11
1
2
3
5
6
7
9
10
11
12
15
16
17
18
19
23
24
25
26
27
28
29
30
   

花山あゆみさん ライブ @ 広島 楽座

楽座!

2017年4月30日(日)

対バンライブ @ 広島 楽座

例によって、相方さんの突然の「広島行こう」発言から、急きょ行ってきました、広島 楽座。笑
いつものことながら、ホントに突然やなぁ~

ちなみに、今回は、花山あゆみさん、という、相方さんが広島に居た頃からのお友だちさんのライブなんだとか。
もちろん、私ははじめまして。
というか、今日のライブは、誰一人知ってる出演者はいないというね。

最近、こういうライブは行ってないので、ちょっとドキドキでした

というわけで、本日の観たよ日記





【1組目:うずら さん】

会場に着いたのは、スタート時間を回ってから、だったもので。
中に入ったら、もう1組目の方のライブが始まってる状態でした。
ラスト2曲か3曲かくらい、聴けたかな。

キーボード弾き語りのおねーさん。
シャツにオーバーオールの衣装が、似合ってて可愛らしかったのです。

MCで、「最後の曲です」って言ったときに「えーー」って言ったお客さんが居て、すかさず
「ありがとうございまーす。それを待ってました」とか言ううずらさん。
そのやり取りが面白くて思わずふふって笑っちゃったら、それを思いっきりうずらさんに拾われて、ふふって真似されちゃったよ

歌も、なんだかまっすぐな感じの印象を受けたおねーさんでした。


【2組目:竹内ゆえ さん】

下関の方らしいです。
アコギ弾き語り、というか、あ、いや、弾き“語り”であってるのか。

最初、私がお手洗いに行ってる間にもうライブが始まっちゃって、歌ってる声がお手洗いまで聴こえてきたんだけどね。
実は、「あれ?男の人?」って思ったのです。
なんか、それくらい、低音の歌い方がかっこよかったの

出てみたら、だぼっとした赤いお洋服を着たおねーさんが、アコギを手に歌っておりました。
これがまた独特な世界観で。
少し妖しい…怪しいかなぁ、聴いててちょっと怖くなるような、でもなんか聴いてみたいような。
なんか、すごく不思議な世界観の曲たちでした。


途中、「次の曲は、私の曲の中で、数少ない、みなさんに参加していただける曲です」とか言い出して、コール&レスポンスでもするのかと思ったら。

ゆ「サビの部分で、“牛売り 牛売り~”と追いかけていただく感じで」

…牛売り

いや、もうね、まさかライブで「牛売り」と歌う日が来るとは思わなかったよね。
これまたなんとも不思議な曲だったんだけど、途中、小学生の男の子が慌てて家に帰ってランドセルを投げ出して言った言葉が「おかーさん!牛買って!」だったのは、結構ツボでした。

欲しいのか、牛…。


後は、『田鶴ちゃん』という曲。…曲というか、もうすべて語りで進んだけどね。
個人的には、これが、一番印象的だったかも。

幼稚園の幼馴染で一緒に遊んだ田鶴ちゃん。
いつも、ニコニコしてる田鶴ちゃん。

引っ越してしまった“私”の所に、今年も田鶴ちゃんから暑中見舞いが届いたっていう歌詞の始まりだったんだけどね。
“私”が6年生になった頃に、田鶴ちゃんの暑中見舞いには、「4ねんせいになりました」と、ひらがなだけの文章で書かれている、という描写。
「ゆっくりゆっくり生きてや」という言葉に、あぁ、そういうことか、と。

なんか、ふと、自分が小学生だった時の、仲良しだった子のことを、思い出してしまいました。


他にも、実際にある詩に曲を付けたもの、なんてのもあってね。
なんか、ライブ全体を通して思ったのが、「吟遊詩人みたいな人だなぁ」でした。
物語を語り継いでいくような、なんかそんな不思議な雰囲気を持たれた方でした


【3組目:花山あゆみ さん】

キーボード弾き語りのお嬢さんでした。
オリジナルと、ちょこっとカバーも混ぜつつのライブだったのですが、カバーの選曲が、いちいちツボでした。
終わった後、「私、絶対あの子と曲の好み合う」って相方さんに思わず言っちゃったよね

オリジナルも、どれもステキだったなぁ。
ただ、それぞれ曲に行く前にその曲が出来たきっかけとか、カバーなら選んだ理由とかを少し話すんだけど、その話の内容がおもしろいものが多かった。笑

友だちに、歳の離れた上司を好きになったって話を聞かされてできた曲、とか。
たまたま見た生命保険のCMの、「あなたより先に逝けることが幸せです」ってフレーズに衝撃受けて、「いやいや残される方の身になってよ」って思ったことを曲にしました、とか。
(しかも、タイトルはその時ハマってた映画?ドラマ?のタイトルからとったからまったく意味ないとかww)

そんな感じなんだけど、曲はすごく切ない恋の歌だったり、残された人の心情をリアルに歌ってたり。
ちょっと、曲が出来たきっかけとのギャップが!笑


あとね、実家で飼ってる猫の話もしてて。
お母さんが2ヶ月くらい入院することになってしまったときに、高齢にゃんこの世話のために、毎日朝と夕方に実家に通ってた時期があるらしくって。
その時、行ったら玄関まで走ってきて、帰る時には寂しそうに見てる、そんな猫の姿を見て、作ったっていう曲があってね。
『アール(表記は不明)』って曲だったんだけど…これが、なんかもぅ、あかんかった。

うち、もばーちゃんが腰骨折して入院して、家に猫と私だけになってた時期があったから。
「なんで私はひとりぼっちになってるの?」「あの人はどこに行ったの?」って状況がわからぬまま家でひとりぼっちになった猫目線の歌詞が、すっごいそこともダブってしまって。

めっっっっちゃくちゃ寂しくなりました←泣いた


カバー曲では、遅ればせながら“君の名は”を観たって話をした後に、「タイムトラベルした人の歌を歌います」で、歌ったのは『かわらないもの』で。
そう来たか、“時をかける少女”ですね、確かにタイムトラベルものだわ~。ってなりました

とか、しばらく体調崩してた時に肉をほとんど食べてなくって。
「肉食べたい、ってなったので、この曲選びました」で、演奏しだした曲が『My Dear Pig』で

ちょ!!!いや確かに肉だけど!!!!

ってなったり。
いやもぅ、タイトル言った時点で吹きましたよね。
(ちなみに、飼ってる豚をソーセージにして1人で食べちゃうのという、曲調だけが可愛らしい歌)

うん、でも、そのセンス、嫌いじゃないwwww


ライブの最後にはアンコールがかかって。
まったく予想だにしてなかったらしいあゆみさんは、「えー…」って言いながら出てきて、「いやいや何も用意してないけど、どうすれば…」な状態になっておりました。笑
その後、腹をくくったらしく、最後にライブではやってない曲をもう1曲。
カバーで『月のしずく』という曲だったのですが、これまた、雰囲気が他とも違って素敵だったよ~。


というわけで、ライブ終了ー。
終わった後は、扉を出た階段下の所で、相方さんとあゆみさんがお話してるのに横から加わったり。
というか、このお嬢さん結構共通点多くて、勝手に親近感わいていつもよりも人見知りしなかった!かも!笑
(動物占いペガサスだし、副鼻腔炎なっちゃったことあるし、高齢ネコ飼ってるし、コールセンターだし、曲の好みかぶってる気だし)

相方さんが、私が今日ダテ眼鏡かけてることを、「この眼鏡、ダテなん」って突然話し出して。
2人そろって、「いま?!(それ今言うタイミングだった?の意)」ってつっこんでしまったのが面白かったwww


すっごく弾丸スケジュールだったけど、良いもの観れたなぁ
今日も、楽しい時間でした。
ありがとうございました


スポンサーサイト

theme : LIVE、イベント
genre : 音楽

Secret

ぷろふぃーる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wacci愛

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ