08
1
2
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

オープンマイク @ 高松 RUFFHOUSE

セッション!

2017年5月12日(金)

RUFFHOUSE OPENMIC SPECIAL EDITION「フルーティ・セッション」
  @ 高松 RUFFHOUSE


ラフハウスのオープンマイクの日。
なんだけど、今回のオープンマイクは特別仕様

翌日、アカニータこと田島茜ちゃんと、山田明義さんのツーマンライブがあるのね。
で、そのお二人が前日のオープンマイクで、MCとセッションホストを担当し、1人2曲演奏の内の1曲を、セッションしましょ。という、スペシャルセッション付オープンマイクなのです

で、まいまいさんはこれに参加するわけね。
私は、仕事終わってからラフに行くとスタート時間にはまず間に合わないから、行くのは諦めてたんだけど…
前日のクッキージャーで、山田さんとまいまいさんが軽く1回だけ合わせてたの聴いたら、とっても行きたくなって…。

着くの遅れてもいいよ、って、言ってもらえたから、結局行くことにしました




ラフハウスに到着したのは、20時頃。
着いたら、中からギターインストの方が、セッションで演奏されてるところでした。
ギターの音かっこよかったなぁ

着いた段階で、前半4組ほどは終わってたみたいで。
顔見知りの方もいらっしゃったんだけど、もう既に演奏終わってたみたいで、聴けず残念

後半4組は観ることが出来た~。
「初めてステージで歌う」って人が、山田さんアカニータの演奏で、1曲歌ってたり。
ラフハウスによくお客さんで来る方っぽかったなぁ。
お客さんで来てると、自分も体験してみたくなったりするんだよね、わかる

普段弾き語りをされてるらしい方は、独特のテンポがあったり。笑
コール&レスポンスが発生した方もいたなぁ。
セッションだから基本的にぶっつけ本番なわけだけど。
色んな方が居ても、それにちゃんと合わせる山田さんとアカニータ、さすがですよね


で、まいまいさんはと言うと。
セッション曲は、アカニータの『シャツ』を。
お二人の演奏に、ギターで参加するような形で、演奏してました。
元々ない部分にアレンジで音を加えるって、よくできるなぁ…。
山田さんのギターとリズムを合わせたり、アカニータのボーカルに部分部分でハモるような音を入れたり。
3人で演奏した『シャツ』も、かっこよかったし、楽しそうだった

ソロ曲は、鎌田純子さんの『朝がくるまで』のカバーを弾き語りで。
てか、本来2人でされてることを1人でしようとするんだから、そりゃ当然ハンパなく難しいわけで。
これまた、よくやるなぁ…、な状態に。
ギターだけでも相当難しいのに、そのギターをそのままの内容で弾きながら歌まで歌うんだもん。
まいまいさんがちゃんと歌ってるの久々に聴いたなぁ。
まいまいさんの声は、やっぱりほっこりする声だなぁ


ちなみに、セッションホストのお二人も、1曲ずつ演奏があってね。
アカニータは『あの街』
山田さんは『人生と箸~君とのMy Life~』
を、それぞれメインとサポートを入れ替える形で、お二人で演奏してました。
アカニータが今日は「高松に行きたいな~」って歌いだしてたよ。
やると思った


というわけで、セッション終了~。
終わった後は、昨日お会いしたおねーさんと今日もおしゃべりしてました
今日参加されてた人のほとんどが、明日もラフハウス参加組だったようで。
帰り際には、あちこちで「また明日」が飛び交ってたなぁ。笑

今日は、普段のライブとは違った雰囲気で、おもしろかった!
今日も今日とて、楽しい時間をありがとうございました



追伸。
アカニータのポニーテール姿が、可愛かった
スポンサーサイト

theme : LIVE、イベント
genre : 音楽

Secret

ぷろふぃーる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wacci愛

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ