FC2ブログ
   
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
25
26
27
28
29
30
   

Emi Tem Happy Drawbar ワンマン @ 高松 RUFFHOUSE

エミテム~

2017年4月11日(火)

Sweet Home TAKAMATSU!! ~Emi Tem Happy Drawbar ワンマンLIVE~
  @ 高松 RUFFHOUSE


初・エミテム

というわけで、Emi Tem Happy Drawbar(エミテムハッピードローバー)を観に、行ってきました。
エミテムはね、山田明義さんと花田えみさんのユニット。
お二人が一緒にされてるライブを観にいったことはあるんだけど、エミテムとしてちゃんとユニットとしてかいししてからは、これが初なのです。

仕事終わって、そのまま車に乗せてもらって、GO
19時半ちょい過ぎに着いた。今までで最速
19時半スタートだったけど、会場入ったら、ちょうど始まる直前って感じで。
仕事の日で、ラフハウスの開始時間に間に合ったの初めてです、やった
てか、むしろ相方さん、ありがとう


中に入ると、奥側にレスリースピーカーが鎮座しておりました。
あの階段をまた降ろしてきたのね。
…どうやったら入るんだろうって毎回思うんだけど。笑

受付にあんりょちゃんが居てね、中入った瞬間「来たね!」って言われたよ。
えぇ、来ましたとも←なんだかんだで時々会えてる


エミさんがステージ向かって右側に座ってて。
山田さんも今日は座りで演奏してて、なんだか少しだけ、まったりした雰囲気でのライブでした。
ちなみに、二部制でのステージでした。


というわけで、今日の観たよ日記。



【一部】

セットリスト(一部表記不明)
1.サクラカラー
2.Kitty
3.さがしもの
4.アイノタメニ
5.からっぽの小屋
6.レイニーアベック
7.夜更けにぼんやりできた唄


1曲目の『サクラカラー』は、初めて聴いた曲。
春ならではの選曲ですね。
さわやかな感じだったけど、でも、歌詞が少し切ない気がしたなぁ。

『Kitty』は、えみさんメインのインストやったんけど、途中、山田さんがカズーでメロディーライン吹き出したりして、なんかいつもと違う感じ。
てか、カズーで高音出すの、結構息が必要な気がするんだけど、結構高い音まで出してましたなぁ~。
そして、拭き終わった直後に「ツバがたまる。笑」とか言いながら引き続きギター弾いてる山田さん

…ときに、『さがしもの』って、つくづくわがまま歌詞だなぁって思うんだけど。
田舎が良いけど、Wi-Fiなきゃ駄目だとか、コンビニないと駄目だとか←
でもその気持ちすげぇわかるってなりますな

そして、『アイノタメニ』の山田さんが可愛い件。(言い方!)
いや、声はしっかり男の人なんですけどね、歌い方だよなぁ。特に語尾。
あと、えみさんの最初のオルガンの音もなんか可愛かった。
ちなみに、この曲の女性の気持ちもわからんでもなかったりする。特に2番


『からっぽの小屋』が、飼ってたマルチーズのことを歌った歌って、初めて聞いたかなぁ。
いや、飼ってた犬ってのは聞いた気がするんだけど、犬種が。

サビの最後がね、ずっと「君が呼んでる気がする」って歌詞なのにね。
最後の最後が「君を呼んでしまう」やったとこで、なんかすごくさみしくなって、ちょっと泣けてしまった


『レイニーアベック』ん時、音がめっちゃエコーつよくって笑いました。
ちょww今城さんwwww
しかも、普通に真面目に聴いてたら、山田さんが演奏途中で「真剣に聴かなくていいですよ」とか言い出すし。
いやー、もう、楽しかったwwwwww


【二部】

セットリスト(一部表記不明)
1.candle
2.大好きなコロッケ屋さん
3.スペランカー(…はたしてこれは「カバー」という表記で良いのか…
4.ハッピーホッピータイム
5.この素晴らしい世界
6.Let It Shine
7.どこの誰だか知らない人
en.人生と箸〜君とのMy Life〜


1曲目はえみさんメインの『candle』
演奏前にね、「身近な人が亡くなるという経験をした時、その景色を忘れないように歌にした」って言ってたえみさん。
えみさんの鍵盤ハーモニカの音がね。
同じフレーズを弾いてるのに、弾き方の違いだけでなんだか見える景色に時系列があるようで。
火葬場の煙が上がる風景とか、全て終わった後の、誰もいなくなった斎場の控え室とか。
なんか、そんな風に思えてしまって、涙出て来たよね。
インストで泣くことってあんまりないものだから、自分でもビックリした。

『大好きなコロッケ屋さん』は、なんか曲が可愛かった。
山田さんは30円くらいの時代って言ってたけど、私は60円くらいしか知らないかもしれない。
あとね、電車に乗ってる時の擬音らしき言葉がなんか可愛かった。
「ガチャコン ガチャコン」だったかな


そして次の曲に入る前に、おもむろにヘルメットを被ってヘルメットについてるライトをつけるお二人。
何事かと思ったら、「みなさんは、ファミコンやったことありますかね?」みたいなことを言い出す山田さん。

というわけで、“スペランカー”ってゲームのテーマ曲を、まさかの演奏。笑
ファミコンのピコピコ音の雰囲気が、なんかわかる
途中で、なんかのターンに入った時に、おもむろにおもちゃの銃を撃ち出す山田さん。
あ。そこ拍手するところだったんですか、そーですか。笑

てか、これのネタのためだけに、わざわざヘルメットとかおもちゃの銃とか、準備したんですかwwww

あ。ちなみにですね。
“スペランカー”知ってる人は、3名でした。笑
(名前は聞いたことあるんだけどなぁ…)

曲が終わった直後、すかさず「これ(ヘルメット)とってもいい?」と聞くえみさんの声を放置して、「モード変えるか」とか言って、ヘルメットかぶったまま、ライトを赤の豆球モードに変える山田さん。
で、結局、次の曲もヘルメットかぶったまま続投。笑

…を、自分で続投しておいて、次の曲演奏しながら「ヘルメットがずれる」って途中ぼやいてたよね。笑

この『ハッピーホッピータイム』って曲。
コール&レスポンスがあるって言われたんだけど、まさかの「あわわわ~」で、これはもうレスポンスと言うよりも、コーラス
最後の「ホッピータイム」で、めっちゃためた後に、ライトをまた明るいモードに変えて「タァーーーーーーーイム」って歌い出す山田さん。笑

おもしろすぎかwww

で、曲が終わったらまたすかさず「これとってもいい?」っていうえみさん。
今度は無事脱げました。笑


『この素晴らしい世界』は、洋楽に山田さんが和訳をつけたもので。
あ、知ってるめっちゃ知ってるCMとかで聴いたことあるっていう、あの曲でした。
和訳がわりと、現代風って言うか、時給がどうとか言ってたり。なんか、斬新。


MCでは、えみさんが、山田さんのことを「何と言って紹介すれば良いかわからない」とか言ってて。
確かに、バンドマンでシンガーソングライターでクリエイターで、なんかもうなんでもやりますもんね。
山田さん本人は「おもしろいことが好きなんです」って言ってたけど、いやいや、いくら好きでやってるとは言っても、やってることの範囲と量がハンパないです

かくいう山田さんは、えみさんと最初にあった時に、「こんな女の子がなんてことしてるんだと」と思ったとか。
(女の子がめちゃめちゃ重たいレスリースピーカー持ってライブ活動してることにビックリしたらしい)
「コロガシ持ってね」とか言われてたよ、コロガシて。笑


アンコールでは、『人生と箸~君とのMy Life~』を。
…今日はやらないのかなぁと思ってたら、最後にきたかぁー。

今日こそは大丈夫かと思ったら、やっぱり終わる頃に泣けて来て、終わった後に号泣する流れでした。安定の。
いや、だから、最後に彼女の描写を持ってくるのズルいですて、あれあかんやつですて。(褒め言葉)


ライブ終了後にあんりょちゃんが話に来てくれたんけど、めっちゃ泣いてるタイミングでしたよね。笑

そっから、あんりょちゃんと割とおしゃべりして。
なんか、お誕生日プレゼントとかって可愛いにゃんこグッズまでもらってしまった。
いや、私の誕生日どころか、あなたの誕生日ももうだいぶ過ぎてる勢いですから。笑
ありがと。大事に使うね


山田さんとえみさんとも、ちょこっとお話しまして。
えみさんからね、今度岡山決まったよーって話を聞いたんだけど、場所がまさかの“SATISFACTION”で。←岡山のカレーショップ
まじか、これは絶対行きたいやつ!!ってなりました。

…帰り道、めっちゃカレー食べたくなりました


ラフハウスを出て階段を上がった先でみんなで立ち話してたんだけどね。
お先に失礼しまーすって、私たちが先に帰る時、山田さんやえみさんやあんりょちゃんがめっちゃ手を振ってくれたよ。

え「見えなくなるまで振り続けるよ!」

とかってえみさんが言ってて、歩いてて時々振り返ったら本当にみんなしてまだ振ってて、ワロタww
でも嬉しかったです

強行スケジュールでも行ってよかったー。
楽しい時間をありがとうございました

スポンサーサイト



theme : LIVE、イベント
genre : 音楽

Secret

かてごり

最新記事

最新コメント

検索フォーム

めぇるふぉーむ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

ぷろふぃーる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wacci愛

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ