05
1
2
3
5
16
17
19
29
30
31
   

さんたばっぐ公演『言葉あそびの異場アソビ』

イベント~

2017年1月4日(水)

Dream Wonder Project 夢ステージフェスタ2017
 ~つたえるこころ、つながるこころ~ @ 倉敷物語館 中庭


EN劇集団さんたばっぐ 愛川・今泉シリーズ外伝
  『言葉あそびの異場アソビ』


EN劇集団『さんたばっぐ』が、新年早々、野外公演をするっていうので、観に行ってきました。
しかもね、イベントの中の一つ、として、約10分間の劇って言うじゃないですか。

10分で成り立つの?ほんとに?

って、一体どんなことになるのか、実際すっごい興味ありましたよね。
ちなみに、さんたばっぐ以外にも、ダンスや大道芸など、いろんな催しがあるみたいで、そのへんもちょっと気になってたのです。

というわけで、13時からと15時から。
2回とも、観に行ってきました。




さんた~

【1st.13:00~14:00】

オープニングで、曲に合わせて次々出てくるパフォーマンスが、楽しかった
全出演者が、曲が終わるまで次々と出て何かしていくって感じだったみたいで、さんたばっぐの3人も、アシスト的に登場しておりました。

それから、まずは大道芸人のおにーさんのご挨拶代わりのミニステージ。
机の上に筒を置いて、その上の板に立つってのを最初にやっててね。
たぶん、ホントはスッと上がれるのに、わざとプルプルしてたんやろなぁ、と。笑
大道芸をする人は、皆さん演技派だ

続いての、“kumi-ttsu”という、アコギと笛(何笛だったか忘れた)の男女デュオでした。
さわやかな音楽と、すごいピュアな雰囲気のお二人で可愛かったのです


そして、EN劇集団 さんたばっぐの出番。
1回目の演劇の題目は、『たのしい』

はじめに、荒井君が劇団の自己紹介がてら喋ってたんだけどね、一番力が入っているのが『ファンタジーの定義』の説明でした。

荒「他のことは全部忘れていいので、これだけ覚えて帰ってください」

マテwww

でも、ファンタジーの定義、確かにお勉強になりました

そして、その話の流れから、言葉遊びの話になり、ダジャレの話になり。
度定番のくだらな…使い古されたダジャレを言ったタイミングで、場が凍り付くてきなストップモーションだったかなぁ?
てか、ストップモーション、3人ともうまかったなぁ。
アレ、かなり難しいよね。

そこから、「たぁのぉしぃいぃぃー」「たぁのぉしぃいぃぃー」「たぁのぉしぃいぃぃー」と、突如3人が動き出したところから、物語がスタート。

今回のお話は、「たのしい」がわからない女の子の所へ、通りすがりの怪しい者が他の人のたのしいを見せて回るような感じでした。
てか、「通りすがりの怪しい者です」ってドキッパリ言うあたりが、もうツボ

あとね、個人的には、とある女性のターンで、
「彼から届いた荷物に、『ナマモノ』って書いてたのね?開けてみたら、キリンが入ってたの!」
「・・・イキモノ」
のくだりと、その反対側でキリン役してる荒井くんもかなりツボでした


『うれしい』も『かなしい』も『さみしい』も『たのしい』
楽しいは『多のしい』
楽しいは『他のしい』

漢字にしないとわかりにくいこの言葉遊びを、動きと声だけで見せる演劇で、よくもまぁわかりやすく伝えるものだと…。
言葉遊び、大好きだから、後半のこのくだりはかなり面白かったです。
興味深い的な感心した的な意味で。


で、最後に『むなしい…』で落とすあたりが、「さんたばっぐやなぁ」って思ったよ。
さんたばっぐのダークファンタジーは、オチを聴いた後からじわじわ怖い


で、また他の方のステージへ。
ちびっ子ダンサーたち可愛かったし、鴨高ダンス部もそれぞれジャンルの違うダンスも楽しかった。
口ずさみながら踊ってる子が多くて、そゆのなんかイイなぁって思いました。
覚えちゃうくらい、何度も聴いて踊って練習してるんだよね、きっと

個人的には、迷彩柄着てた女の子2人組のダンスが一番好きでした。
なんかね、表情もちゃんとダンスの一部だなぁって思ったのです。

続いてのローラースケートのおねーさんたち、くるくる回ってるのが美しかったです。

あと、最後の大道芸人さんのステージ、楽しかった!
ジャグリングもディアボロも、クリスタルボールを使ったやつ(コンタクトジャグリング?)も、どれもすごかった!
し、何気に大技連発してるのに、自身ない系キャラみたいなおにーさんのキャラクターや喋りも、個人的にはかなり好きです。笑
わざわざオフマイクで「サクラになってください!」とか言うし



というわけで、1回目のステージは終了。
2回目までの時間が、長さ的にちょっと微妙だったので、倉敷物語館の中にある、“ぽっ♪カフェ”というカフェで、ちょっと遅めのお昼ご飯。

ホットサンドと日本茶でほっこり
ホットサンド、具だくさんで気を付けないとこぼれそうなくらいだった。
おいしかったです

ご飯を食べたところで、ちょうどよい時間になって、いざ2回目のステージ観戦へ~。


【2st.15:00~16:00】

2回とも出る出演グループもあれば、今回だけのグループもあって。
同じ演目をしてるとこもあったし、まったく別の物をしてるところもあったし。
でも、思ってた以上に1回目と変わってるところが多かったです。
両方観た者としては、たくさん種類が観れて嬉しかった

中学生小学生コンビのパフォーマンスも、なかなかすごかったなぁ。
指につけて回すフラッグ、ポールとか入ってなさげだったのに、なんであんな綺麗に三角形に広がって回るんだろうか?
そういう作り?あれ、結構難しそうだなぁ。
曲に合わせてのディアボロも、2人ともよく合ってた


今回はソロダンスのおねーさんも2組ほど。
どっちもテイストの違うダンスで、綺麗やしかっこよかったし、でした。
個人的には、バレエのおねーさんが優雅で綺麗で好き
白いブラウスに赤いロングフレアスカートの漢字も清楚で素敵だったなぁ。


そして、EN劇集団 さんたばっぐの出番。
2回目の演劇の題目は、『ゆめ』

今回は、1回目以上にダークファンタジーだった気が。

お話は、「お姫様になりたい」と言った女の子が、両親から、
「日本ではお城を持てないから、お姫様にはなれないかなぁ」
「お姫様にはなれないけれど、お姫様のような人にはなれるわよ?」
と、言われるところから始まり、お姫様のような人=アイドルを目指すところから、どんどんと回りの言葉にコロコロコロコロと転がされていく感じ。

で、またもや通りすがりの怪しい者が、「夢を叶えてあげましょう。ただし、あなたの大切なものを1つ頂きます」という、ド定番すぎるくらいの怪しいセリフで出てくるって言うね。

「安心してください、通りすがりの怪しい人です」

うん、そういうやつ、好き。笑
そして、「夢の妖精さん」って自分のことを言った瞬間に「がらじゃねぇーーー!」ってつっこみたくなったよね←


次から次へとしないといけないことが降ってきて、夢を叶えるためにはこなさないといけない、と思い込んで(思い込まされて?)、次から次へと「妖精さん!」と叫んで叶えていく。
後半、そのサイクルを次々と延々と繰り返して行く時の、だんだんサイクルが短くなっていくテンポは流石だった。
その中でちょいちょいもじりネタはさんで来るのも流石だった


後半で、鏡に映らなくなってた主人公の女の子。
夢を叶える代償が「私自身」だったこと。
「あなたの夢は誰かの夢の上書きでしかないんです」というセリフ。
このあたりは、なんとなく言わんとすることはわかるんだけど、真意がいまいち読み取りきれなかったなぁ。
彼女は生きているのだろうか、それとも、とっくにもう醒めない夢を見ていたのだろうか…。


ちなみに、「人の夢は儚いものです」は、なるほど言葉遊び、そう来たか、と思いました。

クライマックスの
「安心してください。夢はいつかさめるものです。」
「まぁ、また夜になれば、人間は夢を見るんですけどね」
というセリフと。
そして、今までのはすべて夢だったのか、とホッとした女の子に、

「お姫様にはなれないけれど、お姫様のような人にはなれるわよ?」

冒頭の母親のセリフと、まったく同じセリフ。
なのに、最初と最後での、このセリフの含みの違いがすごすぎて、ゾクッときたよね。

さんたばっぐのダークファンタジーが、オチた後からじわじわ怖い…(2回目)

というわけで、2回とも観たわけですが、いやー…10分と思えない密度だった。
じゅうぶん、普通に演劇観たくらいの満足度があって、ビックリしたよね。
やっぱ好きだなぁ、さんたばっぐの演劇。
初の野外って言ってたけど、声はしっかり通ってたし、何も心配するとこないじゃん、って思いました。
会場でバッタリした知り合いさんが、「声がしっかり出てていいなぁ」って褒めてくれてて、「そうでしょうそうでしょう」と、なぜか私が自慢げになってしまったよ


で、また他の方のステージへ。
イベントの最後は、『Birthday』っていうアクロバティックユニットのステージでした。
かっこいいおにーさん3人組でね、フラッグや新体操っぽい動きもかっこよかったのです。
後半の方でね、お客さんに床のシートの上に寝っ転がってもらって、その上をジャンプで飛び越えるって言うパフォーマンスでね。
1回目わざとこけたふりして、すぐ横を走り抜けておどかすのとか、芸達者やなぁ


イベントの最後には、イベントの主催者であるおねーさんが、kumi-ttsuと一緒に、1曲歌を披露して、イベントは締めとなりました。
終わってからね、おねーさんたちが着てたTシャツが可愛かったもので、ついついグッズT買ってしまいましたよね。

最初、値段がわからなくて、そこらへんに居た荒井くん捕まえて値段確認してもらったり。

荒「ちなみに、赤を選ぶと僕とお揃いになりますよ(にっこり」
聖「うん、じゃぁ赤だけは絶対やめとく(にっこり」

というやり取りをしたりなんたり。笑
いや、そこはね、やっぱりそう返すべきかなぁってね、思うわけですよ

グッズT

で、結局パステルカラーのピンクをチョイス。
前のデザインも可愛いんだけどね、それ以上に後ろの羽に萌えまくった私なのです。

羽モチーフ、大好き


というわけで、イベントをしっかり堪能してから、その後は美観地区と阿知神社へ。
久々に阿知神社にお参りに行ったよ~。
無事、今年もおみくじがひけました。

1人でふらっと出かけたのだけど、なんだかんだとお散歩がてら楽しんで来ました。
良い休日の過ごし方だったなぁ



スポンサーサイト

theme : +:。☆゜(*´∀`)ノ゜☆:。+゜
genre : 日記

Secret

ぷろふぃーる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wacci愛

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ