11
1
2
3
5
6
7
9
10
11
12
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

うたの魔法にかかる夜 @ 倉敷 れんと

ステキなタイトル

2017年4月29日(金)

うたの魔法にかかる夜 @ 倉敷 音楽ひろば れんと

Camparchがれんとでライブがあるって言うので、行ってきました
ちなみに、今日のイベントタイトルは、かんぱちのまいちゃんが出した候補が採用されたらしいよ。
自分が仕事で疲れた日でも、素敵なライブを観たら、魔法にかかったように元気をもらえる、っていう自分の経験から、今日もそんなライブをお届けできたら、って気持ちでつけたんだって。
前の“てっぺんの星は君に”の時も思ったけど、やっぱりまいちゃんのセンス好きだなぁ

れんとに着いて会場に入ってみたら、いつものテーブルとソファーじゃなくって、今日は椅子のみが綺麗に並んでて、ビックリ
今日は、お客さんがたくさんなのね。
れんとで、この椅子の並びは初めて見たかも?

と言うわけで、本日の観たよ日記




【1組目:Campsrch

セットリスト
1.ウォークインクローゼット
2.溜め息
3.doo doo
4.イルミネーション←New
5.セケンサマ←New
6.栞
7.Present


ボーカル兼カホンだったりキーボードだったりのおとのまいちゃんと、アコギの宇治ミルク金時くんのご夫婦ユニット。
今日はトップバッターでした

お二人が出てきて、そのまま演奏に入ってライブスタート。
『ウォークインクローゼット』なんか今日はいつもよりもテンポが少しゆっくりに聴こえたのは気のせいだろうか?
まいちゃんが、ハンドマイクで歌いながら、途中から片手でカホン叩いてて、またなんか新しいことしてるなぁとかおもいました

それから、金時くんがギターを弾いてるのをバックに、まいちゃんが「Camparchです、よろしくお願いします」ってあいさつと、次の曲のことを少し話してから、そのまま次の曲へ。
てか、『ためいき』→『Doo Doo』が、曲続きになってて、すごいスムーズに曲移行されてビックリ
次の曲に移ったの、しばらく気づいてなかったもん。笑
前の3曲は、アップテンポで、力強かったなぁ。


4・5曲目は、新曲。やった、新曲聴けた
『イルミネーション』を歌う前に、まいちゃんのおじーちゃんの話をしててね。
おじーちゃんが体調を崩して、年を越せないかもしれないってことになって。
それでも、元気とは言えなくても持ち直して、無事年を越すこともできて。
そんな、去年の年末の景色を忘れたくなくて、作った曲なんだって。

歌詞はちゃんと覚えてないけど、歌い出しから、「今年の冬は雪がひどくてニュースになったほどで、雪で足止めされてる人たちのために、近くに住む人たちが暖かいものを差し入れしたと言う」って感じで、記憶に新しい豪雪での渋滞のことから始まって。
この時点で私、あ、やばいな、この曲、ってなった。

風景が鮮やかに浮かんでくる曲と、生死がかかわる曲に、めっぽう弱い私です。

「今年も誰1人かけることなく終えられたね」とか、
「赤い赤いパトライト」とか、
「道の端に寄って車をとめる 優しさではなく、それがルールだから」とか。

昔ね、私、救急車のサイレンの音を聞くたびに泣きたくなってたことがあるのね。
今でも、自分の精神状態次第ではたまになることがあるけど。
今、あの救急車の中に乗ってる人は大丈夫なのかな、大丈夫だといいな、家族や大切な人はどんな気持ちなんだろう、とか、そんなことを考えてしまって、なんかつらくなって。
歌を聴きながら、そんなことを思い出しちゃって。

聴いてたら涙出てきてしまった。
金時くんの静かなギターも、素敵だったなぁ。


続く『セケンサマ』は、ガラッと雰囲気が変わってかっこいい曲で。
「自分と自分の大切な人の言葉を信じて前へ進め」だっけ、そんな感じがイイ
てか、この曲、なんか今までのCamparchにないカラーのような気がしました。
なんかね、音の感じがすごくかっこいい。
まいちゃんの「前へ進め」の言い方も、かっこよかった!

『栞』も、なんか久々に聴いた気分。
いつみても、ループマシンの扱いが鮮やかですげぇなぁと思うのです。
金時くん、失敗することあるの…?


MCでは、まいちゃんがCamparchの自己紹介的なことを少し長めに話してて。
「日本語で“かんぱち”って打っちゃうとお魚のかんぱちが出ちゃうので、英語で“Camp(キャンプ)”“arch(アーチ)”でCamparchです」って説明しててね。
なるほど、その説明だとスペル忘れなくて良いね。それでインプットする!
(とか言いつつ、すでにスペル覚えてはいる私)

で、金時くんのことを、「宇治ミルク金時くんです」と紹介した時に起こるお約束のくすくす笑い
でも、あの名前、金時くんが自分で「宇治ミルク金時にする」って言ったのは初めて聞いたかも。
何故それをチョイスしたのか、是非今度本人に直接聞いてみたい。


後はね、先日ラジオ収録というものを体験した話とか。
まいちゃんははじめての体験だったんだけど、金時君は体験したことがあったらしく。
やる前は「俺に任せとけ」的なことを言ってたんだけど、実際にやってみたら、「たいしたことなかったです」とかってまいちゃんが言ってて、またもやお客さんのくすくす笑いを誘っておりました。笑
そういうやり取りしておいて、「あ、ここ夫婦なんです」って。そーいえば今日言ってなかった!笑

で、ラジオ収録の話したくせに、放送日を言わないまいちゃんに「言わんのかい」って突っ込む金時くん。

ま「今言ったって、みんな忘れちゃうでしょ?」

…うん?

ちなみに、MCで最初に話した時にはそんな感じのこと言ってたんだけど、結局最後のMCの時には、ラジオの放送日と新しいCDのレコ発ライブの日と、両方日付を告知しておりました。

結局言うんかーいww

…でも、ラジオの放送日が疑問形だった。
たぶん、5月13日、FM岡山らしい。笑

基本、まいちゃんがお話ししてて。
時々金時くんに突然振ってが、金時くんが「何が?!」って返すお約束の2人が可愛かった。笑


最後の曲は、久々にやるらしい『プレゼント』で、まいちゃんがキーボードも弾いてました。
なんか、私、この曲聴いたことある気がするんだけど、いつどこで聴いたのか思い出せない。
(何かと勘違いしてるかもしれんけど)


【2組目:Yoshimi with SP

セットリスト
1.遠く遠く(カバー)
2.Everything(カバー)
3.本能(wirh 青木亮/カバー)
4.はじまりの詩(with 青木亮)
5.あしたの空
6.ヒカリ


2組目は、今までも時々お見掛けしたことのある、ボーカルYoshimiさんとキーボードSPさんのユニット。

カバーとオリジナルと半々くらいだったかなぁ?
『遠く遠く』や『Everything』や、かなり有名なJ-Popのカバーだったんだけど、Yoshimiさんが安定の歌の上手さと声の優しさで。
なんかもう安心してまったり聴けちゃうものだから、うっかりウトウトしてた私です←寝不足

SPさんのキーボードも落ち着いた音でさらにまったり気分に

3曲目のカバーの『本能』と、4曲目のオリジナルの『はじまりのうた』は、スペシャルゲストでれんとの青木さんがベース(声の方)で参加。
これがまた、青木さんの低音が入ったら、超ーーーかっこよかった!


MCでは、SPさんの名前についていじられてたような。
なんか、他のイベントでのことらしいけど、紹介するときに読み方がわからなくて止まられたとか。笑
いや、まぁ、時と場合によっては、「スペシャル」って読んだりしますものね、この二文字。
「スペシャルじゃないSPです」とかってご自分でも言われてたなぁ

後半はオリジナル曲が続いたのですが、オリジナルも、言葉も歌もなんか綺麗だったなぁ


【3組目:だいふく】

セットリスト(一部不明)
1.だいふくはいかが
2.月によせて
3.(Beatles カバー)←タイトル聴き取れなかった
4.Red Lion
5.Isn't She Lovely(カバー)
6.いつかの家族
7.星空バス

ボーカル・キーボード&コーラス・ベース&コーラス、の、3人組ユニット。
今回、唯一のはじめましてでした。

ボーカルのあかりさんのトークがめっちゃテンポが良くって、楽しいの。
で、時々ベースの朝井さんにトークをバトンタッチするんだけど、そしたら今度はおにーさんの方はすっごく真面目で完全敬語の言葉使いで話し出して、…と思ったら、しゃべってる途中に突然

朝「って、かたいなぁ~

と、自分で言い出すって言うのを、2・3回してました。笑
こちらはこちらで、「硬いなぁ~」のタイミングが楽しかった


1曲目は自己紹介ソング的な感じだったのですが、歌の内容は、ひたすら大福(食べる方)について歌ってました。笑
途中、あかりさんが

あ「君はなに大福が好きかい?私は、いちご大福が好きだなぁ」

みたいな語りを入れだして、これまた笑いました


2曲目『月によせて』もオリジナルやったんけど、この曲は、あかりさんが月夜に空を眺めてたら、浮かんでる雲がいろんなものに見えて、最後に3人の神様に見えたんだって。
その勢いで書いた曲なんだとか。

あ「ほんとにいろんなものに見えたんですよ。…まぁ、その時かなり酔っぱらってたんですけどね」

酔っ払いやったんかーーーいwwww

とか言いつつ、曲はなんか、すごくステキだったの。
綺麗で線が細い感じの音で、なんだか幻想的。
途中、『ムーンリバー』のフレーズが出てきたりして。
なるほど、オリジナルとカバーというのはこういうことか。

Beatlesのカバーの曲では、3人それぞれが、交代でメインボーカルになるスタイルで。
キーボードの美貴さんもベースの朝井さんも、それぞれに良い歌声だったのです。
3人がそろって歌うところも、かっこよかったなぁ。

『Red Lion』は、「1人震えてた小さなライオンが、自分の足で立ち上がり走り去るまで」を曲にしたらしい。
うん、確かになんかすっごいミュージカルだった
最初の静かな始まりからの、後半の盛り上がり。
最初と最後だけ切り取ったら同じ曲に聴こえないやつ。笑


『いつかの家族』は、以前、あかりさんがバックパッカーをしてた経験があってできた曲。
「君のその小さな手に大きな未来を持って生まれてきた」って感じの歌詞に、なんだか泣きそうになったり。
その時に、会場内の小さなお客さんを指さして歌うあかりさんの仕草に、またグッと来てしまったり。


MCでは、始終テンポがよくて楽しくって。
最後の曲の前に、あかりさんが

あ「言い残したことはないですか?」

って他のお二人に聞いて、朝井さんが物販の告知をされたんだったかな?
で、その後に続いて

あ「私が言い残したことは無いですか?」

というあかりさん。
その確認は斬新すぎたwww

ラストの『星空バス』は、アップテンポで楽しい雰囲気の曲でした。
途中、「音楽ひろば れんとへ~」って歌詞を変えて歌ってるのも、よいね


各出演者のライブが終わった後は、最後に全員集合して1曲セッション。
ボーカルは女の子3人で。
それから、ベースにギターに、まさかのダブルキーボードで。
まいちゃんがカホンも叩いたりカズーを吹いたりもしてました。
手作りカズー、良い出来だねぇ

で、何を歌ったかというと、『ビューティフル・ネーム』
女性陣それぞれ歌い方が違っててそれぞれにステキやった。
後半の英語の部分をあかりさんが歌われてたのが、またかっこよかったなぁ。

で、まさかのダブルキーボードは、一体どういうパート分担になっていたのか。
即興セッションって、たまにあるけど、キーボードがかぶることってなかなかないよね。
最後のセッションも、とっても楽しかった!!


というわけでライブ終了~。
事情がかわってあんまりゆっくりはできなかったんだけど、それでも少しは来られてる人たちとお話しできてよかった。
まいちゃんに感想を言おうと思ったけど、直後はやっぱりちゃんと言葉にできなかった私は、結局、「『イルミネーション』と『セケンサマ』は、これから結構やってく予定?」とだけ聞いちゃう始末。
気に入った、ということを、わかってくれてありがとう。笑

…後から落ち着いて文章にしたら、いくらでも感想出てくるのにねぇ~


ともあれ、3組それぞれのカラーがあって、魔法のような素敵なライブでした。
今日も楽しい時間をありがとうございました

スポンサーサイト

theme : LIVE、イベント
genre : 音楽

Secret

ぷろふぃーる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wacci愛

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ