07
3
4
6
8
9
11
12
13
14
15
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

たまの・港フェスティバル2017

たまのー

2017年5月21日(日)

第21回 たまの・港フェスティバル 築港ステージ

たまの港フェスティバル、今年も行ってきました
てかね、今年は、朝一番にセラレのステージがあって、それから、後半に、土屋雄太さん、mushimaRさん、佐藤アキラさんのソロが並びであって、最後がニコルソニックって言うじゃないですか

何コレ1日参戦パターンじゃんwww

えぇ、えぇ、行ってきましたよ、朝から
電車で行ったわけだけど、諸事情でバタバタしてたら、乗りたかった電車に間に合わず。
そしたら、次の電車は1時間後がデフォですからね、えぇ、厳しいなぁ、宇野線

10時からステージスタートなんだけど、結局宇野駅に着いたのは10:02でした。苦笑






【セラレ】

セットリスト
1.マロー・マロー
2.始まりの合図
3.深海日記
4.そんなミュージック
5.物語をはじめから
6.さよならヒーロー

ボーカル&ギター、エレキギター&コーラス、ベース&コーラス、ドラム&コーラスの、4ピースバンド。

着いたときには既に始まってる時間だったから、駅から会場まで全力ダッシュ
途中、お祭り会場になってる道を通ってたわけだけど、取り付けられたスピーカーから、奥のステージで歌ってるであろう、ムッシュ(mushimaRさん)の歌声がよく聴こえてきてました。
スピーカーから「あっちむいてホイ」って流れてたよね

ステージまで到着したのは、1曲目の『マロー・マロー』の途中。
「あっちむいてホイ」って言ってるのをちゃんとこの目で見れて良かった。

そこから、『始まりの合図』
サビになったら、アキラさんが「いくぞーーー!」ってあおってくれるから、「ヘーイ!」がすっごくやりやすかったです
1人ポツンと座ってたけど、普通にデカイ声で「ヘーイ!」言ってたよね。

そこから、MCで、「朝っぱらから賑やかにしてすみません」とか言ってたんだけど、ムッシュが一言。

m「ラジオ体操だと思ってください」

なかなかテンションの高いラジオ体操やな。笑

ちなみに、ステージの方って朝は太陽が目に入る位置にあるみたいで、まぶしいらしく。
「しかめっ面ですみませんね」とかってアキラさんが言ってて、
そしたらひじやさんが、「次の曲、『しかめっ面でごめんなさい』」とか言い出して。
アキラさんが、なんかジャラーンとギター鳴らしたりして、
フロントマンのムッシュまでそれにのっかって、

m「それでは次の曲聴いてください。『しかめっ面でごめんなさい』」

って、言っちゃった後に、普通に『深海日記』演奏しだしたよね。
ちょwwwwタイトルの訂正は?正しいタイトルコールは?wwww

『深海日記』は、もう何度か聴いてたんだけどね。
「透明から青へ色を増やすように 青から緑へ色を変えるように
 緑から青へと深みを増すように 青から黒へと光を失うように」
だったかなぁ?
この部分の歌詞を聴いて初めて、「あ、海へ深く沈んでいく時の色の変化なのか」と気づきました(鈍
深く沈んでいく海の色が、自分の心の描写のような感じなのかなぁ。とか思ったら、ちょっと余計切なくなってきた。

『物語をはじめから』の後半のコーラス好き
『さよならヒーロー』も、2・2で追いかけるように歌うことが一番好きだなぁ。
今日は、みきぽんの声がよく聴こえました。
マイクの調整の関係もあるのかもだけど、でも、個人的には、みきぽんの声、前よりも通るようになった気がするの。
(なんて、生意気なことを言いました

あとね、曲忘れたけど、アキラさんのギターソロがめっちゃかっこよかった!
エレキのアキラさんも、好きだなぁ。
リズム隊の2人が楽しそうだったのも、見ててほっこりしました


セラレの出番が終わった後は、近くのお店を少しだけ物色して、朝ごはんがてらコロッケをもぐもぐ。
ステージの近くのところで座って、太鼓のステージ見ながらお友だちとまったりしてたら、やってくるムッシュ。
続く、セラレ面々とニコルソニックの2人。笑

朝っぱらから飲んでるしwww

そのまま、ステージではフラダンスのお嬢さんたちが踊ってるのも横目に見ながら、なんやかやとおしゃべりしとりました。

ちっちゃい演者さんたちが、一生懸命太鼓叩いたり踊ってたりしてたのがほほえましかったり、おっきい演者さんさんたちは、さすがのステージを見せてくれたり。
何気に、ステージ横目で見てんのも楽しかったね


それから、お昼どきになったのもあり、お散歩がてら他の会場も見て回ってお昼ご飯を物色。
途中、ふと空を見上げたら、太陽の周りに虹みたいなわっかがグルっと出来ててビックリ。

太陽の輪っか

ハロ現象?って言うらしいね。初めて見たかも。
今日の、「ファンタスティックな空」でした


で。お昼ご飯は、たまの温玉めし。
前も食べたことあるんだけどね、またもやこれにたどり着いてしまいました。
前回は、半熟卵の殻をどうやって割ろうか悪戦苦闘したけど、そこは2回目の野上さん、もう玄人ですよ。
ためらわず、座ってたベンチの角に程よい力でゴンってして、パカってして、スマートに頂きましたドヤァ
(途中で何を言ってるのが自分でもわからなくなってきた)

後はね、今年もあった『アームレスリング大会』の、観客してました。
通りに渡してあるヒモからは、今年も「うでずもう大会」の文字がぶら下がってたんだけど

違うからね?これ、アームレスリングだからね?

毎年、突っ込む人はいないのだろうか。笑
でも、この「なんか違う」感が面白いからまぁいいや
今年も、屈強な腕をした猛者たちが、激闘を繰り広げておりました。
すごい空間だった。


と言うわけで、築港ステージに戻って、いざ後半のステージラッシュへ!


【土屋雄太 さん】

セットリスト
1.オリビアを聞きながら(カバー)
2.ハリボテ
3.Hello
4.123~Stand by me
5.愛すべき日々と獣

アコギ弾き語りの、ひじやさん。
ちなみに、音確認の時には、セラレの『物語をはじめから』を、結構歌ってたよ。
ひじやさんが歌うと、ひじやさんの歌だなぁ。

なんか、たまの港フェスティバルでのソロステージは今回が初らしくて、
司会のおねーさんが、「ソロデビューですね!」って言ってる言葉に笑ってしまった
うん、たしかに(たまのでは)ソロデビューだ、合ってる間違ってない。
しかし、なんだろうこの「なんか違う」感。笑


ライブ1曲目は、まさかのカバーで、『オリビアを聞きながら』を、歌い出すひじやさん。
選曲がすごく意外だった上に、なんか違う曲みたいだった。笑
で、歌い終わった直後に、ひじやさんが一言。

土「これじゃねぇなぁ」

はい?!
自分でやっといて、何を言い出しますかこの人は。

どうやら、今日は朝からお酒を飲んでたようで。
なかなか、顔があかかったです。
ひじやさん、いつも以上に上機嫌です。

いきなりお祭りの店が出てる道を指差して

土「ストリートーーー!」

とか言ってました。
その後、別方向の道にも向かって「ストリートーーー!」って。笑
ひじやさん、アリーナも呼ばれるの待ってたんですよ?


それから、『ハリボテ』
久々に聴けて嬉しかった。
やっぱり、「あぁうそだよぉ」が好きだ。
歌声も、その時の表情も、好きだ

『Hello』では、ハローのコール&レスポンス。
最初に知ってる人たちがレスポンスしてて、それからひじやさんが「大体わかったでしょー?僕のハローの後に3回ありますから!」みたいな感じで言ってたよ。笑
で、コール&レスポンスを何度かしてあわけなんだけど。
途中、間で喋ってたら次のハローのタイミングに間に合わなくて。

完全にリズムを見失うひじや氏の図

いっぺん、後ろまで下がって壁に手をついてうなだれたりしよったけんね。
見てるこっちは面白かったよね。
もちろん、その後ちゃんと戻ってきて続いたわけですけどね。
いや、なんか結構珍しいもん見た気がするなぁ。

そっから、「盛り上がっていけるかー!」からの、「ストリートーーー!」×2(笑)の、『123』、からの『Stand by me(カバー)』
『123』から『Stand by me』の流れは、もう定番の流れになったよねぇ。

最後は、「ぼくはこうやって、勝っていくっていうのを、歌にしました」って少し話してくれての『愛すべき日々と獣』
もう何度か聴いてる曲なんだけどね、今日、聴きながら、「春を食べて 夏を食べて」や、「変わりばえしない部屋を食べて」の、「食べて」って、時間の経過なのかな、ってぼんやり思ったり。
春が過ぎて 夏が過ぎて、変わりばえしない毎日が過ぎて行く、そんな感覚。
私の解釈だから本当のとこはわかんないけど、なんか、そんな気がしました

「手を振った君に 僕はチョキで勝つ」
のところが、やっぱり好きだなぁ。
もしかしたら、これも、君とは違う道で僕は進み続ける、ってそんな感覚なのかもしれない。


mushimaR さん】

セットリスト
1.海のみぞ知る←New
2.YOKARE
3.ハナミズキ(カバー)
4.ドラマティック
5.寄り道
6.フェアプレイ

アコギ弾き語りの、ムッシュ。
最初聴いたことない曲だったなぁと思ったら、なるほど、新曲だったのね。
どんなだったか覚えれてはないんだけど、結構好きな感じかも、って思ったのは覚えてる。笑

3曲目では、これまたムッシュもカバーを1曲、で『ハナミズキ』歌ってたの。
わーい、好きな曲
男の人がこの曲歌ってるのって、あんまり聴いたことないんだけどね、ムッシュ、似合ってたなぁ。

で、歌い終わってから、「この時間になって少し涼しくなってきたし、そろそろ眠くなる頃でしょ?」みたいなこと言われて。
すみません、ムッシュ、まさにその通りです
で、みんな寝てもいいと思う、お店の人もみんな寝れば誰も迷惑かからないみたいなことを言い出して、最後に

m「おやすみ」

おやすみ、って。笑
ごめん、でも確かにすっごい眠かった。
朝からおったし、ひじやさんのステージの前まで、歩き回ったりもしてて、座って30分、ちょうど落ち着いた頃だったり。
あとね、何気にムッシュの声って、心地よい眠りに誘われる声なのよ、個人的に。
誤解のないように言っておきますが、退屈で眠くなるわけではけっしてありません。

なんやろ、声色かなぁ、歌い方かなぁ。
好きなミュージシャンの中に何人か(このミュージシャンのこの曲、ってパターンもあるけど)、大好きなはずなのに眠りに誘われるタイプの人がいるんよね。
私の中でムッシュはそのタイプで、幸せな眠りに入れそうな音を奏でる系ミュージシャンです(褒め言葉です)

すみません、寝そうになった言い訳です。
でも、言ってることはホントです。
夜寝る時に耳元で聴いてたい

4曲目は『寄り道』でね。
これまた好きな曲で、わーいってなってました。
メロディーラインが好き。
音が順々に下がってくやつが好き。
自然と横揺れと縦揺れに切り替わりつつ、体を揺らしながら聴いてるの、心地よかったです

最後は『フェアプレイ』だったんだけどね。
私、いつもこの曲が、ムッシュの曲っぽくないなぁと思ってしまうのです。
(よく、カバーと勘違いする)
もちろん、この曲はこの曲で、好きなんだけどね
なんだろう、Aメロらへんの感じかなぁ。
そんなもんだから、この曲だけ、なんかいつも、聴いてて新鮮な気分になります。笑


佐藤アキラ さん】

セットリスト
1.カントリーロード(カバー)
2.始まりの合図
3.めぐる、めぐる
4.3分間
5.だから←New

アコギ弾き語りのアキラさん。
たまの港フェスティバルには毎年出演してるアキラさん。
もう何年だ?って話をステージ上でしてたんだけど

ア「2011年からだから…8年?」

アキラさん、中途半端に指折りしつつ数えてたけど、7年だから。笑
いや、うん、こういううっかりはアキラさんらしいなぁ、と

最初は、馴染みのある曲から、ってことで、1曲目はカバーで『カントリーロード』歌っててね。
途中、ちょこっとだけ一緒に口ずさんだりもしました。
しかし、アレだね、カバーでも、アキラさんが歌うとアキラさん節になるね。
(高音の歌い方とか、ちょいちょいアレンジ入ったりとか)

それから、朝のセラレのステージに続いて、本日2回目の『始まりの合図』
最初のイントロんとこのギターは、セラレのエレキで弾いてるのと同じなのかなぁ?
アコギで弾くイントロも、かっこいいなぁ。
こっちは、元々アキラさんが作ってるもんだから、アキラさんが歌うと、もう正真正銘アキラさんの曲になります。
ムッシュがボーカルのセラレ時とは、雰囲気ガラッと変わるもんねぇ。
朝に引き続き「へーい!」も、やりましたよ。楽しかった


「人は支え合って生きているんだよ、って言うのを、歌にしました」
という感じのことを言ってからの『めぐる、めぐる』

サビの、2回目の「めぐる、めぐる、めぐる」のとこが特別好き。
「ご自慢の広いリビング」の後のハーモニクス?(ギターの高い方の音をポロンって鳴らすやつ)が好き。
サビに入る時の、ベース音が上がっていくギターも好き。
それからね、「彼のおかげ」の後に、曲中で言うアキラさんの「ありがとう」が、すっごく幸せになります

4曲目は、すっごい久々の『3分間』
聴けたの、めっちゃ嬉しかった。
てか、口パクで一緒に口ずさんじゃってたよ。
結構、覚えてるんですから、私。笑
最後の「消えてしまえ あの3分間」が、やっぱり好きだなぁ


でもって、最後は新曲だったのです。
Aメロらへんとか、アキラさんのオリジナルにしては低くて、今までにない感じかもって思いました。
サビが、割とシンプルな進行な気がしたんだけど、もしや一緒に歌える仕様なのかなぁ?
てか、私、ライブ終わった後にサビをもう口ずさんじゃってたもんね。笑

あとね、「あなたにもらったこの声で」だったかな?
あの言葉が、なんかいいなぁ、って思ったのです。
実は、全体の時間の関係で、今日は2番をはしょってショートバージョンで歌ったらしい。
今度は、フルバージョン聴けるの楽しみにしてる


てかね。
アキラさんの高音をめっちゃ全力で歌ってる感じとか、歌ってる時に八の字になる眉とか。
アコギだけど意外とロックなギターの音とか、曲中や歌い終わりの「ありがとう」の声や表情とか。
かっこいいなぁ、好きだなぁと思うわけで。

やっぱり、アキラさんのライブが好きだなぁ。
って久しぶりのライブを見ながら思ってました


【二コルソニック】

セットリスト(公式の投稿からお借りしました)
1.ever
2.気
3.雲のある空
4.island

本日のトリでございます。
今日は、ボーカル・ギター・ベース、の、3人編成のニコルソニック。
(アコルソニック+ベース、って言ってたかなぁ?)

2曲目『気』の、ギターの雰囲気がすごく好きだなぁ。
あいりちゃんの、曲によって少し声色や歌い方の変わる歌声もイイ。
可愛かったり、かっこよかったり、いろんな表情があるなぁって。

何より、ニコルソニック、演奏中楽しそう


MCでは、あいりちゃんが、今日は朝から居たって話をしててね。
「見てくださいこの日焼け!」
とかって、腕のくっきり日焼けを見せるボーカルのあいりちゃん。笑
(ステージ衣装が袖なしって忘れてて、1日半袖を着てたらしい)
いやホント、ばっちり赤くなってたよ、あららら

「出していくスタイルで行きたいを思います」とか言ってたあいりちゃんの発言は非常に潔かったです。笑

それから、「今日は、ベースが入ってます!」って、あいりちゃんが紹介しながらベースの人の方向いたら、
そのベースの人がさらにステージの後ろの方を「どこどこ?」みたいに振り向く仕草をしたり。
お茶目さんか。笑


後は、お祭りのお店の焼き鳥も食べたって話をしててね。
「美味しかったので、ぜひ食べてください、ね!」みたいな感じであいりちゃんが話を振ったら、ギターのおにーさんが一言

「食べればいいと思う」

って言ったり。

次回のMO:GLAでのライブ告知をしてた時に、「玉野からは結構距離があるけど、良かったら来てください」みたいな話をした後に、ギターのおにーさんが一言

「来ればいいと思う」

って言ったり。笑

なんやろ、イイキャラだなぁ、このおにーさん


最後の曲は、かなり盛り上がる感じでね。
あいりちゃんが、腕を上げたまま、最後の音をうんと伸ばした後、
そこから振り下ろすと同時に最後の音が決まった一連の流れが、なんかとってもかっこよかった。
イベントのラストって感じの、盛り上がりと、パリッと締まった感。
トリのステージとして、ホント、素敵でした


と言うわけで、ライブステージの終わりと同刻に、お祭りも終了。
電車の時間がギリギリで、間に合えばそれに乗りたくて、終わった後は早々に会場を後に。
ホントは出演陣と少しお話したかったところだったんだけど…
あ、でも、帰りがけにアキラさんとバッタリして少しだけお話できたのは嬉しかったです

で、同じく、電車の時間チャレンジしてたお友だちとも途中でバッタリして。
結局、2人揃って間に合わず、おしゃべりしながら時間潰して、その次の電車に一緒に乗って帰りましたとさ。笑
まぁでも、時間チャレンジしてなかったら、お友だちと帰り道一緒にならんかったかもだし、これはこれで楽しかった。
(途中から爆睡してた私ですが)


さすがに、1日外に居たらつかれた!笑
でも、朝から最後まで、めっちゃ堪能しました。
楽しい1日だった!!

スポンサーサイト

theme : LIVE、イベント
genre : 音楽

Secret

ぷろふぃーる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wacci愛

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ