09
3
4
6
7
8
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

ブッキングライブ @ 倉敷 Cookie Jar

初荒牧さん

2017年5月10日(水)

荒巻リョウ 日本西側ツアー!! @ 倉敷 Cookie Jar

こないだからね、「しばらく聴けてないから、最近、ニワさんとミズキさんの歌が聴きたいんですよー」なんて、話してたんですよ。
本人にじゃなくて、ライブ会場で会うお友だちとかにね。
(聞いてる人は何人か居るはず)

そしたら、そしたらよ、2人いっぺんに聴けるチャンスがやってきた
しかも、クッキージャー!

いやいや、言霊ってのはあるもんですよ。ホント
しかも、対バンに荒巻リョウさんのお名前もあるじゃないですか。
今まで、観れそうなチャンスは何度かあったんだけど、どーにもうまく噛み合わなくて観れなかった方のお一人。
お名前は時々お見かけしてて、ずっと気にはなってたので、これまた嬉しかったです

と言うわけで、願ったり叶ったなライブの観たよ日記




【1組目:廣政香奈子 ちゃん】

セットリスト(一部表記不明)
1.貴方の恋人になりたいのです (カバー)
2.花瓶の花 (カバー)
3.たばこ (カバー)
4.Good-bye days (カバー)
5.きいろい花火

トップバッターは、アコギ弾き語りの可愛らしいお嬢さん
はじめましての子だなぁと思ったら、なんとライブハウスのステージに立って歌うのはコレが初めてなんだとか

香「緊張してますが、それ以上に楽しみたいと思います。」

おぉ、初めてでも喋りもすごくしっかりしてる

まだ、オリジナルは1曲しかないらしく、セットリストはカバーが4曲。
阿部真央さんとかコレサワさんとか、なんかもう選曲がイイ、なんかイイ、好き、私その選曲
個人的には、カバーの中では、ひゅーいさんの曲が一番声に合ってた気がしました。
サビの、高音部分のファルセットの感じとか、すごくえー具合の高さやなぁって思ったのです。
カバーの中ではコレが一番好き

で、最後にオリジナルを歌ってたんだけどね。
それまで、『花瓶の花』が一番好きやなぁって思ってたんだけど、最後のオリジナルがそれよりも良かった。

曲作り自体初めてで、何もひねらずに単純に作った的なことを言ってたんだけど、いやいや、言葉選びのセンス、良いと思うの。
正確には覚えてないけど、「君の涙をパールに変えて 君の綺麗な耳元に」だったかな。
サビ始まりの曲で初っ端にこのフレーズが来て。
おぉ、この言葉選び好きってなりました。

え、てか、本当に曲作り初めて???


元々、路上では歌ってたみたいで、MCで、「時間があるからちょっと聴こうか、じゃなくて、こうやってちゃんと聴いてもらえるのは初めてで、嬉しい」みたいなこと言ってて、あぁなるほどなぁ確かに、って思ったり。
喋りは少し初々しい感じはあったけど、それでもしっかり喋ってたし、歌は本当に堂々と歌ってて、初めてとは思えない素敵なステージでした。


【2組目:ニワヒロシ さん】

セットリスト
1.旅のうた
2.U
3.グランブル
4.牛乳飲んでギュー(カバー)
5.TSUMUGU
6.イエスタデイ

アコギ弾き語りのニワさん。久々観れて嬉しかった。
1曲目から『旅のうた』で、テンションあがりました←好き
やっぱりラスサビとこの、「君の笑顔が見たぁーい」の高音とこの歌声が、聴いててすっごく気持ちいいなぁ。

2曲目の『U』は、かなり久しぶりにやる曲みたいで、私も初めて聴いたかも?
イントロのギターがえぇ感じやったのです。
「ニワヒロシ史上最も暗い曲」って言ってたかなぁ、確かに、結構暗めやった。
でも、歌詞も結構気になる感じだったのです。
どういうシチュエーションなのか、飲み込みきれなかったとこがあって、ちょっとこれもう何回か聴き込みたい←

あとね、個人的には、2曲目『U』→3曲目『グランブル』の流れが、歌詞的に繋がってる感じがしてえぇなぁと思いました。
『グランブル』も、ネガ寄りだけど、『U』よりは立ち直った感がある感じで。笑
相変わらず、『グランブル』の「ごめんなさい」の歌い方が好きな私です←


今日は、MC少なめで6曲歌ってて。
なんかね、後半2曲がかなり熱かったです。
『TSUMUGU』のサビがね、やっぱり好きだなぁ。
『イエスタデイ』は、前半の静かめなギターと歌からの、後半の熱さへ変わる感じがかっこよかった。
前半の静かに歌ってるところがかなり好きな私なのだけど、最後の力強く歌うこともイイなぁ。
ラスサビの「昨日に変えて 希望に変えていこう」のとこ、ギターも含めてとっても好き~


【3組目:荒牧リョウ さん】

セットリスト(一部タイトル・表記不明)
1.(タイトル不明)
2.Deep inside of me
3.ケットシー
4.GLAMOROUS
5.輝いて
en.タカラモノ

というわけで、はじめましての荒巻リョウさん。
目の端にメイクとか、かっこいい系の服にヒラっとした羽織りものを合わせるセンスとか、見た目にもすごくかっこよいおねーさん。
アコギ弾き語り…のステージのハズなのだけど、1曲目から、もう熱量がすっごかったの。

あれは、弾き語りの熱量じゃない。
もうフルバンドのステージ観たくらいの感覚

かと思ったら、2曲目には、すごく静かな曲、というか、切ない曲になって、呟くようにため息を吐くように歌ったり。
なんか、歌詞も歌い方もせつねぇ…。

3曲目の『ケットシー』(表記不明)って曲ではループマシンギターや声をループさせる所から。
なるほど、横にあったスタンドマイクは、それ用だったのか。
で、声を録音し出したと思ったら、まさかの高い方のパートから録音しだして、「え?高い方から行くの?!」ってビックリ
(低いパートを先に録音した方が歌いやすいイメージが…)

これまた、曲調がすごく好きな感じで。
なんだろう…民族的?なんか、草原のイメージが出て来たんだよなぁ、私。
今日聴いた中では、この曲が一番好きやなぁって思いました。
コール&レスポンスもあったんだけど、これまた楽しかった


『GLAMOROUS』(表記不明)って曲は、今度はすごくノリのよう感じで。
歌いながら、「ダンス」って歌詞のところで片足をピョンって上げたりとか、なんか、歌ってる時によく動くの。
これがまた、かっこよかったのです。

MCでは、物販の案内などもしてたわけですが、

リ「今日は、全部で10種類持って来てるわけですが、今日歌った曲は、1曲ずつ違うCDに入ってますので。せこいことをしております」

とかって自分で言っててワロタ


ステージ終了時には、トリじゃなかったけどアンコールもかかって。
まさかのアンコールにリョウさんもビックリして、まっつんさんに「いいんですか?」みたいにステージから確認してたんだけど

むしろ、率先してアンコールしてたのは、まっつんさんだから。笑

というわけで、最後にアンコールで1曲、『タカラモノ』という曲を歌ってくれました。
サビの最後に、「ターカーラーモノ!」ってフレーズがあるんだけど、そこはファンの方も一緒に腕をあげて歌っててね。
なんか、そういう光景もイイなぁ、って思いました


【4組目:ナカモトミズキ さん】

セットリスト
1.星のラブレター
2.ハミングバード
3.ノート
4.キミノコタエ
5.しあわせ
en1.カラフル
en2.ありふれた日常(1コーラス)

アコギ弾き語りのミズキさん。
観たいなぁと思って、最近またiPodで曲聴いたりしてたので、このタイミングでライブ観れてホント良かった。
しかし、リョウさんの後にミズキさんが同じところに立った姿を見て…背ぇたけぇなぁー…と、しみじみ思ってしまった。
いや、高いのは知ってたんだけど、改めて再認識してしまった

歌ってる時に、目の端の方で客席の方を見る独特の視線の流し方とか、口の端をあげる笑い方とか。
歌だけじゃなくて、そんな癖や仕草でも、あぁミズキさんだなぁ、なんて思ったり

1曲目か2曲目かくらいやったと思うけど、部分部分でベース音がえー感じに聴こえてきたとこがあって、お、かっこいい、って思ったのです。
『ハミングバード』のね、「太陽は見捨てちゃくれない」って歌詞も、やたら印象に残ったの。
この、ネガティブなのかポジティブなのか、むしろネガティブの中にポジティブがあるのか、って言いたくなる感じ。
これも、ミズキさんだなぁって思うのです。

続いての『ノート』では「綺麗なねーちゃんと飲んだとか」のとこ歌った直後に、「へへ」って感じの表情してたのが、可愛かったです

それから、続けてさくっと曲に行こうとして、歌い出す直前に「やっぱりもう少し喋ろうか」ってなるミズキさんに笑ったり。
うっかり「しゃべるんかーいww」って口に出してつっこみそうになったよ、私←


セットリストの最後は、なんと新曲。
Twitterとかで事前に「今日、新曲やります」って言ってしまったから、しかもそれを最後にやるって決めてしまったから、今日はずっと落ち着かなかったらしいミズキさん。
やっぱり、どれだけ場数を踏んでる人でも、緊張するものってあるんだなぁ。

「あなたの明日が幸せでありますように」って感じのことを話してから歌われた、『しあわせ』ってタイトルの曲。
それだけ見ればポジティブそのものな単語だけど…

「つまらない日にはしたくないだろう」
「信じる度に馬鹿を見るけど 疑いだしたらキリがない」

そんな感じの言葉が歌詞の中には出てきてて。
あ、この歌は、“しあわせに生きようと自分に言い聞かす歌”なんだな、って。

「しあわせは自分の心が決める」

が、最後のフレーズだったかな?
そんなフレーズに、なんだか背中を押された気がしました


ちなみに、今日はミズキさん、ライブ中に「今日はアンコールはありません。フリでもなんでもないです」って先に言ってたのね。
なんだけど、終わった後にアンコールをしだす…まっつんさん。笑←店長自ら

いいのか、やっていいのか

で、「ホントに?!それホントのヤツ?!」って言いながらも、アンコールに答えてくれたミズキさん。
「明るいので行くかドバラードで行くか」というミズキさんの言葉に、「明るいの!」と即答するリョウさん。笑
結果、アンコールの曲は『カラフル』に。
曲の最後の最後の、オフマイクの「君の居ない世界に僕は何の用もないんだ」が、かっこよかったなぁ

アンコールの1曲も終わって、ライブ終了かと思いきや、
更に、ダブルアンコールをしだす…まっつんさん

思わず、「いいの?!そりゃ聴けるなら聴きたいですけど?!」って口に出して言っちゃいましたよね。
ミズキさん本人も、「もう時間遅いよ?!」「ホントに?!」って、心配しだす状況に
でも、「時間やばい人は、今からしばらく目をつぶってるので遠慮なく帰ってください」みたいな事言いながら、ステージ上で両手で目をふさいでるミズキさんの仕草が、なんか可愛かったです

というわけで、最後は少し勢いのある曲で終了ー。
なんだかんだで、ミズキさんの曲もたくさん聴けてしまった


ライブ終了後は、並んで観てたお友だちと、今日のライブの感想を言い合ったり、うちの子(飼い犬飼い猫さん)トークに花が咲きまくったり。笑
出演陣の皆さんとも、少しずつお話が出来て嬉しかったのです

明日も仕事でそろそろ帰らなきゃ、という方が、帰ろうとしてうっかりその場の話にまた花が咲いちゃって、ってことを繰り返してたら、最終的にミズキさんに、「何度も聞くけどホントに帰らなくて大丈夫?」「帰ろう、外まで送るから」みたいに言われてて。笑
ミズキさん的には、「帰るタイミングを逃してしまって帰れなくなってるんじゃないか」って心配になってたみたい。

でも私、なんか、なかなか帰れないその気持ち、ちょっとわかるなぁ。
私はたぶん、楽しかったライブの日ほど、少しでもその場に残って楽しかった空気の余韻に浸っていたいタイプで。
この場所を後にしたら、楽しかった今日が終わってしまう合図のような気がして。
帰らなきゃいけないとは頭でわかってても、心がまだ残る言い訳を必死に探してこの場所に居続けようとするような。
なんか、そんな感じ。だったんじゃないかな、きっと

まぁ、早く帰らなきゃいけないのは確かに事実なんですが


今日はもう本当に、それぞれにかっこいいステージで。
良い意味でおなかいっぱいになったライブでした。幸せな満腹感
楽しかったぁ。
今日もステキな時間をありがとうございました

スポンサーサイト

theme : LIVE、イベント
genre : 音楽

Secret

ぷろふぃーる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wacci愛

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ