続きーの、今度は夜の部のワンマンでございます。
wacciが昼夜別カウントしてたので、私も別カウントで。笑
wacciの今ツアー4本目。
私のwacciライブ参戦は、92本目

お昼公演が終わってから夜公演までの間は、近くにあった喫茶店みたいなとこでちょこっとひと休み。
お店のおばあちゃんが、今日はよぅお客さんが来るねぇ、みたいなこと言ってたよ。
確実にわち勢が複数組来ている気配。笑
おばあちゃん、お世話になりました

ちなみに、夜公演は、一緒にチケットをとってもらったわち友さんが、まさかの1桁をゲット
一番前と言う良席を頂いてしまった。

みんなくじ運すごいなぁ・・・。

という訳で、今回のライブスタート。




セットリスト
1.大丈夫
2.リスタート
3.キラメキ
4.男友達
5.夏休み
6.泣きっ面
7.変身
8.恋の宛先
9.Weakly Weekday
10.Ah!Oh!
11.感情
en1.東京
en2.会いにゆきましょう


昼公演に引き続き、またもや、細いドアから、ところ狭しとメンバーが登場してスタンバイ。←同じ会場なので当たり前
あ。
今度は、スムーズにライブスタートできたよ。笑

『大丈夫』でね、アコースティックでする時は、はしぐちさんも控えめなまるーをしてるのが、なんか可愛かったりするの。
そんなとこまでお客さん目線で一緒にしてくれるのか、君は、とか思って
(座りのアコースティックだと、お客さんが結構後ろに気を使ってて、自分の頭くらいまでの高さでまるーをする人が多い)

『キラメキ』では、途中ではしぐちさんのギターの弦が切れるハプニングが発生
すかさず、O庭さんが動き出して、曲が終わるとすぐギターをあずかって張り替えをしておりました。
さすが、行動が素早いなぁ。

『夏休み』はね、1番の、おのさんのベースの音が入ったとこからの音の広がり方がすごく好きすぎて。
「わぁぁぁ」ってなるのです。
あと、間奏部分の、はじめちゃんとおのさんの音が重なるとこも好き

ちなみに、今度は『泣きっ面』泣かなかったよ。
同じ曲でも泣いたり泣かなかったり、私の涙腺スイッチはかなり気まぐれだったりするのです。笑
おかげで、「らららら」今度はちゃんと歌えたました。

『変身』では、なんか後半から、泣けてきて。
でまた、間奏のとこの音がまた力強くて、「いいから泣けよ。我慢してんじゃねーよ」って感じの優しさっぽく聴こえてきて。
最終的に、間奏の音に泣かされました


『Ah!Oh!』ではね、はしぐちさんが客席側に飛び降りてきた時がめっちゃ近かって。
すぐ横の通路で踊ってたもんだから、横にいる横にいる近い近いやばいってなったよ、久々に。
そして、はしぐちさんの決めポーズの後の「ふー!」が一番声がでかいのはお約束
はじめちゃんに「出来るんじゃん」とか「失礼なこと言うけどいい?最初っからやりなさいよ!」とか言われたし。
はしぐちさんには「こんな声出るんだねー」って言われたよ。笑

MCでは、最初の挨拶の時に、はしぐりさんが「こんにちわっち」って言うか、「こんばんわっち」って言うかめっちゃ悩んでたり。
ちなみに、「こんばんわっち」になりました。笑

けいじくんは、「はんなりありがとう」とか言うし。
それ、使い方合ってる?ねぇ合ってる??

ちっちゃい子が後ろの方に居てて、その子が「トイレー!」って言ってた時にはしぐちさんが

橋「いいよー、いっといでー」

って言ってた声がめっちゃ優し可愛かったり。
ですよね、わっちは生理現象も応援するバンドですもんね


それから、ラジオでゲスト出演した時の話とかしてて。
名前を『橋口りょうへい』って間違えられたこととか。
とある人のTwitterのツイートに対するリプでは『橋本さん』って間違えられてたりとか。笑

ワチドアでも言ってた、女性と一緒にエスカレーターに乗る時、先に乗るか後に乗るか、の話とか。
はしぐちさんが「上りの時は後から乗ります」って言ったら、おのさんがすかさず

お「お尻が見たいから?」

ちょwwwおのさんwww


そいえばね、『感情』のアウトロのへんだったかなぁ?
演奏してるみんなの姿が、絵のように見えてすごく素敵だった。
西日の少しオレンジの光とか、少しなってきた雰囲気とか。
ステージの間接照明で出来る陰影とか。
そんなものが重なって、ほんとに1枚の絵画のようだったの。
かっこよかったなぁ

後半の「日々は戦場」らへんから、あーやばいなぁってなって、「永遠なんてないけどずっと」で、今日も涙腺崩壊するパターンの私。
てか、曲の途中からね、「もうすぐ終わっちゃう」って、よせばいいのに思っちゃって。
そこから、さみしくてさみしくて仕方なくなったんだよね。

だもんだから、アンコールでメンバーが再登場した頃にはもうだいぶ泣いてた私です←

で、アンコール1曲目が『東京』だし。
はしぐちさんの歌声が優しいし。
余計泣けてくるし。

その上最後は『会いにゆきましょう』で。
「いつか会えなくなるその前に」とか、もうだからこの曲も私にとっては泣け曲な上に今聴くと破壊力抜群すぎて。
泣きながら笑ってました、ほんとに。

途中のメンバーソロの時には、今回ははしぐちさんが無言でメンバーそれぞれを指さしててね。
で、はしぐちさんが歌う時には、後ろからおのさんがはしぐちくん指さしてたのが、可愛かったなぁ
で、その時、手拍子にあわせて、はしぐちさんが少しアカペラで歌ってくれたの。
『会いにゆきましょう』でアカペラって、珍しいなぁ。


ライブ終わってからもしばらく涙とまんなくて。
先に帰るわち友さんに心配されたりハグされたり、お菓子もらったりしたきよさん、36歳。
いやもぅ、子どもかって言うね
でも、それだけ、終わるのがさみしくてさみしくて仕方ないくらい、この2日間が楽しくて幸せだったのです


あとは、この2日間で、なんか覚えてることや思ったこと。箇条書き!笑

けいじくんの仕草は尊い
いろんな曲で、歌詞に合わせてちょっとした仕草してるのがホントにかわいい。

はしぐちさんのの、首元に流れてる汗にキュンキュンする系女子
どこだったか、はしぐちさんが、少しだけど、吐き捨てるような声の出し方をした瞬間があって、あぁ今の歌い方男くさくてたまらないなぁとか思ってた系女子

ヨコヤンさんの、曲終わりに、めっちゃはしぐちさんの方を見ながら、合図に合わせてシンバルをとめる仕草が非常に好きです。良き。
ヨコヤンさんの、カホン叩きつつも「大丈夫」のまるーをする時の、こっち見て楽しそうな顔も。良き

おのさんのクルクル動く表情百面相
今日は体があまり動かせないせいか、いつも以上に表情がクルクル変わってて、そりゃぁもう可愛いかった

はじめちゃんの、キーボードメインの曲演奏してる時の真剣な顔と、お客さんの方向いた時の笑顔の表情の違いとかね。
はいめちゃんの笑顔は、ほんっと楽しそうでこっちまで楽しくなっちゃうやつだよね

あと、どの曲だったか、ヨコヤンさんが、どこかの曲の決めの音で、ウインドチャイムの高音の方を数本、強く弾いた時の、キーン!と言う高く澄んだ音がめちゃくちゃかっこよかった

箇条書き終わり!笑


という訳で、最後はサイン会。

ヨコヤンさんにね、ウィンドチャイムのやつ聞いたんだけどね

聖「キラキラを、強く弾いたとこありましたよね!」
ヨ「あーやったやった」
聖「あれ、どの曲でしたっけ?」
ヨ「どれだっけ?」

まさかの本人おぼえてないというわな。笑
しかもあれ、意外と鳴らないらしいくて、「今日みたいにいい音鳴ることすくなくてさ」とか言ってたよ。
確かに、見るからに難しそうやった。

けいじくんには、「昨日お世話になりました」をもう一度。←褒めラップで褒めてもらった
帰り、「気をつけてね」って言ってもらった気がするけど、けいじくんのとこの記憶がよくとぶ私。
えぇ、だいたいが次に控えてる人のせいです

で、はしぐちさん

聖「はしぐちさん、あのね、新曲どれもイイです。」
橋「どれが一番いい?きよ的には」

て聞かれたので、感情の「僕ら二人で居れば最強」のとこが好きなのと、「永遠なんてないけどずっと」のところで、泣きたくなるの、って話をしてきました。
「ありがとう」って言ってもらえたけど、何かの参考になったのかなぁ。

はじめちゃんには、出会い頭いきなり

始「ペィパァー」←ネイティブな感じで

って言われて。

聖「ペーパーじゃないもん、ペーパーは卒業したもん」
始「そうか。あ、グラデュエーション オブ ペーパー」

何故英語にしたし。
とか言う話してたら、おのさんから「ホットペッパー」って言われた。
既に人ですらない。完全に冊子。

おのさんにはね、「この2日ね、時間が止まればいいのにって思うくらい楽しかった」って伝えたら、

小「時間がとまったら、ずっとライブ続けなきゃならないから疲れるからやだなぁ」

って返ってきて。
その返しは想定外でした。笑

まぁ、なんだかんだそこそこ会いに行くんですけどね。
でも、それでも今日が終わるのがさみしくて、時間とまればいいと思うくらい、楽しい時間でした。
って、結構ちゃんと伝えてこれたよ


会場を後にしてからは、泊まり組で時間があるって言うわち友ちゃんが私の電車の時間まで付き合ってくれて、最後にサシでそばを食べました。
お店のおにいさんが綺麗な京ことばを喋る方で、なんかそれだけで京都来た感がありましたよ

おそば食べながら、すごく深いところまで2人で話し込んで。
彼女とサシになると、割とよくこの感じになるよね。
お互い、同じ頃にwacciにハマって、同じように思うところがあって、いろいろ真面目なトーンで話し込んだり、わかるわかるってなったり。
この濃いい2日間の旅の最後に、このサシトークが出来て、なんか良かった。
つきあってくれて、ホントありがと

という訳で、そこから電車と深夜バスを乗り継いで、帰路へ。
この2日間でお会いした皆さん、どうもありがとうございました。
めちゃくちゃ濃いくて、幸せな幸せな2日間でした
スポンサーサイト

theme : LIVE、イベント
genre : 音楽

Secret

ぷろふぃーる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wacci愛

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ