06
1
2
3
4
5
6
7
8
11
12
13
14
15
16
17
21
22
23
24
25
26
29
30
   

劇団ぬるま湯 公演『魔女の王國』

観劇~感激~

2017年2月25日(土)

劇団ぬるま湯 第捌回公演 『魔女の王國~予言を紡ぎし者達~』
   @ 広島 広島市青少年センター


相方さんのお友だちが、役者として参加されてる、という劇団の公演を観に、広島まで行ってきました。
“劇団ぬるま湯”さん。
もちろん、さすがに広島の劇団まではわからない私ですが、元々演劇部やったし、演劇は今でも大好きなのです。
思いがけず、観にいく事が出来て嬉しかった

あ。ちなみに、がっつりネタバレありなので、観るのは自己責任でお願いします





というわけで、広島到着なわけですが。
到着して、とりあえず銀山ベースに行く我々。笑

広島の大好きなカフェ。
もう広島行ったら寄るのがお約束みたいになりつつある、私も

今日はこの後、ライブがあったみたいで、その準備とリハらしきものを進めてるようでした。
そんな時でもドリンクは飲めるらしく。
バタバタしてるなか、入り口付近でコーヒーを飲みつつ勝手にまったりする二人組。笑

お邪魔しました。また広島来た時は寄りますね


そこから、本日のメインの演劇へ。

中に入ったら、客席もちゃんと段を組んで椅子が設置してあったり、セットが結構大がかりだったり。
セットの雰囲気もかっこよかった。
ちなみに、白一色のセットで、照明に寄って雰囲気をいろいろ変えられる、演劇では割と定番な感じのヤツね
わぁ、なんかこういう雰囲気、すっごい覚えがある。
(主にさんたばっぐの劇団の公演で)


ストーリーは、赤の国と青の国っていう、まったくタイプの違う2つの国で暮らす人たちのことや、国の対立なんかを中心に進んでて。
赤の国は、何もかもが自由の(=自らの力で生き抜くしかない)国。
青の国は、安定した生活のできる不自由のない(=ルールや階級に縛られて生活するしかない)国。

それぞれの国の魔女さんが、めっちゃ個性的やったなぁ。
国の雰囲気を、キャラクターで体現してる感じやった。

衣装の統一感もステキだったなぁ。
色や雰囲気の統一感があるけど、ちゃんと全員形は違ってて、それぞれの個性が衣装にもちゃんと出てる感じとか。
登場人物の名前もね、ちゃんと能力の特徴をとらえたやつで、人数多かったけど、それぞれにキャラが立っててわかりやすかった。

小さな役者さんもいたなぁ、喋り方が可愛かった

てか、3女神の名前が、ウルド・スクルド・ヴェルダンディって。
思わず、某アニメが真っ先に頭に浮かんだ私なんですが…後で調べたら、これ、運命をつかさどる女神って言うので、もともと神話の登場人物だったりしたんですね。

いやでも、どうしても、某アニメのキャラのインパクトが…(アニメ見たことないのに)


メガネが、べっぴんさんやったなぁ
あとね、リコーダーも好みでした。あの立ち振る舞いとか声とか。


そして何より、ズッコケが愛しい、可愛い、めっちゃ好き
あの声、喋り方、めっちゃ好きです。
後半の方でね、「つながってるよ」って言ってた時の、言い方・表情、すごく好きだなぁ


話が進んでいく中でね、お互いの国が、それぞれ、相手が攻め込んで来てるって言ってて。
すっごい違和感感じながらずっと見てたんだけど

「ズッコケの息子か」

の発言で、やっと「時間軸ズレてたんかっ!!!」と気づいた私。←鈍い
こういうの、演劇の定番仕込みネタなのに、何故気付かないのか、私は

セリフ1つ、動き1つ。
それだけで、時間軸すらも一瞬にして変えられる。
目の前にあるものは何も変わってないのに、観る人がそこを補完できるシステム。
演劇のこういうところが、すごいなぁって思うのです。
観る人の想像力を引き出すんだよね。


あ。余談ですが。
赤の魔女の鍋の材料になってたマンドラゴラが、何気にインパクトでした。笑
「せめて彼女が欲しかったーーーー…」って、最後の言葉はそれで良かったのかwww

てか、コウモリの能力もwwww
そこで、最大のギャグ持ってくるんかよwwww
いやー、緊迫感とギャグの、あのバランスいい、とても好みですwwwww

ちゃんと、最初の方でシェフから教わったみじん切りが、最後の伏線になってたり。
台本が、けっこう練られてるなぁって思ったのです。


ちなみに、涙もろいことで一部の方面に超有名な野上さん。笑
後半、スクルドが後悔してるとこらへんから、泣きました。
最後の方で、ズッコケが、「シェフ、まだまだ会えそうにないね」って明るく言って消えてくとこでもまた泣いた。

てか、後半よく泣いた。
し、終わってからまた涙とまらんなった奴(お約束)←終わった瞬間にいろんなものを一気に思い返して涙が止まらなくなるタイプ


いやー、うん。よかった(語彙力なさすぎ)

いや、演劇を観終わった後ってね。
世界観に引き込まれてしまって、言葉があまり出てこなくなったりするのよね。
今回も、例にもれず。
きっちり2時間の公演でしたが、あっという間でした。


終わった後は、相方さんが「つけ麺食べたい」と言い出して、辛部へ。
晩ご飯食べながら、さっき観たばかりの演劇の話をして。
それから、帰りの車の中でも、またもや思い出した順番に登場人物の話をして。

観終わった後に感想を言えるのも、楽しかったなぁ


久々の観劇、楽しかったです。
連れってくれて、ありがとうでした



スポンサーサイト

theme : 演劇
genre : 学問・文化・芸術

Secret

ぷろふぃーる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wacci愛

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ